おしりを強打!…から。 | にしきん部屋~身体均整師 西澤浩輔のブログ~

にしきん部屋~身体均整師 西澤浩輔のブログ~

新宿・渋谷・中野駅よりバスで1本!
西新宿五丁目、初台で営業中の整体院 西澤身体均整院にて。
からだについて勉強した事や、日々の出来事を記録していきます。
ひっそりとインスタも続けております。


テーマ:

こんにちは(^-^)/




今回の施術記録は30代の男性です。

雨の日に駅の階段で足を滑らせて尻餅をつきました。

荷物で両手が塞がっていたので、モロにお尻を強打したそうです。

相当に痛かったらしいですが、時間が経って

お尻の痛みが引いてきたと思ったら、背中が痛くなってきました。




お身体を動かしていただくと、身体を捻じる動作に左右差がありました。

体型としては回旋型です。うつ伏せで背骨の流れを観ていると、

ところどころ痛みを感じる部分があります。

そして、最後に背骨の一番下ってことで尾骨の先端を触れてみると・・・

やはり痛みがありました。



尾骨に強い衝撃を受けると、脊髄神経の興奮が起こるので背骨全体が

硬く感じられることがあります。

そして、脊髄神経の興奮は頭痛や目まいの原因にもなります。

実は始めは背中の痛みと伺っていたのですが、尾骨の痛みを確認して、

『最近、お尻をぶつけた事はありませんでしたか?』と伺って初めて

お話して下さいました。




まあ痛みも引いたし、背中の痛みとは関係無いだろうと

思っていたみたいです。



なので、ゆっくり尾骨まわりの緊張をゆるめていくと、

背骨のところどころの痛みが和らいでいました。




とくに体を捻じる動きで中心的に動く部分、胸椎の7番・11番目

腰椎の3番目硬い部分でしたので、そこは個別にも調整をしました。

すると、立ち上がった時の背中の痛みはだいぶ取れていた様なので

今回はここまでです。




胸椎って10番目までは鳥かごのような肋骨と繋がって安定していますが

11・12番は浮遊肋骨なので不安定で、歪みが起こりやすいようです。

腰椎も、4・5番は腸腰靭帯によって骨盤とガッチリ繋がっているため

3番は不安定で歪み易いです。

だから捻じれの歪みが起こる方が多いのかなあとも思います。



ぜひ、身体の捻じれに左右差を感じる方は均整法の調整を

お試しになってみてください。

体の歪み整体@西澤身体均整院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス