こんにちは。

 

 

仕事のご依頼・お問い合わせは こちら からお願いいたします。

 

初めてお越しの方は こちら からご覧ください。

右下の「テーマ」をクリックでテーマごとに記事をご覧いただけます。

 

アニサキス・アニサキスアレルギーに関する記事まとめはこちらからどうぞ。

 

 

 

本日もご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

 

歩道のある道路沿いにある、コインパーキング。

 

 

コインパーキングに駐車している車が、地面に書かれている駐車スペースを示す枠を50センチ程、横にはみ出していて、歩道に車体がせり出しているようになっていました。

 

 

 

 

大型の車なので、歩道を歩く歩行者からすると、少し進路を塞がれたような印象です。

 

 

 

「あら、酷い停め方ですね」

 

 

と、思いました。

 

 

 

 

 

 

で、次に、もう少し時間を遡って想像してみます。

 

 

 

この車が停めてある駐車スペースの、

歩道と反対側の隣のスペースに、先に車が駐車されていたとして、

 

 

その車が、駐車スペースをはみ出して駐車していたため、

後から駐車した大きな車は、

歩道にせり出した状態でしか、駐車することが出来なかった。

 

 

という可能性もあるよな。

 

 

 

 ↓こういうことですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

これまでにも色々な例でお話してきましたように、

 

目に見えていることが、

目に見えている事実が、

状況のすべてではないかもしれませんよ。

 

 

です。

 

 

 

 

今、この瞬間を切り取って見てみると、

 

 

決められた線からはみ出して、歩道にもはみ出てきてしまっている。

狭い歩道で、歩行者も歩きにくいですよ。

 

 

こんなに酷い停め方をする運転手は、

 

運転が下手なのかな?

 

運転手の心が雑なの?

 

 

 

 

 

でももう少し、時間や、範囲を広げて可能性を想像してみると、

 

 

「やむを得なかったのかもしれないな」

 

 

の、可能性がありそうだ、と、わかりますよね 。

 

 

 

 

 

この意識、味方、ピントの合わせ方、は、とっても大事です。

 

 

皆さんも、何か、「ん?」と、感じることに遭遇した時に、

 

 

 

最初に感じた印象以外に、

他の可能性はないかな、と、広げて考えてみることをお勧めします。

 

 

 

こちらも関連する内容についての記事です。

是非、合わせてご覧くださいませ。

 

 

「事実は情報のすべてではない」

 

「見えている事実は真実か」

 

 

 

 

本日もご覧いただきまして、ありがとうございます。