【出発】うちの妻。

テーマ:
部屋のどこにいても、僕に握手を求める妻。


たまに気の狂った怪獣のような顔をして接近してくる妻。


鼻炎持ちで年がら年中、鼻にティッシュ詰めてる妻。


掃除機をかけていたのに、うどんのCMが流れると踊り出す妻


カーペットの汚れを指差し、きっと自分が食べたチョコレートの汚れだろうに僕に向かって「ここでウ◯コしただろ?!」と言ってくる妻。


茶碗洗いをしてくれてたので「ありがとう」というと、全身震わせ『っは!びっくりしたぁ!!』と驚く妻。



本日土曜日、妻は休みで家にいる。




今日は天気がいいなぁ。そろそろ出よう。

コントの大きな小道具を持って行かねばならないし。

うん、早めに出たほうがいいだろう。





二階で掃除機をかけている妻に向かって叫ぶ。


「行ってきます」


妻も掃除機の音に負けんとばかりに叫ぶ。

『…行ってらっしゃいっ!!!』




ありがたい。

ほんわかした気持ちで家を出る。


ほんといい天気だなぁ。


家から駅まで遠い。



自転車は駅だ。

昨日遅くまで飲んでしまい、

駅に自転車を置いてきてしまった。



こういう時はバス。



家からバス停まで徒歩8分。



ゆっくり歩こう。気持ちが良い。



晴れ渡る空、

揺れる緑、

鳥の声、

誰も住んでない団地、

駐輪場と化した公園、

補助輪をつけた自転車を乗る子供、

それを見守るお母さん。



そんな風景をゆったりと見ながら、バス停到着。



なんだか体が軽い。この晴れ渡る天気のせいだろう。



早めのバスに乗ることが出来た。



子供の笑い声や、おばあさん同士の世間話が響き渡る平和なバスの中。




ポケットでスマホが揺れる。




妻からだ。





あ…




着信で気付く。

自分の身軽さに。



コントの大きな小道具を忘れた。

玄関に置きっぱなしだ。。





…だもの体が軽く感じてたわけだ。



この天気のせいではなかった。

大きな小道具を持ってなかったからだ。




LINEのやりとり。

私「ごめん、小道具だよね?」

妻『どうする?もどる?』

私「いまバス。駅まで届けてくれる?」

妻『いまいく!』




バスが到着すると同時に妻の車到着。


深々と頭を下げて迎える私。


車の扉を開けて、
「ほんとごめん!危なかった!ありがとう!マジで忘れてた。」


すると妻がこう言った。


『頭おかしいんじゃないの?(笑)』



いやぁ、ほんとありがたい。

感謝の言葉をたくさん述べて、
小道具を受け取り妻の車を見送り、駅へ。





『頭おかしいんじゃないの?(笑)』





…ちょっと言い過ぎじゃない?


『バカねぇ』

『もぉ、おっちょこちょいなんだからぁ』

『わすれんぼさんっ』


言い方はたくさんあると思う。





『頭おかしいんじゃないの?(笑)』

 




妻はいつもそうだ。


僕と一緒で、
あまり物事考えずに思いついたことを言う。


その言葉が合ってようが間違ってようが、
ニュアンスが伝わればいいのだ。


だから、あの時笑いながら、


《もぉ(笑)》 

みたいな軽い気持ちを込めてぇの、


『頭おかしいんじゃないの(笑)』


と言い放ったのだ。





帰ったら伝えよう。


「確かに忘れ物したのは悪かったけども、『頭おかしいんじゃないの?』は酷すぎるんじゃないの?」と。

なんで返してくるだろう。



それを楽しみに、今日も頑張れるのだ。




相変わらず天気はいい。

小道具はずっしり重い。