にろりんのブログ

にろりんのブログ

花鳥風月に感動するお年頃ヽ(*´∀`)ノ

Amebaでブログを始めよう!
食べ物だと「抹茶」を使ったお菓子(--〆)
飲む「緑茶」は大好きだけど・・・
「砂糖」と「緑茶」は合わないよ(*_*)
 
あとFBも苦手だな・・・ゲッソリ
 

1年に1回、フィラリアの検査とお薬をもらう時についで?に血液検査をしてもらいます。

今までは「病気」を見つけるためだけの検査と思っていましたが、「栄養医学」を知って、血液中のタンパク質や糖質が適正かどうか検査によって今与えてる食事でいいのかどうか判断できるのだとわかりました。

バニラは「肥満気味」ではありますが、検査結果は毎年とてもいい感じです。

どの数値も標準値(*^_^*)

ですが、血中ヘマトクリットが「H」となっています。

これは多分、心臓病の場合ヘマトクリットが高くなるらしいのですが、バニラが抱えてる「心臓肥大」のせいかな・・・と思われます。

咳が出るとか呼吸が荒いとか一切今はそんな症状は無いので、先生

は「薬はまだ考えなくていいよ」と言ってくれてます。

これから先も、咳とか出ませんようにと祈ります。

バニは毎日とても規則正しい?生活を送っています。

私が朝の早い仕事をしているせいでもあり、家のトイレででオシッコができないせいもあり、1日4回、トイレ散歩に連れて行きます。

 

4:30  起床、散歩、朝ごはん

      毎日、目覚ましより先にクンクンないて起こしてくれます。

 

12:30  トイレ散歩 おやつ

      私の昼休憩が1.5時間あるので、ゆっくり散歩できますが

      今は暑くて5分で帰ります。

 

17:30  散歩、夜ごはん

       やっぱり暑くて蚊もすごいので早めに切り上げます。

 

22:00  トイレ散歩

       散歩というよりただオシッコするだけです。

 

外に連れて行けば、「確実」にオシッコ、ウンチは1日1回か2回。

以前は、夜寝る前のオシッコには連れて行かなくても、朝までもってたのですが、半年あたり前から朝外に連れ出す前にそそうをすることが多くなり、やはり年と共にオシッコが近くなるんだなと思い、寝る前散歩をすることにしました。

ただ ひどい雨風の時はさすがに困ります((+_+))

それにこの先、足腰が弱って外に出てオシッコができなくなったらどうしようかとも心配です。

家の中のトイレでオシッコができるように、トイレトレーニングしていかないとな・・・と考えてます。

獣医さんでありながら、かつ私たちと同じ大事なワンコやニャンコの1飼い主としての目線で色々なことを教えていただける万寿美先生のブログをいつも読ませていただいてます。

特に「栄養医学」についてはものすごく勉強になり、「食事」がいかに「生」に結びついているか、人間も動物も変わらない、健やかで幸せを感じれる「体」づくりのための栄養医学を学ばせていただいてます。

万寿美先生の愛犬のラッキーちゃんも16歳とのことで、しかもバニラと同じMダックス。ラッキーちゃんの食事も参考にさせていただいてます(*^_^*)

前回、ダイエットフードを高齢なのに続けてていいものなのかどうか?と悩みをこぼしてしまいました。

昔と違い、現代はありとあらゆるペットフードが国内外ともにあふれてて、バニラに何を食べさせたら一番いいのか?情報を集めれば集めれるほどわからなくなってしまってる現状で・・・

「グルテンフリー」、「グレインフリー」

人間にとってもダイエットや糖尿病食などで必ず聞く言葉ですが、そもそも元来肉食である犬や猫のフードに小麦やトウモロコシ、米など使っても、消化できず、アレルギーやら治らない下痢とか色々な弊害をもたらすわけで・・・

しかし、そのグレインフリーのドッグフード・・・日本製はほぼ皆無ですが、輸入物はありとあらゆる種類があり、しかもどれも超高額・・・

今食べさせてるロイカナの満腹サポートスペシャルも完全な「グレインフリー」ではありません。

肉食であるがゆえ、良質な動物性タンパク質がメインであるフードを選ぶ基準として、原材料の欄の一番最初に「肉類」と表示されてるのを選ぶといいとのこと。最初にトウモロコシとか小麦とか表示されてるのは殆ど肉類は入ってないそうです。

まあでも、いくら肉類が最初に表示されてても、保存料やら酸化防止剤やら・・・(--〆)

今はこのフードで、よく食べるし(量はダイエット1だから少ないけど)ウンチころころだし、調子いいのですが・・・

ちなみに「K9」というグレインフリーのドッグフードはこのロイカナのフードのお値段が3倍以上もするのです((+_+))

ちょっとな~(*_*)

バニたん、ごめん<(_ _)>お母さん、稼ぎが悪くて・・

昔、ごはんに味噌汁かけてもらってたワンコたちは、健全で幸せだったのかなあ・・・

とりあえずバニラは「ミニチュアダックスフンド」です。

が、体重は標準をはるかに上回って、むしろ「スタンダードダックス」に近いです。はい、要するに太り過ぎです<(_ _)>

が、いいわけがましいかもしれませんが、バニラの両親も、親戚も、言うに「ガタイがデカイ」というか、ミニチュアの血統だけど、そんなかでもでかく生れついたんだと私は思っています((+_+))

てかすみません、いいわけしてもしょうがありません。

高齢、ヘルニア、そして心臓肥大のバニラにとって、デカイことは全然いいことではありません。

ヘルニアの手術をする前に避妊手術を受け、それからやはり太りだし、ヘルニアを発症、手術、そして手術後は運動不足で、しかもその時フードも色々手作りしたり食欲が出るものばかり与えてしまってました。

おととし、年1回のフィラリア検査と同時に受ける健康診断でなんと体重が8キロオーバー!!

めちゃくちゃかかりつけの獣医さん、看護師さんまでにも怒られ、それから勧められた専用フードに少しずつ切り替えていきました。だけどなかなか成果は表れず、せめて6キロ台までは落としたいのですが・・・

今まで手作りフードで、ドライフードなんか食べなかったバニらですが、このロイカナのフードは最初から食いついてくれたので良かったです。

本当は、ホントに本当は、一切このフード以外与えないようにと言われてるのですが、わかっているのですが、朝ごはんと夜ごはんの間に、私が昼休憩で帰ってきたとき楽しみとしてジャーキーをあげてます。

ダメなんだけどな~~わかってるんだけどな~~

先生に、「1本だけ楽しみにジャーキーあげてるんですけど・・・」

と告白したら、「この子が5キロとしたら50キロの人間の10分の一だよね。ジャーキー1本が10本食べると思ったら?」

と・・・懇々と言われてしまいました(>_<)

そりゃ太るわね・・・

1本・・・はやめてますから・・・

今、バニラは7.1キロです。

でも、14歳になっても、ダイエットフード続けて大丈夫なのかな~?って今思っています。

 

毎日暑いです。

ワンコは寒いよりは暑い方が弱いとのことで、人間よりも熱中症になりやすいとのこと。

ましてや高齢犬ともなると、日中、私が仕事で留守の間のバニラが心配でたまりません。

バニラのいる2階は3部屋がつながっていてイケイケ状態にしてあり、自由に動けるようにしてて、そのためエアコンをつけっぱなしというわけにはいかず・・・

一番風通しの良い真ん中の部屋にひんやりマットをおいて、扇風機を弱風で回しといてやる、といった方法で毎日出かけています。

職場が近いので昼休みに様子を見に帰ってくるのですが、私の心配をよそに「爆睡」?してるのを見ると、最初は死んでる?のかとヒヤッとしましたが、ただの爆睡でホットします。

しかし、やっぱり寝苦しい?のか部屋を閉めてエアコンをつけてやったら、「寝相」が全然違うんですよね。

気持ちのいい時は無防備にお腹を上にしてホントに気持ちよさそうです。(*^_^*)

いつもこの「へそ天」が見れると私までホットしてしまいます。

ブログを書くのはすごく久しぶりです。

なんでまた書こうかななんて思い立ったのは愛犬、ミニチュアダックスフンド(クリーム)のバニラがこの11日で満14歳を迎えました。

完璧なシニア犬です。

過去のブログにも書いてましたが、ヘルニアを患い、大手術を受け、手術をしても歩けるかどうか・・・とまで言われてましたが、幸運にも後ろ足を少し引きずる程度で見事に復活しました。

手術から5年・・・再発の怖さもあり、散歩も長時間しなくなり、だけど元気で食欲旺盛で当然太り気味になって、腰の為にもダイエットと、飼い主ともどもがんばってきました。(成果はどちらもあまり表れてませんが・・・)

毎日バニラと楽しく暮らしていますが、ここ最近・・半年前あたり?からバニラの様子が少しずつ変わってきています。それはもちろん、年を取ってきたからというのはわかっているのですが、そんな微妙な変化を残していこうかなとふっと思った次第です。

最近までの主だった変化としては・・・

耳が遠く?なったのか、私が帰ってきても気が付かず寝てる時が多くなりました。前は玄関の前の門扉を開ける音で気が付いていたのに、

今は玄関を開けて、階段を上がっても(バニはいつも2階にいます)気が付かず爆睡してる時が多くなりました。そう、そして1日の大半を寝て過ごすようになりました。

これからシニアのバニにどうしてやったら一番バニが快適で幸せでいられるのか一生懸命考えていこうと思います。

何か手伝えることがあったらといつも思っています。せめて一人でも多くの人がこの記事に出会えますように。