9月11日(水)、
入院1日目。



とうとうこの日が来てしまいました。


緊急の入院も嫌だけど、予定の入院はそれはそれでじりじり底なし沼にハマってく感じがして嫌。

なんにせよ入院は嫌ですね。




入院の前の1週間で

会社の同僚やら部下やらに会ったり

4月の入院のときからずっと助けてくれていた同じ病気の息子くんを持つもはや旧友レベルのママさんに初めて会ったり(センス良くて優しくて美人でしかもパパさんもイケメンだった。反則だろ。)

念願の上野の恐竜展に行ったり(思っていたより相当しょぼかったけど常設展がやっぱり最高)


充実した時間があると余計に入院が嫌!!!!






そして何より嫌な理由…

それは先週の件(=こちら)のこともあり、信頼できる医師がいないということ!!!



いやでも天下のKO様ですし、きっと一般的には信頼はできるような医師ばかりなんでしょうけども、

わたしにとっては、手放しに信頼していてこの人になら任せたいと思える医師がいない。





あー嫌だなぁとうじうじしながら病院に向かっていると、成育から電話が。

電車の中で出れなかったのだけど、そのあとすぐに主人から連絡がくる。





ななななんと、成育の移植外科のあのK大先生が、
うちに入院してたらしいね、ここちゃんその後調子どう?
と、わざわざ直に連絡をくれたらしいーーーー!!!!





やばい。やばい。ほんとに神。それか仏。



今の主治医なんてこっちがキレないと連絡すらとれないんですよ?

なのにK大先生は別の病院なのにここちゃんの体調を気にしてわざわざ連絡をくれる。





そうです。
これがタイトルに繋がるわけです。






天と地。月とスッポン。雲泥の差。






比べる相手が神だし仏だから誰でも多少は見劣りしちゃうんでしょうけど、

今のわたしの傷ついた心にK大先生の優しさは染みる!いや沁みる!!




たった2回会っただけのやたら泣き虫でうるせー我々を気にかけてくれるだけで嬉しいです。





主人がここちゃんは元気だけど嚢胞が増えていて、また今日から入院でチューブの入れ替えをすることを伝えると、



嚢胞がある肝臓は門脈が細くなりがち。
PTCDも長いことやってるから、また直接診たいから、今の入院が落ち着けば連れておいで。



とのこと!




移植はいずれ、とはもちろん思っているけれど、

移植のプロが見たときにやっぱりここちゃんはその時期ですと言われたらと想像するだけで怖い。



怖いけど、K大先生が時期を逸しないようにフォローしてくれてるってことは、大丈夫。大丈夫。大丈夫。




と、言い聞かせる。








…ということはつまり、問題は、ここ、KO病院です。



明日の手術のために心電図レントゲン麻酔外来終わらせると、看護師さんが明日のスケジュールを教えてくれたのだけど、

明日の手術は13時からです、と言われる。



…おや?


前回の話し合いのとき、主治医は手術は午前1番にやるから夕食は食べられるって言ってたけども。


はいはいまた出たコレ。話違うやつね。




ちなみにチューブ交換後はクランプ地獄になるけど、そのときの良し悪しの指標にするために採血しなくていいの?と聞くと、

特に指示は入っていません、と言われる。





こんなのいつもだったら
あーそうなんだ、くらいにしか思わないし
すごーーーく些細なことなんだけど


今までの不満が溜まりに溜まってとうとう爆発しまして
主治医呼び出してまたまた問い詰めました★




手術の時間が聞いていた時間と違うんですが。

→僕午前中なんて言いました?言ってないですよ。それに放射線科の手術はいつも必ず午後って決まってるんです。
(出たよこのすっとぼけたフリ!先週もこのすっとぼけかましやがったからもう信じない。)


いやいやわたしお話のあとはメモ取ってるんで間違いないです。先生仰ってましたよ。それにいつも午後って、前回の手術は朝一番にやったじゃないですか。

→あーそうですか。あれぇー言ってないけどなぁ。それならスミマセン。(渋々って感じ。イラァとさせる!)


あと採血しないんですか?クランプの有無の判断材料になるし明日ルートとるついでにやって欲しいんですけど。

→前も言いましたけど採血結果は前回の分を使い回すのでしなくていいと思いますけど。意味ないです。



は?ムキームキームキー(もうイライラ隠せません★)
前も言いましたけどってそれは聞いてないですよ。前回のって胆管炎のときにまだ肝機能が下がりきってないときの値ですよね。次の採血で高い低いの判断にはならないんじゃないですか。

→言いましたよ。それはそうかもしれないですけど、それなら一般的な基準値を指標にすればいいので採血は意味ないです。


いや…娘の場合普段が100以上あって高いけど、PTCD後に50程度になってやっぱりPTCDのメリットありますねと判断しましたよね。
先生が今そう言ってしまうと50でも一般的な基準値よりは高いわけだから、判断しにくくなりますよね。娘の場合の指標をつくるために採血は必要だと思うんですけど。

→意味ないと思うけどなぁ。そこまで言うならやってもいいですけど。







…いや他にもね。

なんだコイツまじかって感じの話たくさんたくさんたくさんあったんですけど、あまりにムカついたところだけ抜粋しました。



この人アレだな。負けず嫌いでプライド高い。
いやわたしも相当な負けず嫌いだけど。だからこそわかる。


穏やかな先生なのかなと見かけで思っていたけど、

自分のミスはすっとぼけるしいやそれがもし本当にわざとじゃないにしても、それってクソだろ。




ずーっと前から信頼しないとと自分に課していたけど、もう無理だわ。


わたしこの主治医を心から信頼できる日はもう二度と来ません(・ω<)☆



この主治医もわたしのこと相当嫌いなんだろうな。
言うこと聞かない患者は悪い患者なんだろうな。




あまりに心がざわつきすぎて

主治医 嫌い
主治医 合わない
転院 タイミング

とかでGoogle検索してしまうイタイおばさんです。



みんな主治医とどうやって折り合いつけてんだろ?
わたしが問題児な説あるなこれ。




なので今後はこの主治医以外の先生(…もめちゃくちゃ頼り甲斐ないけど)に話をすることにしました。






とにもかくにも、
明日はここちゃんまたまたチューブの入れ替え手術です。




無事に終わって、さっさと転いn…じゃなかった、退院できますように。