仁元堂のつぶやきにようこそ。

 

今回のタイトルは、

両極端ですね。

 

でも、最近こういう事が多いです。

 

まず、とても残念なこと。

 

臨床動作法の創始者で、

臨床心理士第1号の、

成瀬悟策先生が

先日亡くなられました。

 

95歳でした。

 

私自身は

放送大学で「臨床動作法」という

こころとからだを直接つないでいくような

心理療法がある!ということで

動作法の世界に入っていったのですが、

 

もう一つ

動作法の世界に飛び込んだ理由がありまして、

 

それが、成瀬悟策先生に

直接お会いする!ということでした。

 

この時のお写真は、

まだ動作法の世界に飛び込んで2年目くらいの頃、

京都の研修会の後の、

懇親会の2次会で

ご指導いただいた時の写真です。

 

2011年か2012年頃。

こっちのお写真は、

同じく京都の研修会の懇親会の2次会でのお写真。

 

友人が写真を撮って欲しいとお願いされて、

私までご一緒させていただきました。

4年ほど前でしょうか。

 

この写真は、学会HPからいただいたものです。

 

成瀬先生に、お会いしたい!

 

それが実現し、

ご一緒させていただく機会があり、

 

私の中でも色々なことが変化していきました。

 

機会は待っていても訪れるものではなくて、

自分で作っていくこと。

 

「私なんて」と消極的にしていては、

お考えに触れる機会も持てなかったと思います。

 

懇親会などでフランクにお話をしていただける

機会を作っていただいていた

研修会のシステムにも、

本当に感謝です。

 

本当は、先生に見ていただいたいものがありました。

しかし、それはいまだ未完成で、

 

不死身だと思ってしまっていたので、

まだ時間はあるのじゃないかと、

なかなか進捗せずにいて…

 

とても、残念です。

 

最後にお会いしたのが、

今年の6月末の研修会でした。

 

この時には

しっかりとお話をさせていただく機会が持てませんでしたが、

 

やるべきことは

スピード感を持って

 

後悔の無いように

していきたいと、心から思いました。

 

成瀬先生、本当に今までありがとうございました。

 

心よりご冥福をお祈りいたします。

 

 

とても残念なことは、これ以上書けませんので、

このあたりにします。

 

一転、嬉しかったことです。

 

実は、

10月から整体料金等を

お値上げさせていただくことにしました。

 

前回のお値上げが平成19年。

そこから、10年以上も据え置きできてしまいました。

びっくりしますね。

 

何が嬉しかったって、

患者さまにその事をお伝えした時に

 

皆さま、

「今までも安すぎると思っていた。

心配していた」と

言っていただいた事。

 

自分の価値を

私の仕事の内容を、

そのように評価してくださっていたのかと、

 

とても嬉しくなりました。

そして皆さま

快諾してくださいましたので、

 

本当にうれしくて、

同時にほっとしました。

 

お値上げさせていただいた分、

しっかりと勉強して

反映させていただくようにいたします。

 

これからも、よろしくお願いいたします。

 

 

そういうわけで、

今回はこのあたりで失礼いたします。

 

感想なども、お寄せくださいね(*'▽')

 

ここまでお読みいただきまして、ありがとうございました。

仁元堂HP

人気ブログランキング 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村