減量を密かにサポートしてくれた妻とお疲れ様会。






私が減量中は妻も痩せてしまう。





食べる物は違うのだけど、家族ってそうゆうものです。





1人が変われば家族が変わる。





これは常々blogで書いている事ですが、これもまた私の経験から導き出した答え。







日頃から当たり前に食べていると高カロリーの有り難みを感じなくなるものです。


「何かを達成」したご褒美だから涙が出るほど美味しい。





去年から今年にかけて妻には沢山気苦労をかけました。

まだまだかけると思いますが…。





頑張ったから、また頑張ろ。















今年の感想。



今年も出場すると決めたからには命削ってでも絞る。



とは…心に誓ったものの、最後の最後の一絞りの時には心が疲労してしまい、絞りの急ブレーキがかかっちゃったかな。



心も体も健康スレスレじゃないと、脳は絞ってくれないんです。



今年は色々と精神的なストレスが高くて心がダメでしたね。





それでも、スポルテックカップで、評価を落としてでも試したい事を試せたのは大きかったし、無差別級10位のランキングも頂いた事は+になりました。






オールジャパンでは、行きの新幹線で超ドタバタ劇でクタクタになるし、雨は降るし、カーボアップでスイッチが切れて予定より少し食べ過ぎちゃうし…。






2年前の嫌な経験を思い出すくらい流れが悪かった。







それでも、スポルテックカップの試した経験が役に立ち、目標であった2年連続ファイナリストの評価を得ました。


Sinzも素晴らしいスタートを切れた分、中途半端な結果で流れを断ち切る事は出来ず、結果が求められた今回のプレッシャーは高かったなぁ。




と、大会後のホテルで、1人ため息をつく(笑)





そして、ぶっつり緊張の糸が切れて爆食いに走る(笑)



今回で4回目のオールジャパンの舞台。






年々参加者も増え、上位陣のレベルも高くなり…。
それ以外はお祭り騒ぎ。






正直、無駄に数が増えるだけなので参加者の制限を考えた方が良いとは思いますが…。


フィジーク選手がblogを見ているとは思いませんが、相当な骨格の才能、筋肉の形、もしくは才能が無いなら生活の全てを賭ける努力が無いと、地方ならまだ問題無いが、全日本で上位に入りたいなら甘かない。





諦めるか、生活を犠牲にして本気でやるか。





格闘技やその他のスポーツと一緒で、中途半端やっても元は取れないです。




これからウエストの細さとバランス勝負になる時代が到来しそう。
格闘技の現役時代に体幹を鍛え続けた事がここでマイナスになるのは悲しいですが。





そして、才能溢れる若者も増え、ファイナリストの年齢も低くなっている事もあり、まぁ…全階級を通じてファイナリストで私が1番年上ってのもあり(笑)






自分の役割は来年辺りで終わりかなぁ。


40歳以上のカテゴリーに入るまで、数年は冬眠する予定です。
願わくば30歳〜40歳以下のカテゴリーがあれば。








と、本気で新しい世代の突き上げを感じた大会でした。







ヒルナンデスでも、放送されて、また自分が出てたってご連絡がありました。
この競技、テレビの露出は増えますよ。

若者が元気な業界はまだまだ伸びる証拠!!



とにかく、作品作りは楽しいのは変わらず。














あ、あと、厚生労働省がアナボリックステロイドの使用状況や流通状況の調査を始めました。


近年、若者の使用者と錠剤や注射などのネットの個人輸入量が爆発的に増えているからでしょう。


私としては…やっと調査してくれる…と願っていた事が現実になりました。


来年の東京オリンピックに向けてクリーンにしたいのでしょうか。





悲鳴を上げているYouTuberとか多いんじゃない?(笑)
短期間で派手な成長が出来なくなったら、再生回数も稼げなくなるよ〜。




「ナチュラルが損をする」「やったもん勝ち」




国内でフェアなのはキッズスポーツぐらい。
それでも海外ではキッズ時代から当たり前のように色々あるらしいですが。