クチコミ番付参加中




国民投票】 一般国民を対象として、“特定の事案”に対し投票を求めるもの。

アメリカには【国民投票制度】そのものが存在しない。
スイス、フランスやイタリアなどでは
一般の国政上の課題も【国民投票】の対象となっている。

  国それぞれ、人それぞれ、、、

現代の“民主主義国家”においては、間接民主制が原則とされているが、
議会と一般国民との間に意見のかい離ドンッ
が見られること等を理由として、
国民投票】を補完的に採用する国が存在する。

  「民法」「刑法」が読み易く、分かり易くなったように、
  「憲法」も分かりやすくリニューアルされることは大事だと思う。
  但し、そのことが=内容を変えてしまうとは必ずしも一致しない。

国民投票】の対象としては、
憲法改正などの他に国政上重要な課題について投票を行う国、
一定の署名を集めると【国民投票】を行える国などもある。
国民投票】の投票結果が法的拘束力を持つ場合と、
法的拘束力を持たない諮問的な投票が行われる場合がある。

  一口に【国民投票】といっても、国によって様々だなぁ。
  影響力も様々だなぁ。
  企業の実施する【社内アンケート】【意識調査
  とはちと異なるけれど、
  その活かされ方が大事であることは言うまでもありません。

日本国憲法においては、
「憲法改正」の際の【国民投票】のみが予定されており、
かかる【国民投票】については、
日本国憲法の改正手続に関する法律が規定している。

  国民が、参画できることは良いこんだ。

また地方自治制度においては、
自治体の住民を対象として
一定の住民投票の制度が設けられている。

 自治体(県や市町村)のことは
 自治体(県や市町村)で決める。
 これは良いこんだ。

憲法を変える為のルール
が5月14日、参議院本会議にて成立した。
ずっと、「憲法改正」される事が無かったので、
改正の際の取り決めも無かった。
そこで作られたのが、【国民投票法】という法律。

  『時代』と共にルールを変えていく。
  このことは大切だと思います。
  かたや、
  「大事なところ」「変えてはいけないところ
  があるのも事実。
  企業でいうなら、
  (年度)方針は時代に合わせて変わっていくけれど、
  『経営理念』はそうショッチュウ変わらない。
  イズレニシテモ、「見直し」は大切。

賛否両論ある中、
「投票権年齢」「メディア規制」「投票方法」など、
多くの問題が先送りされているといわれています。

  問題の先送りは、好ましくない。
  それは誰しもが判っていることですが…

私たちが暮らす日本という国の礎とされている「憲法」。
そのあり方が今、問われています。

  大きな”“強いに惑わされること無く、
  しっかりと、自分の意見を持つ。
  ・・・なかなか難しいことではあるけれど。

いまなぜ憲法改正国民投票法なのか

¥1,050

Amazon.co.jp

誰の、何のための「国民投票」か?
¥1,050
Amazon.co.jp
Q&A解説・憲法改正国民投票法/南部 義典
¥1,785
Amazon.co.jp
AD