肝臓の疲れと目まい | にしきん部屋~身体均整師 西澤浩輔のブログ~

にしきん部屋~身体均整師 西澤浩輔のブログ~

新宿・渋谷・中野駅よりバスで1本!
西新宿五丁目、初台で営業中の整体院 西澤身体均整院にて。
からだについて勉強した事や、日々の出来事を記録していきます。
ひっそりとインスタも続けております。


テーマ:

こんにちは(^-^)/



先日、ブログをご覧になったお客様から『毎日料理してますね。』と

声を掛けられました。



そんな事は無いです、ま、わりと頻繁ですが…。



つくった時だけブログに載せてるだけです。



てワケで、今回は施術記録です。40代の男性です。



主訴は目まいが酷く、生活に支障が出る程らしいです。辛いですね。



お仕事が相当に忙しいようで、一日の半分はパソコンと

にらめっこだそうです。



まず、目まいや頭痛などの症状に手技で対応していくためには頸椎の

調整が必要になります。特に上部(1・2番)頸椎の関節の詰まりや、

後頭骨との繋ぎ目など、頭部の神経に緊張を起こす部分を

ゆるめていきます。



こちらの方も、まず立ち姿勢は顎が上がって首が前傾していまして

見るからに首が硬そうです。そして、前傾した首を支えるために

胸椎・腰椎も硬くなっていました。



腰の筋肉も硬かったですが、やはり首の方が気になっていらっしゃった

ので、触られて気付いたという感じでした。



背骨の全体的な調整をして、おなかへ移ります。右の肋骨が硬いです。『肝臓、お疲れですか?』と伺うと

『肝臓っていうか全身の疲れが抜けない』と。



そうですよね、内臓の疲労はズッシリ来ます。。。

特に一日中、画面を見ているので目の疲労がとても強いようです。



漢方では目の疲れは肝臓に影響するといわれますので、

均整法の目をゆるめる調整の出番。すごく気持ちいいんです。



そういえば、、、首の上部は左側が詰まってたなあ~、

内臓の緊張は迷走神経の緊張を起こします。肝臓は特に左側。



だからかなあ…って納得しながら調整を終了です。



まず、立ち姿勢で顎が引けました。そして、ご本人曰く、



目の前が明るくなった気がする!だそうです。



それから数日後、目まいの頻度が少し減ってきたとの声を戴きました。



徐々にでも、改善に向かっているようで良かったです~。

体の歪み整体@西澤身体均整院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス