12月3日

 

濃尾平野は、揖斐川・長良川・木曽川の木曽三川が作る広大な平野だ。

天気予報では滋賀県より降水確率が低く、紀行も温暖だ。

最寄り駅の彦根駅から大垣駅までの乗車時間は約50分と意外と近い。

三重県北部から岐阜県南部、愛知県西部に広がる平坦路天国は、サイクリング向きのエリアだと思う。

 

  ロームカウチ ストリートアーチスト

 

『小川亮さん』はステンシルによるウォールアーチスト。

ロームカウチ(RoamCouchi)の名前で活動を行っている。

2014年から、出身地の安八町周辺で無償のウォールアートを描く活動の『Emotional Bridge Project』を行っていて、周辺の倉庫やコンテナに描かれるウォールアート作品を観る事ができる。

前回の訪問から約2年経つので、以降に描かれた作品を見に再訪する事にした。

 

TAKE MY HERT

 

LETHAL WEAPON

 

WHEN YOU WISH UPON A STAR / VENICE

 

GROUND ART WALL

 

WHEN YOU WISH UPON A STAR / PARIS

 

RAIN CALLER

 

作品はすべて型紙を使ったステンシルで描かれている。

近くで見るとすごく細かいデザインだ。

 

YELLOW MAGIC ORCHESTRA

 

RAINBOW INC / BROOKLYN BRIDGE

 

WHEN YOU WISH UPON A STAR / OXFORD

 

WE LIVE HERE

 

大垣市内と安八町内に現在18枚の『ロームカウチ』ウォールアート作品を見る事ができるはずです。

大垣駅からスタートしてウォールアート巡りだけをするなら、約20キロのサイクリングコースになります。

 

前回のロームカウチ作品巡り記事はコチラ

 

 

ロームカウチHP

 

 

  旧揖斐川橋梁とねじりまんぽ

 

東海道本線の新橋から神戸までの全線開通は1889年(明治22年)

岐阜ー大垣間の揖斐川を渡る『旧揖斐川橋梁』は、1887年(明治20年)の開通だ。

外国人技術者ポーナルの設計で、5連ダブルワーレントラスの鉄橋は、当時の場所に当時のまま残っていて、国指定重要文化財に指定されている。

 

瑞穂ー大垣区間にねじりまんぽを2か所確認している。

ねじりまんぽとは、鉄道に対して斜めにトンネルが交わる時、積まれたレンガが斜めに積み上げられる事によって、目地がねじれている煉瓦斜架拱の事。

 

田中吹橋梁、みごとなねじれでした。

 

 

  西中野渡船場と木曽・長良背割り堤

 

他の人のサイクリングブログを読ませてもらって、興味を持った記事を『いつか行きたい所リスト』にメモっている。

もう10年以上読ませてもらっていて、私が勝手に心の友と呼んでいるKorashoさんが、またオモロな所に行ってたので、早速トレースさせてもらった。

 

 

安八町から県道18号線を走り、長良川の羽島大橋と木曽川の濃尾大橋を渡って愛知県に入る。

木曽川左岸を南下すると『西中野渡船場』

愛知県営で、県道羽島稲沢線の扱いの渡船だ。

 

愛知県側に事務所があり、係の人に声を掛けると乗船させてもらえる。

救命胴着を着用して対岸まで川幅約800mを渡る。船外機付きの渡船は結構なスピード感だ。

 

岐阜県側から乗りたい時は、竿に旗を上げると迎えに来てくれるんだって。

親子が折り返しの渡船に乗って行きました。

 

木曽川右岸を南下すると、そのまま長良川との堤になる。

明治のお抱え土木技師『ヨハネス・デ・レーケ』の木曽三川分流工事の場所。

木曽・長良背割り堤は木曽川大堰から長良川大橋まで約12キロが堤防上の道で、車が来ない快適な道だった。

 

帰路は、養老鉄道の多度駅からサイクルトレイン。

大垣駅まで乗車券700円で自転車は無料。

 

平坦路の多い濃尾平野は、やはりサイクリングし易いエリアだと思う。

雪が降ったり北風が強かったりする冬の時期は、輪行袋を活用すればいいかもしれない。

 

約50キロ走行

 

 

 

自転車ツーリングのブログランキングです。

下のバナーをポチっとお願いします。

にほんブログ村 自転車ブログ ツーリングへ
にほんブログ村

 

https://blog.with2.net/link/?1380109