今日は反発してきた株が多かったと思います。

TOPIXも1300台に戻して来ました。





さて、日本の株の参考指標には、日経平均とTOPIXの二つがあります。


このふたつは似ているものとして考えてしまう方もいると思いますが、大きな違いがあります。





日経平均は東証1部の銘柄のなかから225銘柄が選ばれ、その平均額となります。

対してTOPIXは東証1部の全ての銘柄の株価の平均額です。


これはどういうことかと言うと、日経平均は、選ばれている銘柄がかわることがあります。
時代によって選ばれている銘柄が違っているので有名な銘柄の参考の価格になります。

対してTOPIXは、1部の銘柄がJASDAQに移動されるなど整理されることもあるのですが、東証1部の株価全ての銘柄が対象となっているため、時代に左右されない参考指標となっています。






株は、必ず長期のチャートを見て買わなければなりません。

どれだけの資金が日本の株に流れているかの流れがわかる指標は、TOPIXです。

中長期で株を買いたいと考えている方は、全体の参考指標はTOPIXを見る、と覚えておいて下さい。





また、株の動きで値が動きやすいかどうかも、買うときには重要になってきます。

買ってもいつまでも横にいく銘柄を買っても利益になりませんもんね。

これには、発行済株式数と出来高の関係があります。




これはまた明日にでも。






↓ブログランキング1日1クリニックご協力お願いします。