こんにちは、司法書士のにしむらです。

 

相続が始まると、不動産の名義変更や金融機関・証券会社での相続手続を行う場合に戸籍等を請求されることになると思います。

ほとんどの場合が、被相続人(亡くなった人)の出生から死亡までの戸籍謄本と相続人の現在戸籍を請求されることになります。

そういった場合に、法定相続証明情報を作成しておくと、法定相続証明情報が戸籍の代わりになり、複数の場所に戸籍を提出する手間が省けますし、相続に関係のない情報も記載された戸籍によって個人情報が流出することを最小限に食い止めることができます。

また法定相続証明情報を取得するのにかかる法務局の手数料は無料です。

 

大変便利な制度ですので、

司法書士に不動産の名義変更を依頼する時に、法定相続証明情報の作成も依頼することをお勧めします。

 

 

 

 

不動産の相続登記をご依頼の方は、法定相続証明情報を無料で作成いたします。

 

東大阪市の司法書士にしむら事務所

https://nishimura-legal.com/

土日祝対応 相談無料 

TEL 06-6785-7645