お肉屋さんはどこで差別化するのか。 | 加須市の肉屋 元祖若鳥の唐揚げと金賞メンチカツのお店  長沼精肉店の長男のブログ

テーマ:

こんにちは長沼精肉店です。
昨日は僕の嫁さんが都内まで出張してきました!



昨日はスナックCandyでとある会に参加してきたのですが、
西野さんともお会いし、そのときの話!



嫁が自分でビールを注ぎに行ったときに


嫁さんのことをしっかり覚えていてくれた
西野さんに、
「お肉屋さんの奥さんだよね!」


不覚にも西野さんから話しかけられ
オロオロしてしまった嫁はある質問に対して


「ちゃんとした答えが言えなかった」

と悔いておりました。



むしろ、
「何を言っているんだ。ダサイことを言ってしまってる。かっちょ悪すぎる。つまんないやつーって思われただろうなー。そんなことが言いたかったわけじゃないのに。」

と、悔いておりました。




嫁は
「なんで、こんなチャンスを生かせないんだ。」

と悔いておりました。





とにかく悔いておりした。


まず言いたいのが、
嫁が爪痕を残そうとしている感。笑笑

僕としては面白いので、ありです。






嫁よ、頑張りすぎなくておっけーだよ。




そして嫁よ、悔やみすぎです。笑







西野さんからの質問は

「肉屋さん楽しい?」
「肉屋さんは他のお肉屋さんとどう差別化するの?」



それに対して嫁さんは
「楽しいです!」

とこたえ、二つ目の質問に対しては

自分でもしっくりこないまま
べらべら話つづけてしまったんだとか。


そのあとお手洗い行った時に、
「さっきのは違う。全然違う!!」

と思ったんだとか。


ダーツの矢が窓の枠外へ飛んでっちゃったくらいな不発を放った嫁にかわり、




「肉屋さんは他のお肉屋さんとどう差別化するの?」

長沼精肉店は
どうやって差別化するのか、
めざしているのか

についてお話ししたいと思います。



何で差別化するのか。
ズバリ「人」です




【一番簡単につけられる差】


例えば 黒毛和牛とオーストラリア牛なら
一目瞭然で誰もがわかると思います。

黒毛和牛と黒毛和牛ならどうでしょう?

例えば、
一つは銘柄のA5ランク松坂牛 
もう一つはA5ランクの宮崎牛

見た目はほぼ一緒、味の違いは、、、 


寺門ジモンさん辺りではないと
味の違いはわからないと思います。笑





仕入先が同じだったら、
お店同士の差別化ははかれません。


地元の牛とか地産地消などを謳えると差別化はできると思うのですが、特に地元に牛がいないとなると味での差別化は難しいです。



(※豚は加須の香り豚という、素晴らしい地産豚があります!お忘れなきよう!)


なので、一番わかりやすく差がつけられるのは価格で、そこで差をつけるところが大半です。



価格競争はある意味体力勝負で、
大きいスーパーさんとの
体力勝負には勝てるわけがありません💦笑


長沼精肉店は価格で差をつけようとは考えておりません。




【お客様に応援してもらえるお店に】

お店側からすると競合との差別化という意識を持ってしまいがちです。



しかしお客さんはどうでしょう。

お客さんからすると競合どーのこーのなんて意識はないはずです。


基本的には、その時の状況やお財布の状況などで、今日はどこで買おうか。と、選択していると思います。




でももしもそれが、

「長沼精肉店で買いたいなー。」

「同じお肉買うなら、長沼精肉店がいいなー。」

と思ってもらえるようになったら、、、。



これがいわば、お店のブランド力だと思います。



ではお店のブランド力とは?

お店の見た目ももちろん大切だと思いますが、


僕は【人】が重要だと思います。



働く人間(僕)が、応援してもらえるような人間であることが大切です。




長沼精肉店は、お店や商品に対する想いを深めて想いもお客様に届けられるようにきちんと発信していきます。



僕やお店のことを知ってもらうための発信を怠らず、目的を明確にして、目標にむかって行動や挑戦をし続けます。


その過程での失敗や成功などの積み重ねを

隠さず知ってもらう事も大切だと考えています。



そんな取り組みを知ってもらう事でいつしか、




お惣菜、スーパーじゃなくて長沼精肉店で買って帰ろー!


とか、


大切な人が集まる日だから長沼精肉店で買おう!


とか。


なんだか長沼のところで買いたくなっちゃう。


とか。


そういった思いで選んでいただけるお店になれたらいいなーとおもってます。




それが何よりも嬉しいことです。




日々のお惣菜を買うのにも長沼精肉店を選んでいただけることは間違いなく嬉しいです!!



【こんな嬉しいことが、、、】



TwitterやInstagram 、LINEからもお客様の声で色々と挑戦している姿応援してます

長沼さんのところを選んで良かったとか


大変嬉しい言葉をいただく機会が増えてきました。













こういうのが本当に嬉しくて、

店頭でお話ししていても

皆さん与えてもらってるというようなことをおっしゃのてくださるのですが、



与えもらってるのは僕たちの方です。

本当に嬉しい。




これからも僕は僕を正直に発信していきます。


僕のことも、お店のことももっとたくさんの人に届けられるようにしていきます。



 

 

僕はそこで【長沼精肉店】をお肉屋さんの中で差別化をしていきます。


絶対に、人!!人が大切。







ライン追加お待ちしてます!








日々勉強になってます!

西野さんのオンラインサロンのリンク貼ります!


【西野亮廣エンタメ研究所】


長沼精肉店の長男(加須市の肉屋)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ