ベルトコンベア。

 

 米が大量にある日はこのベルコンと3tトラックとバンの三台構えで出動します。でも今年は少ないですね。ウンカの被害に遭った農家が多い。ウンカとはカメムシ目の虫らしい。ベルコンの下ろし方や置き場所が悪かった様で、親方に何度か注意されました。いやほんとサーセン。

 

 

朝鮮結び

 

 練習した甲斐もありまして、遂に仕事で使える技術として確立しました。しかしこれまた一度、時間が掛かり過ぎて皆を待たせてしまう失態を重ねる。まだまだ練度が足りないのだ。技術というのは習得したその時点がスタートラインである。習得した後は、如何に効率良く素早く括るか、如何に短い時間で決めるか等々、技を生かす為の技術を次々と経験して行かねばならない。

 たかが結び目一つでも、それを生かす為の更なるテクニックがあるという事だ。直ぐに使えるか如何かまだ試してないから知らんけど、少ない結び量でカッチリ括れる技法を見せて貰った。やっぱ親方は凄いわ。親方だけある。僕もいずれは親方と呼ばれる立場になるのだ。

 

米倉庫。

 

 町内に何ヶ所かある米倉庫の内の一つ。農業地域では農協による農業倉庫が点在しており、米の他にも様々な野菜を取り溜める為の倉庫があります。そんな中でこれは米。一袋は僅か30kgであるものの、1パレットに就き42袋、総重量は1260kg。1.26tだ。それをこんな感じに積み上げて保管する。

 ご覧の通り、積み方が悪いと斜めを向いてしまったりしてとても危ない。想像するのですよ、全国の何処かで米の積み方が悪くて落下して死んだり大怪我したりする人が居るのではないかと。災害とかが原因であれば気の毒な話ですが、積み方が悪いまま積み上げたのが原因なら自業自得だろ。そうならない為にも、下手打てばそんな事故に繋がってしまう可能性を戒めて丁寧に素早く積み上げて行く。クッソ単純な作業ですが割と疲れます。

 

 倉庫の中は冷房が効いててとても涼しいので作業が捗ります。ただしくさい。やってる事は運送と倉庫整理ですね。農業とは全く無関係と言えばそんな事は無いし、何ならこれも立派な農業ですが線引き難しいよなこれ。まあこれとは別に農業のお手伝いもしているんですけどね。草刈りとか溝浚いとか畝間の泥掻きとか大変です。

 まあこのアルバイトのお陰で朝鮮結びを使い始めた様なもんだし、何なら僕が持つ専門技術も役に立つ。技は使わなければ忘れてしまう。筋トレ兼勉強兼小遣い稼ぎ兼体の良いリハビリですね。

 

14900km

14900km

 

 もののついでに4時44分という面白い時間帯だと思ったら間に合わなかった。あと100km走れば15000km。まだその程度。今月中々行けてないフィットネスに根性出して通って来ました。今も含めて物凄く眠い。ああああ時間が取れねええ。

 明日は9月30日の久々のモデルバイトの為に滅茶苦茶早く寝る必要がある。午前4時起きなので、それに合わせて午後8時には寝ろ。ああああ時間が取れねええ。