シャープの株価がなかなかひどい状態ですが、NECも大変らしいです。

->【底流】シャープより重症? 縮小均衡“連鎖”にはまったNEC、いまだ出口みえず (1/3ページ)

↓そんな業績の酷さの指標として使われているシャープのここ最近のチャートはこちら。

$ニッパーのシステムトレード研究所

チャートを見てもとても買いたくなるような気分が湧いてこないですがあせる、逆に逆張りチャンスでもあるとも思えます。

こういう「過去に、今のシャープっぽい動きをした銘柄は、その後上がったのか、下がったのか」を調べたいと考えてたんですが、イザナミで相関情報を使うとできることが分かったのでご紹介。ニコニコ


↓まずは相関情報を有効にして、このように設定を作ります。
$ニッパーのシステムトレード研究所

「指定銘柄との相関(日付指定)」と選んで、日付を最新にしておくのがポイント。


↓次に売買ルールをこちらのように設定します。
$ニッパーのシステムトレード研究所

直近2ヶ月の動きと似ているものということで集計期間を50日としてみました。


↓手仕舞いをどうしようか悩んだんですが、とりあえずライブラリの一番上にあるやつで。
$ニッパーのシステムトレード研究所


今回使った設定ファイルは別館に置いときますね。
->設定ファイル

これでバックテストを実行した結果はこちら。

$ニッパーのシステムトレード研究所

おお!期待値がわずかにプラスですね!買いで仕込んでもいけるような気がします。

とはいえ勝率は50%なので、上がる上がらないの確率は同じ。

シャープ狙っている方は気をつけてトレードしてくださいね。わんわん

リンク

->『本格的システムトレード開発ソフト イザナミ』
->今回使った設定ファイル