一日の終わりに逢いたいのは、キミだ。 | これもなにかのご縁☆50代東京リア充おやじのブログ〜

これもなにかのご縁☆50代東京リア充おやじのブログ〜

東京リア充おやじ 肉人ニック肉鬼卿こと櫻井孝至公式ブログ@Ameba非常識ブログ
SNS ブログ Twitter LINE
いまさら聞けないツールの使い方
失敗談あれこれ


テーマ:
真似したい告白シーンある ? ブログネタ:真似したい告白シーンある ? 参加中
本文はここから


告白シーンっつより、セリフだけなんですがね、奥さん。

山口智子主演のドラマ『29歳のクリスマス』ですよ。

いまから14年前のドラマですが、マライア・キャリーの主題歌とともにR40世代には超懐かしい。

先週から6年ぶりの集中再放送で、毎日2回分ずつ観てますが、今週金曜で終わり。


松下由樹、柳葉敏郎、水野真紀、仲村トオル、稲盛いずみ、、、いやぁ、みんな若いし、、、


と に か く 演 技 が 下 手 で す 。


演技レベルが今と割と変わらないのが、松下と仲村ぐらいで。

特にワケ判らないのが、松下の恋人役で出ていたクライズラー&カンパニーの竹下欣伸。

彼の演技が酷い、酷すぎる。

他にも近藤等則とか、ミュージシャンが本業のひとが演技してたりするんだけど、

やっぱり、ダメだめ。

しかも、いずれも2枚目キャラだったりして(汗


で、竹下の言ったセリフとして、松下が柳葉に入知恵するのが、

「一日の終わりに逢いたいのは、キミだ」

なのね。


こりゃ、脚本家・鎌田敏夫入魂のキメ台詞だったろうなぁ、と。

まともな演技ができる役者がいなくて、男の口から吐き出されることがなかったが、

こんなキザで勝気で、脆いセリフは役者を選ぶのだろうなぁ、と。


あぁ、でも、こんなセリフ言ってみたかったなぁ。。。

さくらいたかしさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス