結婚相談所で1年で結婚する方法

ホームページ http://www.patorich.co.jp/


テーマ:

名古屋の結婚相談所パトリッチ  のブログにようこそ音譜


相談所向き?!パート1


の続きになります。


①多くの恋人候補を周りに集められる


②「付き合う」まで行ける。


③付き合うと心地の良い相手である。


この3段階に分けられるのですが、


いわゆる「結婚相談所」が得意なのは、





①と②の中の半分の人






だと思います。


まずは②、③に問題が無く、①が苦手な人。


簡単に言うと


「出会いが無かったり、パーティーが苦手だけど、


本人のマインド(考え方)には問題が無い方」


1対1で出会える場、


ゆっくり話が出来て、自分の良さが活かせる場であれば、


お相手に良さが伝わり、すぐに決まっていきます。


そして、考え方、性格に問題がないので、相談所側が言う事もすんなり聞けるんです。


相談所さんに「どういう方が結婚できますか?」


と聞くと「素直な方」


と答える相談所さんが多いですが、


つまり、①が苦手で、②③が得意な方。


でも②が苦手な方は、実は二つに分けられます。


「付き合うというところまで行きたいけれどいけない方」


「付き合いたいと思えない方」


どちらが「相談所」さんが得意としているかと言うと、


「付き合うところまで行きたいけれどいけない方」


なぜなら、相談所では


「お見合」後、


「又会っても良い」


と思えたら


「交際」なんです。


だから、「交際」が割と気軽にはじまるし、


何度も会っていれば、良さも伝わります。


でも、出会いが沢山あるのに、誰の事も良いと思えなかったり、


付き合うと相手にとって居心地がよくない。


そうすると、相談所でも結婚がむつかしい。


結局は、




「環境に問題があるのか」


「マインドに問題があるのか」





ここが、



相談所で結婚できる人と


相談所でも結婚できない人




との分かれ目なのですが、


「相談所」での婚活を考えている方は、


ご自分がどちらかを考えてみてくださいね。



でも、


パトリッチでは私にとって


「困った会員さん」や、


「どうにも、無理な理想を言う方」は


いません。


つまり、


パトリッチなら


①、②、③


どの方でも同じ様にサポート可能なんです。


最初は困った部分もあるかもしれないのですが、


会員さんが変わってくださっているのかもしれません。


そこには、やっぱり、




「箱」を意識して会員さんをサポートしているから





があるのかもしれません。


(「箱」は私の旦那さんがセミナーをしている「人間関係」の概念です)

詳しくはこちら アマゾンのページです

http://www.amazon.co.jp/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E3%80%8C%E7%AE%B1%E3%80%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E8%84%B1%E5%87%BA%E3%81%99%E3%82%8B%E6%96%B9%E6%B3%95-%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC-%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88/dp/4479791779


旦那さんのブログです

http://blog.livedoor.jp/hr_japan/archives/2012-09.html#20120905


この「箱」は、


恋愛カウンセラーの


ぐっどうぃる博士も著書「結婚を考え始めたあなたへ」


の中で、婚活するうえでお勧めな3冊の本


の中の1冊に選んでいますので、


「箱」が婚活に役立つことは、間違いないと思います。


そんな概念を取り入れている相談所は


パトリッチだけ


なんじゃないでしょうか?

(他にもあったらすみません)




ただいま「結婚相談所パトリッチ」


満席に付き入会制限中ですので


まずはパーティーに参加してくださいね。


10月28日(日)ゆる~~い婚活ティーパーティー

http://www.patorich.co.jp/











AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名古屋の結婚相談所パトリッチ  のブログにようこそラブラブ



たとえ話が、あまり一般的ではないのですが、


先日読んでいた本に


「商売と言うのは3つの段階しかない。」


とありました。


つまり


①集客・・・お客さんを集める


②売る・・・10人集めたら、8人に売れる人もいれば1人にしか売れない人も


③リピート・・・1回買ってもらった方に何度も買ってもらう


この一つ一つが奥が深く、難しい。


マーケティングでも、営業でも、それだけで専門家も沢山いるし、本も沢山出ているくらいですから。


これは婚活でも同じで、


①集客・・・多くの恋人候補を周りに集められる


②売る・・・「付き合う」まで行ける。


③リピート・・・付き合うと心地の良い相手である。


こんな感じです。


そこで、仕事でも、自分にすごく得意なことがあると「独立」を考えますよね。


例えば、すごく売る営業マンは


「こんなに売れるんだったら、独立しようかな?」


と思ったりします。


でも、自分一人で独立した場合、


集めて

売って

満足してもらい、リピートしてもらう


と言う過程を全部こなさなくてはいけなくて、どれかが得意でも、どれかがすごく苦手だと


致命傷です。


婚活でも、どれかが得意だと、


「自分でなんとか出来る」


と思いますが、


この中で一つでも苦手なことがあると、致命的。


例えば、


「恋人は出来るけれど、相手にとって居心地のいい存在じゃないとプロポーズされない」


③が苦手タイプ


「話していると、すっごく良い子で、可愛いところもあるけれど、


パーティーで他の子と比べられると、良さが伝わらない」


①が苦手タイプ


全部がそつなくこなせる方には


「結婚相談所」は必要ないです。


自分で探せますからネ。


でも以外と難しいのは、


どれかが得意な方。


「自分で何とか出来るんじゃないか?」


と思ってしまいますから。



次回は、


じゃあ、どういう人が「パトリッチ」に向いているかです。



まずは、パーティーでどれが苦手タイプか自分でチェックしてください。


10月28日「ゆる~~い婚活パーティー」

ホームページで募集はじまっていますドキドキ

あと、1カ月以上ありますが、埋まりつつあります。

お申込みお早目に!


http://www.patorich.co.jp/







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

名古屋の結婚相談所パトリッチ  のブログにようこそラブラブ





パトリッチでの出会いでは、


3か月も交際が続くと、本人同士は「結婚」を意識します。


すでに本人の間ではプロポーズが済んでいるケースも。


そんな時に1番の多い障害は残念ながら




「親」です。




特に、相談所での出会いの場合、


本人さんも、若くは無かったりするので、親も若くないからか、


「頑固」だったりします。


せっかく結婚が決まった、40前の娘さんに


「私たちの事を捨てる気か!!」


と責め立てたりする親御さんもいます。



確かに、同居していた娘が出ていくのは、想像を絶するほど寂しく、



相手の男性に、取られた気分になり、



そんな言葉が飛び出すのも理解できます。



でも、大して年収も無い娘さんが、親二人を一人で介護する可能性を冷静に考えたら、



今後を支えてくれるパートナーを歓迎するべきなのに、、、。




老老介護で、無理心中。




そんな言葉が私の頭を駆け巡ります。



でも、娘さんの方は、結構親御さんの事を考えていて、



あまり遠くに嫁がないとか、



年収もそこそこある人とか、



かなり「親」を意識した条件で、せっかく見つけたお相手だったりするんです。



でも、お見合結婚の唯一の弱み。



本人同士の絆の弱さ。



これは「時間」が短い分、確かに、まだそこまで強くは無かったりします。



そこを突いてくるのが



「親の反対」

でも、どちらの親も快く結婚を許してくれる、なんて奇跡に近いと思った方がいいでしょう。


これは、「お見合」じゃなくても同じですよね。


私は、本人同士が惹かれあっている時点で


お互いに無い物を相手が持っている可能性が高く、


親の相性が悪いのは必然だと思います。


例えば


女性は男性を「おおらかなと所が素敵ドキドキ


と思っていたなら


男性は女性を「しっかりしている所が好きドキドキ


と、いうことは、もちろん


「育ち方」が違うんです。


そんなに違う子供に育てた親同士が、


「結納」

「挨拶」

「結婚観」

「子育て論」


に関して、足並みがそろう訳は無く、


本人同士が板挟みにあい、


すぐに諦めてしまう。


反対されているとは言っても二つあって


①とりあえず反対する親

反対することで、相手の誠意を確かめようとしたり、拍がつくと考えていたり。

結局、相手が誰でも、ちょっとは反対する。


②事情があって反対する親

これは、考えましたが、ほぼありません。

「事情」と言っても、大した「事情」ではなく、「親の都合」である可能性の方が高く、結局①。

子供が、外国人の相手を連れてきても、賛成しようと思えばできるはずです。

どうしようもない事情で私が思いつくのは、

「子供の結婚相手が結婚詐欺師で、気が付いていないのは本人だけ」

とか?


つまり、ほとんどの場合は、






とりあえず反対している。







と言うことになります。


そんな時に1番大切なこと。


それは、


ロミオとジュリエット感。


これに尽きるでしょう。


本人同士が


「いや、何があっても結婚しますよ。」


と心が決まっていればいい訳です。



そうすると、



反対されたら、逆切れをしてくる子供に、



強気に反対し続ける親はまずいません。




結局、親の反対は、



親の「私達を取るの?相手を取るの?」



と言った試し行動。



確実に「相手を取る」と言っている子供に



絶縁覚悟で試し行動が出来る親はあまりいません。



それに、相談所で見つけたお相手なら、



親から見て



釣り合いが取れていない



様に見えても



世間から見ると



釣り合いは取れています。


これはご自分が1番分かっていたりするんですよね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。