内臓の疲れ?からの腰痛 | にしきん部屋~身体均整師 西澤浩輔のブログ~

にしきん部屋~身体均整師 西澤浩輔のブログ~

新宿・渋谷・中野駅よりバスで1本!
西新宿五丁目、初台で営業中の整体院 西澤身体均整院にて。
からだについて勉強した事や、日々の出来事を記録していきます。
ひっそりとインスタも続けております。


テーマ:

こんばんは(^-^)/



今回の施術記録は60代の男性です。主訴は腰痛。



立ち姿勢は右肩が下がって背骨の流れはC字のカーブをしていて

仰向けになっていただくと、左足の爪先は天井を向いているのに

右足は外側に倒れています。


股関節に問題も無く、骨盤を調整しても足は倒れたまま…



なので、太ももの外側を押さえてみると

右と左で硬さが全然違います。



右が硬くて痛みが強くありました。右足はスネの外側も

硬くなっていて足首の関節も硬いです。


太ももからスネの外側はツボの流れでいうと胆経(胆のう)です。



胆経は足の外側を通るので、胆のうの疲れが出ると

身体の左右のバランスが乱れます。



が、こちらのお客様は以前に胆のうの全摘手術をなさっているので

胆のうはありません。



ただ、臓器が無くても反応は出ると講義で聞いたこともあったので

納得しています。



ですから肝経(肝臓)を観ると、やっぱり反応が出ています。


胆のうは肝臓の裏にくっ付いている臓器でしたからね。



てことで肝臓の調整から腰へのアプローチをしていきました。



そして、調整の最後に太ももの外側を押さえると、、、

胆経はゆるんでいます。

さらに、右足の爪先が天井を向きかけています。



二人で『おぉ~』って握手しました。



腰もラクになっていただけて良かったです。


でも、無い臓器の反応が表れるってホントに不思議です。

体の歪み整体@西澤身体均整院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス