沖縄県と国の法廷闘争 | 沖縄を走る走る、衆議院議員 西銘恒三郎

沖縄を走る走る、衆議院議員 西銘恒三郎

沖縄・日本のこれからについてマイペースで書いていきます。                            


テーマ:
辺野古海域埋立て承認取り消しで沖縄県と国が、前の県政の時に法廷闘争した。その時のデータ、福岡高裁那覇支部の判決が出るまで56日、そして最高裁判決が出るまで、88日、要した。県民投票(2月24日)の後、今の玉城県政は前の県政同様に、必らず法廷闘争に入る、と私は確信する。そうなると、56日+88日で144日間、大体5ヵ月間くらいかかる計算だね。裁判所の最終判決には、従わざるを得ないよね。当然だよね。

コーサブローさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ