真理を求める旅(36) | 全国 どこでも 出張 専門 心身 統合 超越 療法 夢心庵

全国 どこでも 出張 専門 心身 統合 超越 療法 夢心庵

出張専門 の 心身 統合 超越 療法 夢心庵 です.
カウンセリング・ヒーリング・手技による施術など
あなたの症状に合わせて対応します.
お困りのことがあれば遠慮なくご相談ください.

080−1355−3318 mushin@depressive-cbt.com

いつも「いいね」していただき、ありがとうございますm(_ _)m

 

 

===========

<関連記事>

 

[コラム1]「霊性を高めることと霊的真理

[コラム2]「反復性うつ病性障害を体験して学んだこと

 

初めての方は、この記事を読む前に以下の記事を読まれることをオススメします。

 

 

「真理を求める旅(1)」人間が生まれてきた目的  

「真理を求める旅(2)」神様と仏様

「真理を求める旅(3)」心の癖

「真理を求める旅(4)」心の癖(怒り・妬み・愚痴)

「真理を求める旅(5)」アイディンティティ

「真理を求める旅(6)」自我

「真理を求める旅(7)」感情

「真理を求める旅(8)」未来

「真理を求める旅(9)」いのち

「真理を求める旅(10)」スピリチュアル

「真理を求める旅(11)」パーソナリティと精神疾患

「真理を求める旅(12)」怒りと悲しみ

「真理を求める旅(13)」偽の健康

「真理を求める旅(14)」自動思考

「真理を求める旅(15)」自動思考の修正

「真理を求める旅(16)」心の癖 自尊心と比較

「真理を求める旅(17)」自由と選択

「真理を求める旅(18)」ストレス

「真理を求める旅(19)」自我と赦し

「真理を求める旅(20)」怒りと執着

「真理を求める旅(21)」病気・老化・死

「真理を求める旅(22)」失感情

「真理を求める旅(23)」身体の痛みを消す

「真理を求める旅(24)」頑張らない

「真理を求める旅(25)」引き寄せ

「真理を求める旅(26)」うつ病 と 食事

「真理を求める旅(27)」抑圧とコンプレックス(強迫神経症)

「真理を求める旅(28)」二極化思考の弊害

「真理を求める旅(29)」うつ病 と 睡眠

「真理を求める旅(30)」意識と選別

「真理を求める旅(31)」怒りと執着(2)

「真理を求める旅(32)」臨死体験?

「真理を求める旅(33)」うつ病の意味

「真理を求める旅(34)」人の印象と本当の自分

「真理を求める旅(35)」臨死体験(2)

===========

 

はじめに

今回は死後の世界のお話しです。

誰もが遅かれ早かれ「死」というものを迎えなければなりません。これは避けて通ることができないのです。そして、その「死」というもに対して、「死後の世界」ということが気になりますが、はたして「死後の世界」とはどのような世界なのだろうか?


ここに書いている内容については私が勝手に考えている(あるいは思っている)ことであり何らエビデンス(証拠)はありません。 
 

人は死ぬとどうなるのか?

「人が死ねば葬儀を行い火葬されお墓に埋葬される。この段階で物理的に残ったものは「骨」だけである。骨以外のすべてのものがこの現実界から消える。 」のです。

 


そして、「人が死んだら残るのは「魂」だけである」。と言いますが、はたしてその魂とは何なのでしょうか?その魂についてもう少し書いてみたいと思います。
 

魂とは

ルドルフ・シュタイナーの言うところのアストラル体(魂の力)は、一般には魂、霊魂、霊などと呼ばれています。英語では Spirit、Soul などと表現されます。

 

 
物理的身体やエーテル体とは別に存在する、いわば「精神的実体」とでも言えばよいのでしょうか。

  
人が生きているとき、意識しようが意識しまいが、人は自身の「心」を中心に活動しています。 「心」の構造はフロイトの構造論 で詳しく述べています。
 

 
フロイトの構造論を引用すれば心の中にある最も深いイド(id:es) と呼ばれる領域が魂に該当する領域ではないかと私は考える。このイドの領域は古い先祖(前世)の時代から抑圧され受け継がれてきたものや人間の本能が蓄積されており、一次過程がイドを支配し時間や場所など現実の秩序の影響を受けません。

 


そして、フロイトの構造論を借りれば、イド以外の自我や超自我は人が発達する過程で成長していくものであるから魂とは切り離して考えることができます。 
 


このことから人の持つ本能や前世から受け継がれたものなどが「魂」と呼ばれる「精神的実体」ではないだろうかと考えます。

 

物理的身体( 肉体)の束縛から解放される

人が死ぬと物理的身体は亡くなり魂だけが残ります。そして死んだ本人も死んだことが解らない一時的に困惑した状態になるようです。これが物理的身体(所謂、肉体)から解放された状態です。肉体から解放された時点で魂だけの世界になり自身の想念のみの自由な世界となります。

 

 
このようなことから、何か食べたいと思えば即座にその欲求が満たされるのが物理的身体を持っていたときときと異なるのです。もっと言えば物理的身体を養う必要がないのでお金の心配もいらないということですね。
 

輪廻転生

輪廻転生(または転生輪廻ともいう)は、人が死んだ後、魂が何度もこの世に生まれ変わることです。これが所謂、 「魂の修行」 であり現実界でその課題に挑戦し 霊性を高める ことにつながるのです。魂のレベル応じてその課題は設定されるようです。ちょうど心理学にある発達論のように魂年齢に応じた課題が設定されるのです。 
 

魂年齢とは

一般的に知られている魂年齢(レベル)は7つに分類されています。 
 

  • 乳児期 今を生きる
  • 幼児期 文明構造を作る
  • 若年期 金銭・名声・名誉などに興味がある
  • 青年期 感情や感性に興味を持ちカルマ(業)2に気付く
  • 老年期 感情に支配されない超越したレベル 
  • 超越期 高次のレベルとつながる
  • 無限期 すべてに気付くレベル

 
因みにそれぞれの魂レベルの課題をクリアーするまで何度も繰り返すこととされています。このようにして霊性を高めることが現実界で生きる人間に求められているのです・・・。
 

 

生まれ変わりは本人の意思によって決まる?

魂のレベルに応じて生まれ変わり、再び現実界で生きようと決めるのは本人が決めるものであると思うのです。生きている時に人生が楽しい。もう一度生まれ変わっても人間として生まれ変わりたいと思う人が生まれ変わるのであって、死んだからと言ってすぐに生まれ変わるものではないのです。

 

人生の中で楽しいこともあれば苦しく辛いこともある。どちらかと言えば苦しいことの方が多いのが普通であってそう感じる方が自然です。そして、死を前にして「苦しかったけど良い人生であった」と思った人が本人の意思とは別の働きにより再び同じレベルの人生を何度も歩むことはないのではないでしょうか?

 

 
と、すればもう一度生まれ変わって辛い人生を何らかの力により生まれ変わるのは不自然であり、自らが生まれ変わりを望むのが自然であるのではないかと思うのです。 
 

 

嘘がつけない世界

死後の世界は物理的身体から解放され魂だけの世界になります。そのため上述したように想念のみの自由な世界になることから言葉も必要ないのです。思ったことが直ぐに相手の魂に伝わるので嘘や誤魔化しができないのです。しかし、現実界にいる人間は自分の都合の悪いことは誤魔化したり嘘をついたりすることに慣れてしまっているので、霊界ではそれが成長の妨げにつながるのです。 
 

 

自分の死を気づけない魂

自動車事故、列車事故、航空機事故など不意な事故により亡くなった場合、本人は自分が死んだことに気付かない場合が多いようです。この場合、本人が死んだことを伝えなければならないのは親族、あるいは家族です。死んだことに気付かないでいると現世での執着だけが残り魂を成長させることができないばかりでなく、現実界に住まう人にも悪影響を及ぼすのです。 
 

 

地縛霊

一般に地縛霊と言うと成仏できない霊を地縛霊と呼ぶことが多いようです。地縛霊とは、死後もその人の霊魂が現世を彷徨っている霊のことを地縛霊と言います。 
 

 
地縛霊は自分の死を認識できていない霊や現実界での執着が原因となります。その執着の原因として、怒り・妬み・誹り・愚痴・嘘・殺人、姦淫、不品行、盗み、偽証、貪欲・邪悪・欺き・好色・高慢などがあります。人は「心」で思ったことを言葉に発し、それを元に行動に移します。それ故、口から出た言葉は「心」に在るものなのです。その「心」に曇りが生じている状態は現世で不幸になるばかりでなく死後は地縛霊となって現世を彷徨うのです。 
 

 

魂が帰る場所

天国や地獄を見てきた人はいないと思いますが、魂の故郷と呼ばれる魂が帰る場所はあると思います。ではどこに魂は帰るのでしょうか?

 

 
上述した地縛霊が現実界を彷徨うのであれば、所謂、成仏した霊(魂)は現実界ではない霊界にいることになります。この霊界は様々な宗教的立場の違いもありますが、霊界において魂のレベルに応じた階層に帰るのではないかと思うのです。その階層は同じレベルの魂がそこに存在し現実界のような世界とは異なるものと考えられます。 
 

 
霊界は非物質的世界ですが、それは私たち人間が住んでいる世界とは異なり高次元の世界が存在し、それは私たちから見ると遠い世界のように思えます。しかし、霊界の場所は次元が異なるだけで物理的距離とはまた別の世界であり我々が考えているよりももっと身近にあるかもしれません。例えば、次元が異なる光の世界であるかもしれません。  

 

 

私の体験

臨死体験 や 臨死体験(2) を経験した私は、「死後の世界」はあると思っています。具体的にどんな世界かと言えば、「何もない世界」のような感じがしました。ただ眩しいばかりに美しく輝く光だけが存在する世界のように感じました。そこにずっと滞在?していたわけではないので詳しくは解りませんが、明らかに現実世界とは異なる世界があるのではないかと思うのです。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルヒーリングへ
にほんブログ村

心理療法ランキング

 

あきらめるのはまだ早いです.
日本全国どこへでもお伺いしています.
あなたのその病気や障害、治らないとあきらめていませんか?

病院から匙を投げられたお客様の最後の砦・・・, 
完治・寛解をあきらめた方の最後の砦・・・. 
それは、夢心庵です.
あなたの心身の健康と調和を守ります.
すべては夢心庵からはじまります.

~夢心庵からのメッセージ~
あなたの幸せを願って、
心身の不調和を取り除く施術院です.
整体ではありません、心身の調律です.
これまで病院に何年も通院していた貴方!!
また、治療をあきらめた貴方!!
本気で心身を改善したいお客様だけを対象にしています.

これまでに多くの難病を治癒・寛解へと結びつけた、

多くの実績のある夢心庵へお問合せください.

 

= 現在、会員募集中です。 =

(今年度 会員募集の〆切りは 11/30)

 

当院の会員になると

 

 ・会員専用Webサイトをご利用頂けます。

 ・施術料金・訪問・出張料金の割引が受けられます。

 ・「伝授セミナー」受講の資格が得られます。

 ・オープンセミナーご招待

 ・個人セッション無料

 ・入会金 会費 無料

 

など特典も沢山あります。

 

 

 

一般向けのセミナー と 会員向けの伝授セミナーを

開催しています。

 

セミナーに関する お問合せは、こちら からお願いします。 

 

壁を乗り越える 

潜在意識にある「心のブレーキ」を解除して自分を変えることが出来る入門セミナーです。 

 

囚われない生き方

自分の心の癖を認識すると共に幸福な生き方をしていくためのヒントとアドバイスを実践をとおして行います。これまで気付かなかったことやつまらない事への拘りを捨てることにより幸せへの入り口が開けます。

個人セッション
依頼者の希望に応じた個人セッションを開催しています。 仕事・恋愛・結婚・進学・就職・病気などのお悩みをスピリチュアルな視点からお話しします。

魂の叫びを聴け!! 
人気No.1のセミナー!! 何をやっても上手くいかない。すべてが駄目。どこの病院へ行っても一向に良くならない。なんで自分ばかりが・・・。こんな経験はないですか?こんな人にお勧めのセミナーです。 
 

人生相談

人生相談を受けた方はこれまでの自分の考え方が180度変わります。これまでの自分とは違う新たな自分になれます。 


オープンセミナー
里山古民家1泊2日の自分磨きのオープンセミナー 都会から離れた里山の田舎で満天の星空の下でバーベキューやお酒を たしなみながら、ゆっくりと時が過ぎていく中でもって生まれた感性を磨くためのオープンセミナーです。 開催地は愛知県豊田市です。 

 

伝授セミナーも開講いています.

伝授セミナーの受講には会員登録が必要です。会員登録はこちら。

 

***************************************************************************************

休診日;毎週 木曜日, 水曜日午後・日曜日午後  
予約受付時間:午前8時~午後9時まで. 
施術時間 :午前9時~午後10時まで. 
080-1355-3318 
施術院 夢心庵
トランスパーソナル・セラピー 研究

***************************************************************************************