こんにちは

姫路の司法書士の西川英彰です。


あらためますが、私は「司法書士」でして、今回の建物滅失登記に関することは「土地家屋調査士」の担当になります。




にほんブログ村



判りにくいのですが、土地建物の面積や用途など実態に関することは土地家屋調査士、所有権や抵当権など権利内容に関することが司法書士の担当とされています。


といっても、車の両輪にも例えられるほどの隣接資格のため、よくご質問を受けますし、「いや、それは土地家屋調査士の担当なので司法書士の私は知りません」などと言ったら仕事がなくなりますので、基本的な理解と土地家屋調査士の先生との連携はかかせません。


建物滅失登記は、今まであった建物が取り壊された場合にすでに滅失しましたと法務局に謄本自体を閉鎖させるための登記です。手続的には簡単な部類に入りますので、ご自分でされる方もいらっしゃいます。


建物を取り壊すと業者さんから「取壊し証明書」と「印鑑証明書」を貰えますので(場合によっては業者さんの「資格証明書」も)、これに法務局のHPからダウンロードした申請書ひな形をあわせて、法務局に持っていけば大丈夫です。取壊し証明書は、地域によっては取毀証明書、建物滅失証明書などとなっていることもあります。


ところが、今回お話ししたいのは建物滅失登記の申請ならぬ「申出」。


いかなるものかと言えば、はるかな昔に取り壊した(もしくは、そもそもそんな建物があったことを誰も覚えていない)建物の登記だけ残っているという場合です。「滅失漏れ」といいます。

そんなの放っておけばいいと思われるでしょうが、一応建物を取り壊した場合は滅失登記をしなければならないという法律もありますし、売却したり新たに建物を建てて銀行の融資を受ける場合は、滅失登記を求められることが多いです。


建物滅失登記の申請は当然建物の所有者からになりますが、この名義人が「一体誰?」となっていることから問題になります。


土地の所有者さんが売却しようとして調べてみたら、はるか昔の建物登記だけ残っていた。謄本と取得してみると、所有者として見たことも聞いたこともない名前が載っている。「イヤイヤ親の代からここは更地だったよ」という場合です。


建物名義人が誰なのか?今どこにいるのか?そもそも生きているのか?相続人はいるのか?誰にもわかりません。


このような場合に、土地の所有者より「自分の土地の上に建物の登記だけ残っているけど、確実に存在しないので、職権で滅失してください」と法務局にお願いするのが、建物滅失登記の申出です。

これを受けると、法務局はいろいろ調べた上で職権で建物登記を滅失します。


便利なようですが、建物所有者に無断で滅失してしまうのですから、住民票や戸籍を調べたり、現地で聞き込みしたり、別所在の建物と間違えてないか市役所で調査したり、いろいろ作業が必要になります。

建物滅失ですが、費用も時間もけっこうかかってしまいます。


「法務局へ申出するだけですが、簡単に出来るとは思わないでください。」

いつも、お世話になっている土地家屋調査士の先生より。





〒670-0948

兵庫県姫路市北条宮の町106番地  地図

首藤・西川司法書士事務所 

司法書士 西 川 英 彰 

TEL 079-281-1655


事務所のHPはこちら

http://www.h-nishikawa-office.com/