“国会の爆弾男”足立康史氏が加計「疑惑の本丸」を突く! | Samurai Post

Samurai Post

保守目線!で綴る時事ネタニュース


テーマ:

「岩盤規制を象徴する獣医師会と、献金受けた議員こそ論点」

 加計学園問題をめぐる14日の衆参予算委員会の集中審議は、低調に終わった。立憲民主党や共産党などの左派野党は、安倍晋三首相の責任ばかりを追及し、獣医学部新設を50年以上も阻んだ異常な「岩盤規制」の実態に迫らなかった。「国会の爆弾男」として知られる日本維新の会の足立康史衆院議員が、「疑惑の核心」を激白した。

 

 安倍首相は14日午前の衆院予算委で、国家戦略特区を活用した獣医学部新設について「若い人たちの希望を門前払いしていた、行政のあり方を正した」と強調した。

 

 そのうえで、学部新設に反対してきた獣医師会を念頭に、こう述べた。

 

 「裏には業界団体もあり、その意向に従う政治家がいたのも事実だったことを(政府の国家戦略特区ワーキンググループの)八田(達夫)座長はおっしゃった」

 

 八田氏の発言とは、10日に衆院予算委員会で行われた参考人招致での答弁を指すとみられる。八田氏は「獣医師会が政治家に圧力をかけて、(新設は)1校という制限がついた」と主張した。

 

 安倍内閣は、石破茂国家戦略特区担当相時代の2015年6月、獣医学部新設の「4条件」を閣議決定した。さらに獣医師会の要請を受け、17年1月に文科省と内閣府が「1校に限り認可する」とする告示改正をした。

 

 獣医師会側はこれまでに、与野党の複数の国会議員に政治献金をしている。ネット上では、政治献金と与野党議員の行動を疑問視する声が噴出している。国会でも、こうした疑惑についても議論すべきではないのか。

 

 足立氏は「(安倍首相の答弁は)『わが意を得たり』の気分だ」と語り、続けた。

 

 「岩盤規制を象徴する獣医師会と、献金を受けた国会議員の関係こそ、加計問題をめぐる最も重要な論点で、『疑惑の本丸』だ。与野党問わず、疑惑を明らかにするのが、国会の本来の役割ではないのか。獣医師会関係者と、該当する国会議員を国会に招致し、積極的に議論すべきだ」

 

 

獣医師会から献金を受けていた議員

追い詰められなければならないのは安倍総理ではなく獣医師会から百万円の献金を受けていた玉木雄一郎議員ほか野党議員と石破茂 。なのに反省することもなく自らの疑惑隠しのためにまだ執拗に加計問題をやっている。これぞ国賊!!

 

玉木雄一郎 100万 

(国民民主党)

 

福山哲郎 100万 

(立憲民主党)

 

芝博一 100万 

(立憲民主党)

 

石破茂 100万 

(自由民主党)

 

逢坂誠二 10万

(立憲民主党)

 

 

J I Nさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。