西洋占星術 in福岡 「星の歩み」















  • 04Jul
    • 心理占星術家 nicoさん主催 福岡開催 火星ワークショップ&心理占星術プチ講座

      早いもので、2018年も7月に入り後半戦となりました。今年は火星と金星が両方ともに逆行する(見かけ上のですが)年で、しかも共に固定サインが絡んでいて、固定サインの強調を増幅させる年という印象がありました。前にもブログで書いたのですが、逆行=地球に大接近し、地球に接近するほどに火星は夜空に赤くその姿を刻印してきます。火星は行動・開拓・攻撃の星と言われていて、動くことによって身体に熱を発生させて免疫力を向上させます。そして代謝を上げて、心身のコンディションを上げ、意欲を増幅させ健康に導くと考えられています。そんな火星が今年は改革を示唆する水瓶座で逆行し、11月半ばまで、8か月も水瓶座に滞在します。私事ですが、その火星逆行は、私の金星の上で始まり、同じく私の火星の上を行ったり来たり致します。そんなこんなで、いったい何が動くのかな?と思っていたのですが、ブログの表題に示したように、ちょうどトランジットの火星が、私の火星合金星に達した頃に、心理占星術家のnicoさんからの連絡を頂きました (+_+)しかも火星に関する事で、福岡で講座を開催したいという事で、びっくり。私自身が持つ水瓶の金星、火星と、今年の火星逆行と、しかも7月28日に起きる私の火星の上で起こる月食とで、とても印象的なシンクロニティを感じた出来事となりました。2012年夏にに、東京にて心理占星術家 nicoさんの応用講座を受けて、そうだ、もう6年になるんですね。あの日は、帰りに台風に直面し電車が止まって大変な目にあった印象的な1日でした。祖母も、母も、父も義母も、6年前には生存していたけど、今はみんないなくなってしまいました。6年という月日は、短いようでいて決してそうではないですね。懐かしいnico先生の講座、7月31日(火)に、開催されます、楽しみです!以下、詳細を表示しますね。7/31(火) 13:00~15:00★nicoの心理占星術プチ基礎講座&火星ws♦場所:JR・西鉄千早駅東口より徒歩3分の某所♦金額:5千円♦内容第1部nico心理占星術 プチ基礎講座天体と私をつなぐ天体の象徴理解と人生への生かし方第2部 nico 「次なる未来ビジョンと自分の個性再発見 私の好きを未来に持ち込む」水瓶座火星期に必要な事不動サインと火星力のお話第三部 nico&みねんこ(私:宮川千春も飛び入り参加)シェアタイム●火星を使うとこんなに自由、こんなに楽しい!サインごとの振り返りややりかたの紹介。12サインをサイクルとして見ること、体感する事。●みんな聞かせてチャレンジして事、最中の事、大変だったことについて話してみよう!これからのワクワク、ドキドキするを考えるその時に不安や恐れとなる障害は何か、其の障害を明らかにしてリリースしよう参加ご希望の方は、下記までご連絡下さい。皆様のご参加お待ちしています。chiharu602290625@gmail.com

      4
      テーマ:
  • 23Jun
    • 2018年夏至と星の動き

      一昨日22日は、早いもので夏至を迎えましたね。先週土曜日は、毎月恒例の福岡占星術研究会で、昨日はTNC文化サークルの占星術講座でした。5月の終わり頃の射手座の新月辺りから、コミュニケーションの量が、半端なく多くなっています。ちょうど水のグランドトラインが、その頃から形成されてきた影響も色濃く感じます。その頃は金星、木星、海王星に冥王星が絡んだカイトの図形が出来ていて、蟹座の金星が象徴する出来事の暗示。その後双子座の新月を経て、今は蟹座の水星を頂点としたカイトが今週は形成されていました。水星と冥王星のオポジションのピークは今日で、カイト図形は徐々に解除されて行き、7月に入ると今度は太陽が参戦してきます。水星と冥王星の組み合わせは、徹底した目的意識や執着に関する事を目的意味します。このオポジションを目的に、心を1つにした仲間の集結においてのコミュニケーションが繰り広げられるイメージが浮かび上がります。昨日は前述したように、文化サークルの講座が夕方から開始されましたが、少し早く来られた方に、上記の水星を頂点としたカイトがどう現実に現われているかを、カウンセリングしながら確認していくと、くっきり出来事として現われていました。星の動きとその象徴を、現実の動きと関連して結びつけて、1つひとつを考察していく。1つひとつ鍵を解除して、謎を解くように考察を深める。占星術の面白さです。昨日の講座は、しばらくお会い出来なかった方々が集結されて、仕事や結婚など、人生の転機を決定したり、直面したり多岐に渡る題材をテーマに、いつも以上に熱い講座となりました 笑今は土星と天王星がトラインを形成していて新旧世代の融合の時代ですが、昨日の参加者でもっとも若い方は、土星と天王星、海王星が山羊座世代で、そこに現在土星と冥王星が山羊座に入っています。サターンリターン、土星回帰と同時に冥王星の洗礼を受ける世代。山羊座土星、天王星コンジャンクションの1988年から1989年世代を、新旧交代の最後の旧世代と考えると、それ以降の世代は新たなる時代を担うトップランナー。その時代の狭間を担う若者達を、究極や生死を意味する冥王星がサターンリターンの時期に超変革を促す。この星の動きは次の新しい時代を担うこの世代の、器の大きさ、担うものの重大さ、重厚さを感じさせる配置だと感じて、頼もしい限り。様々な世代の人生模様を、客観的に継続して共有させてもらって、何か役立てる存在になっていけたらと願った昨夜の幸せなひと時でした。

      3
      テーマ:
  • 22May
    • 5月の占星術研究会

      先週土曜日は、毎月定例の研究会でした。午前中は、基礎的な知識を午後は、実例や、具体的な物事の星の動きを検証していきますが、今月は、ゲストに来ていただいた方を、徹底分析させて頂きました。今月来ていただいた方のホロスコープは、前々から頂いていて、それはアングルがとても強調されている印象深い配置だったので、どんな方なのかお会いするのが楽しみでした。お会いして、早速ホロスコープを出すと、、研究会のメンバーさんたちは、やはり早速興味が高まったようで、瞳がキラキラ、やっぱり実例は、とても理解が高まるというのが実感。出生時間も正確なので、印象や特徴も詳細につかめます。その方の、家庭や、仕事や、時期的検証などなど、ほんとに細かく話して頂いたので、驚くほど占星術のセオリーに匹敵するものが、その方の場合は多々確認出来ました。新しい発見もあり、やはり1人の方を深く分析するのは、意義があり、興味深い。きっちりこういう機会のデーターを積み重ねて行こうとあらためて感じました。ホロスコープの分析希望の方で、福岡占星術研究会の場で、お話を聞かせて頂ける方はぜひご参加下さい。所で先週土曜日は、蟹座の月の日で、木星、海王星と水のグランドトラインを形成した日でした。おまけにこのグランドトラインに山羊座の冥王星が加わって、カイトという凧のような形を取っていて、感情が最高潮に満たされる豊かで、ロマン溢れる日とも読める。月は、とても速度が速く動くので、その日の運気は月の動きで見るんだけど、研究会のその日のホロスコープはとても印象的で、楽しみでした。そしてその日の日本時間の夜八時に、イギリス王室のヘンリー王子の結婚式が行われました。ダイアナ妃とチャールズ皇太子、そしてその子供たちとキャサリン妃のホロスコープを見た印象では、共通点として蟹座サインの強調が印象的で、ヘンリー王子の結婚式はその蟹座の月の日に水のグランドトライン。木星(豊かで位が高い)・月(大衆)・海王星(すべてを浄化する)と山羊座の冥王星(支配・権力・財)で形成された天空に広がる大きなカイトの日。イギリスでは、占星術が学問として認知され研究されていて、大学の学部としてきっちり存在すると聞いたことがありますが、そのことがとても納得できる日を選択されていて、驚きました。日本ではなかなか理解されない占星術ですが、占いではない学問としての認知を拡げるために、日々力を入れたいと思った一日でした。「身近に自分自身で実感として感じ取れる経験をすれば、こんな素晴らしい占星術を活用しない手はないよね」と、研究会のメンバーとその日心を合わせて語りあったのですが、水のグランドトラインの共感をしっかり手にした一日でした。

      テーマ:
  • 14May
    • 天王星の影響

      今日の福岡は、朝から雨模様でした。雨の日曜日も、ゆっくりできていいものですが、今日は朝から用事が満載で早起きをしました。ゴールデンウイークも終わり、牡牛座の後半に太陽が入りましたね、安定した過ごしやすい季節です。今日は母の日でもあり、ここ数年この季節は、子どもが結婚したお陰で、プレゼントを頂くようになっています。よく考えると、うちは息子しかいないので、母の日のプレゼントなどもらうことはごくまれだったのですが子どものパートナーの主導で、頂くようになったのがだいたい3年前で、そのころのトランジットの天王星は私の2ハウスの数度前でした。子どものパートナーは、牡牛座生まれでジャスト私の2ハウスに太陽を入れてくれています。(笑)牡牛座サインが無くて、生活の安定感や豊かさの面でチェックマークを持たない私が、年を経てプログレスの太陽がおうし座に入ったり、新たな牡牛座の近親者に恵まれたりしているんですが、よく考えると今の年齢期を示す出生の土星は山羊座サインでした。土のサインの補強が確実に行われているんだと実感します。そして天王星が先月末に牡羊座の29度に達して、次のサインのおうし座に移動するためにジリジリしています。私の2ハウスに現在その天王星がジリジリしてタイムアップ待ち中ですが、そこに対して私の出生の木星がトラインを形成しているせいか、金星がコンジャンクションした時は、突然の予期せぬ収入が、いくつもかさなって同じ日に入り、昨日、今日は水星、月が天王星にコンジャンクションで、驚くほどの多数のメールのやりとりが起こりました。サインの29度は、最終度数でありそのサインをやりきってしまう、ぶちまけ度数ということが関係しているのでしょうか、それにしても現象としてとても興味深く面白いので、授業や研究会などでも取り上げて話題にしています。天王星は7年間でサインを変えますが、そのサインやハウスにおいて確実に影響を与えているなと、実感します。人生上で、目立つ際立った転機は、やっぱり太陽・月・ASC・MCに関連しています。今週15日の牡牛座の新月、16日の天王星の牡牛座へのサイン移動、17日の火星水瓶座へのサイン移動のいよいよ直前になりましたが、もうその影響は十分出ているようで、固定宮の天体を持つ知人や友人から様々な出来事が昨日、今日で情報が驚くほどたくさん入ってきました (笑) 天王星は、未来へと繋がる新しい希望の架け橋です。狭い地域的な環境や考えに囚われた自分を、自由に羽ばたかさせてくれる新しい世界への切符です。30年以上生きてきた人は、検証してみると確実に実感できると思います。今週末は、福岡市東区で、毎月定例の占星術研究会を開催します。5月19日(土)午前10時から12時   午前の部 基礎         午後13時から」17時  午後の部  研究会参加費   午前のみ  2千円       午後のみ  7千円       午前・午後通し  8千円参加ご希望の方は下記まで、ご連絡ください。      chiharu602290625@gmail.com

      6
      テーマ:
  • 15Feb
    • コインチェック社長 和田晃一良さん

      2018年1月26日未明、仮想通貨流出という出来事が起こり、ニュースで大きく報道された。仮想通貨という言葉は、最近よく聞くようになっていて、私自身未だに全容の理解は程遠いが、国内外間で便利・手軽に使うことができるという初めの趣旨とは異なり、投機目的で始める人が多いとの説明を耳にした。私自身が人生後半に差し掛かり、この30年、いや45年くらいの世の中の常識の変遷を最近、より実感するようになった,この仮想通貨問題もしかりだ。その場その場で前を向いて生きてきたつもりでも、いつの間にか時代の狭間をどこかで超えていた事に、ある日突然実感するのは、老年期への階段が目の前に用意された、今この年頃なのだと気がついた。占星術でいうと、土星という天体が時間や時代、伝統、縛りや常識、古い人を表すとされるが、土星が12サインを1周するのが約28~29年、、自分の出生の土星上に土星が巡ってくる時期をサターンリターンと呼ぶ。約30年の道程の完全切り替えと考えていいだろう。。1回目のサターンリターンは生まれ育った環境での役割の終焉、新たな役割を背負い守り育てていくものを選択し切り替えていく時期となる。二回目のサターンリターンも、やはり役割の終焉と、孤独と自由の狭間で次は何を目指すのか、私にとっても興味深い時期となる。土星が29年を基盤とする、社会上の切り替え地点と考えると、58才前後で2回目のサターンリターンとなる。今まで1回目のサターンリターンの経験しかなく、占星術講座でも型通りの説明しかしてこなかったが、2回目を目前に控えて、またサターンリターンの新たな視点が開かれてきて、ある種のあきらめをも伴う新鮮な世界観を得たように感じた。遠近法のように、2回目、3回目の天体の周回は、たぶん螺旋階段上に立ち上っていくのだろう。そして新たな立場を終焉し、スタートし、その立ち位置からの視点で、物事を俯瞰しての深みと洞察力を加えていくのだと思う。前置きがとてつもなく長くなったが、表題のコインチェック社長の和田氏は、1990年うまれの土星山羊座世代で、まさに最初のサターンリターンを迎える時期である。彼のホロスコープをチェックしてみた。蠍座太陽月牡羊座固定宮5活動宮4柔軟宮1水4土3火2風1自らの感情を主体に、経験や感覚を帯同して世界を体感していく。占星術でまずは重視するライツ(太陽・月)は、月は牡羊座で、そのルーラーは火星、太陽は蠍座でまったく共通点がないサインだが、太陽蠍座の副ルーラーは火星で、共通している。面白いのは天体すべてが、互いに連動して余すところなく影響を与え合っているところだ。この意味は人生において、関連した物事で全体が、動き繋がりを生む。そして特徴は何といっても、蠍座に太陽・金星・水星・冥王星、そこに同じ不動宮の獅子座木星がアスペクトしているところだろう。蠍座は、他者の持ち物という象意があり、職業に関連すると金融機関とも関連するとされる。蠍座に集中した天体群には、投機をも意味する獅子座の木星のアスペクト。蠍座には、その主星の冥王星が位置し、これはこの世代が持つ死生観とも連動する。占星術には、ディスポジターという、天体が握る決定権を考察する手法があるが、彼の場合はこの蠍座冥王星がほとんどの決定権を握っている形をとる。(もう一つは山羊座の土星)ということは、その人生において何事も極端化した物事が浮上しやすいと考えられる、木星の獅子座という派手で注目を浴びる象意と、多くの人々が望む秘めた欲望、価値あるもの(蠍座冥王星)の組み合わせは、十二分に社会で注視されるだろう。極端化されるということは、そのスケールも無限大だろう。彼の出生図を動かすもう一つの天体集合は、火星双子座を中心とした月牡羊座と獅子座木星軍団。この中心となる双子座火星は、出生図において唯一の柔軟宮であり、唯一の風のサインでもある。出生図において、この孤立した天体の動きが鍵を握ることが往々にしてある。双子座火星と獅子座木星、牡羊座月の小三角は、生まれ持った資質を十二分に生かして、物事を作り上げるスクラムを組み、その双子座火星は、太陽・金星とタイトなマイナーアスペクト 144度を取り、もう一つのディスポジターを担う山羊座土星とも、144度(バイクインタイル)を形成している。太陽、金星は、土星と144度の半分の72度。この形はマイナーアスペクトではあるが、ソフトアスペクト(援助)で構成されるヨッド(神の指)を形成していて興味深い。彼の持つ旺盛な知性と好奇心や、迸る正義感、利便性の追求が、蠍座軍団と山羊座軍団を突き動かし時代の変革の波と繋がりを持つ。身近な集団やグループ、発展的な縁を示すとされるドラゴンヘッドは、みずがめ座の初期度数に位置する。水瓶座の象意は、最先端のもの、普遍性、電光石火、信頼、友愛、既存外の観念など社会の表舞台で、人を集める感受点のドラゴンヘッドが水瓶座初期にあり、裏社会を示すドラゴンテイルに木星がギリギリアスペクトしている点も、とても興味深い。まだまだ解決していないこの事件、これからどう動いていくのか。トランシット(現在の天体)がどう絡んでいるのか、明日はちょうど占星術研究会の日で、取り上げてみたいと思う。

      16
      テーマ:
  • 19Dec
    • 射手座の新月

      今回の新月、とても印象的でしたね。ずっと団子状態の天体が、射手座に集合し、牡羊座の天王星と繋がって、月の到着を待ちわびている光景。正確には、月は16日10時頃に射手座に入り、新月までの2日間は、さながら新月祭りっぽい状態が継続しました。この16日から18日までの2日間に、射手座が示す未来に向けての指針、目指すべきものに関して、これではいけないという意識の覚醒を自覚した方は、多かったかもしれません。土星は、過去2年間射手座に滞在し、その間に積み重ねて来た事を、つぎのサインの山羊座で、具体的に形にして行く流れですが、その前のこの新月前の2日間は、未来に向けての指針に関して、意識の覚醒を促すスイッチを押した大事な時間だったと感じました。20日の土星山羊座への移動前に、皆さんの心はどういう動きをしたでしょうか。私自身は、やはり今まで積み重ねて来たものに関して、カツを入れられ、意識の覚醒がはっきり起こりました。16日は研究会だったのですが、基礎講座が始まる10時にぴったり月が射手座に入ったのは、とても印象的でした。私はMCが射手座で、大体講座をする時は不思議と射手座の月の時間になる事が多いんです。何もスクジューリングしてるわけでもないのに、不思議ですが、そういう面白さは占星術の醍醐味の一つでもあります。

      4
      3
      テーマ:
  • 16Dec
    • 福岡 占星術 第2回 千早研究会

      今日の福岡、しっかり寒かったです。みなさま、いかがお過ごしでしょうか。今日は、先月蠍座の新月に始めた、占星術 千早研究会の2回目でした。急遽今月から、リクエストもあり、午前中は占星術の基礎講座を行うことになりました。びっちり2時間、些細な事から最小の基礎の基礎をこれから一年以上かけて理解して頂く時間です。私自身も、基礎講座は両手の指を合わせた数を超えて受講し、その後自分自身で基礎講座をやはり多数開催し、重ねてきました。その過程で、基礎が本当に大切だと実感してきました。理解しているつもりでも、数回基礎を受けた位では、真の理解とは、ほど遠いとつくずく実感しています。そして、基礎部分を学び、かつ教える事が今は一番大好きで、楽しいです。噛みしめるように、その部分を繰り返す事により、いろんな事が繋がって、膨らみを増します。年や、経験を重ねるごとに、この部分は自信をもてるものに変化しています。占星術の言語を使って、やりとり出来る世界や、場所、仲間を育成する事。それによって、フラットな横の繋がりを作り、研究を深めて行きたいですねー午後からは、研究会でしたが、懐かしい方や、新しい方達を交え、和気藹々。今回メンバーの太陽が、全員不動宮揃いだったのは、面白い現象でした ^_^2年前に、始めた講座のメンバーは、柔軟宮揃いだった し (・_・;2年前は、柔軟宮が強力な配置で今回は、今年から来年にかけて、不動宮が強力な配置になるし世の中の情勢によって、集中するメンバーが異なるって面白い。まぁ、考えてみると私自身も統治星は、蠍座だし、不動宮の天体は4つ持ってる。自己のその時の気分や、内面を示すプログレスの太陽と月も今牡牛座にあるし現在の経過のノード〔集団、グループの意味あり〕も、不動宮にあるしね。その影響受けまくりの不動宮祭りメンバー勢揃いの本日開催、福岡 占星術 研究会でした。次回は、2018年1月20日 土曜日。毎月第3土曜日です。基礎を理解しているか、確認したい方や、星の動きに興味をもたれた方は、ご参加下さい。

      1
      テーマ:
  • 21Nov
    • 月は、三日月へ、

      新月から、月は徐々に三日月に向かっています。月の姿が大きくなるにつれ、新月に始めた事が徐々に前進し始める時です。月は、感情や肉体を司る星でもあり、だいたい2日半で、一つのサインを移動します。体調の変化や、感情の変化は、だいたい月のサイン移動の周期と連動していると考えられています。体調が悪くても、回復するのに3日前後かかりますし、物事への感情の持続も三日坊主との言葉が示すように、ほぼその位でしょうか。スタートさせた思いや、行動を、いかに継続させて行くかは、その辺りの時期の思い入れにかかっています。自分の思いを信じて、未来を念頭に前に進みましょう。今日の月は、射手座後半にあります。同じく射手座にある土星と月は、午前中にコンジャンクションを形成。水星も射手座後半で、ステリウムを構成。射手座サインは、遥か外側にある未知の世界に思いが果てしなく広がり、向上心が高まる配置。故に、身近な場所には注意散漫になってしまう気配が生じる可能性。この配置は、魚座後半に水星を持つ私には、とても危険な配置 (・_・;おまけに魚座前半に太陽、アセンダントを持ち、トランジットの海王星が、ずっとその上に張り付いて動かない状況なので、余計に要注意😥分かっているのにも関わらずに、意識が飛びます😥昨日も、気をつけているつもりにも関わらず、小さな?事を見逃し、危うくたいへんな事になるミスをしました↓ ( ; ; )しかし、寸でのとこで、木星蠍座さんの助けが入り助かりましたが、気分は落ち込み気味です。朝9時台に今日の月と土星がコンジャンクションになり、今日は少しずつ距離をとって行くので、心は回復に向かうと信じて頑張ります٩( ᐛ )و午後四時台に、月は山羊座へ。火のサインから、土へ柔軟から、活動へ現実的な成果を重んじる山羊座の月へと、無意識的感情がシフトします。アンテナを立てて、心の耳をすませてみましょう。

      6
      テーマ:
  • 20Nov
    • 蠍座に木星が移動して、感じた事

      蠍座新月の日に、スタートした研究会。その日にスタートしたのは全くの偶然で、故意に決めた訳でもなく、新月の日しかないので、その日になってしまったのですが、面白い事に、蠍座の太陽で、他たくさん蠍座に天体をお持ちの8ハウス強調の方の参加で、トランジット蠍座木星の影響をまざまざ感じました。 ^^蠍座さん今から一年、主役ですね〜 私は魚座強調タイプで、水同士で繋がる保持する関係ではありますね。 ただし私の場合、月、金星、火星が火と風なので、太陽に関する事で、という前提です。太陽の説明をする時にいつもいう事は、自分自身が全面に立って立ち向かう、逃げられない状況、一人で真正面で立ち向かう。 自分独自の持つエネルギーを、独力で顕す時に、太陽を使うと、占星術では表現することがあります。仕事で、太陽を使うとは限らず家庭やボランティアで使う人もいるでしょう。自分独自のエネルギーを、一人で立って外に向かって表現し、外からの評価を得る事。これまで占星術を学んで、体験し実感した答えです。話が逸れましたが、再び木星へ昨日林修さんが、テレビで言ってた言葉が、「本当に大切な人とだけど繋がればいいんだよ、小中学校の友人が必ず必要な訳ではないから、無理して繋がる必要はない」と発言。この言葉も蠍座を思わせるキーワード。このようにアンテナを張り巡らせる事で、天体のサインが変わると、面白いように飛び交う言葉や、注目されるものが変化すると感じます。 ^ - ^今日もう一つ注目したのが、西郷隆盛。またまたふと聞いたテレビの声。西郷隆盛が、亡くなった時に大きな星が夜空に輝いていて、その星を西郷星と語り告げられているらしい。 ロマンを感じて、鹿児島の大島紬を作る職人さん達が、その星をイメージしてデザインしたものを、パリ博覧会?に出品する予定。調べてみると、その頃地球に最接近してた星がなんと火星だった。 熱くて赤く燃える星火星は、戦いや攻撃、行動を司る能動的な社会天体。西郷隆盛の生まれた時のホロスコープを見てみたら、蠍座に火星で、火星が強力な配置で、蠍座には木星も配置。時代を示す冥王星は、牡羊座で火星とは、ミューチュアルレセプション。守護星交換されている配置で、すごい!彼の生涯は、この二つの天体が如実に表している 戦いと、どん底、一発逆転の世界。 年齢期で考えると、火星は35才位からに相当するけど、彼が数々の辛酸を舐めて、活躍し始めたのが、この辺りの年齢から。太陽は、革命を意味する水瓶座にあり、もっとも激しい最初辺りの度数に位置し、すぐ側には、水瓶座の支配星の天王星がコンジャンクション。 彼が亡くなったのは、その水瓶座の支配星の天王星のサイン移動の周期と合致する、49才。 亡くなった月に最接近で、夜空に赤く輝いていた西郷星と伝えられる火星。まさにロマンと呼ばれるに相応しい。

      5
      テーマ:
  • 15Nov
    • 今日は天秤座の月

      今日の福岡は、晴天、朝から気持ちが良いです。今日は対人関係を示す天秤座に、月があり水星、火星、冥王星とアスペクトしていきます。細かい案件を、素早く処理して行く日ですが、対人関係で熱くなりやすい日でもあるので、言葉の端々に注意しましょう!クレームにならないように。この日こじれると、後々まで継続し、打撃が大きい可能性。前々から、胸に抱えていた事があれば、表面化する事により、問題解決の方向に進むでしょう。恋愛や、人間関係では、嫌いだった人物の意外な一面に気づき、一発逆転して興味を引きそうです。忙しくなりそうな日ですが、今週プライベートは密度の濃い日々が、待ち受けています。今日も1日笑い飛ばして、過ごしましょう!

      1
      テーマ:
  • 14Nov
    • 鑑定のお知らせ

      11月18日土曜12月16日土曜AM10時40分から12時に、西洋占星術にて鑑定致します。ご希望の方はお知らせ下さい。先月毎年移動する、成長を司る天体木星は、蠍座へ移動し、来月20日には、2年半で1サイン移動する習得を司る土星が、山羊座サインに移動します。石の上にも三年のことわざ通り、その習得の終わりとスタートが、近ずいています。来年どう動きたいのか?過去三年の総括を星の動きで、確認するには良い時期です。場所は、福岡市東区千早です。料金は、30分 4千円 60分 7千円ご希望の方は、chiharu-229@@hotmail.co.jpまでご連絡下さい。@を一つ削除して送信下さい。

      2
      テーマ:
  • 13Nov
    • 東京へ

      平日に、法事で東京に行って来ました。久々に会う従兄弟とそのパートナー、叔母、弟、甥っ子など、普段遠く離れて日常では会うことが殆どない人達と、懐かしい会合。 年を重ねる度に、日常の大切さが身に染みるようになってきた。それは、イコール時間の貴重さをとてつもなく実感してきたからだと思う。本当に大切な物は、何なのか。 今回空いた時間に、武蔵野市の井の頭公園を散策して、園児たちの元気なエネルギーを浴びながら考えた東京の隙間時間だった。木星が蠍座に入り、命にスポットライトが当たっていると感じるニュースが多い。現在魚座にある海王星と、来月下旬に山羊座に移動する土星と、その蠍座木星が手を結び、さらに人々の意識を拡充して行くのだろう。

      1
      テーマ:
  • 06Nov
    • ドラゴンヘッドと、ドラゴンテールについて& 占星術研究会参加者募集の再度お知らせ

      ドラゴンヘッド、テイルとは太陽の通り道の黄道と、月の通り道白道の交点です、別名ノードとも言います。架空の感受点で色々な説がありますが、このノードに、天体が絡むことにより人間関係の変化、転換、転機が確かに起こる事が多いと私は感じます。私の場合は、このノードが、1-7ハウスにあり、Mcとスクェアを形成し、3.4.7ハウスという軸のルーラーとほぼ正確に近い度数で、ノードが重なっていることもあって、如実に人間関係に出てきます。私の周囲の縁ある人びとは、私のノードの二つのサインに、太陽や月、Mc.ASCを持つ人びとばかりです。 (・_・;母は太陽を、夫は太陽と月を、子供たちは、太陽、月、ASCが、私のノードのサインと同じです。あとは友人や、叔父、叔母、縁ある方がたは、たいていあてはまります。 笑面白いことに、私には幼い頃別れた父が居たのですが、父はこれにあてはまりません。親子に生まれても、縁がなかったということでしょうか。その父と別れた頃に、私のノードと、経過の天王星と冥王星が、コンジャクション。その時、母の太陽もコンジャクションして居ました。 私のノードは、Mcとアスペクトしているので、ここに土星が7年毎に、絡んで来るとたいてい仕事上の変化や、転機が起こっていますし、人間関係で、問題が勃発しています(≧∇≦)そして、このノード辺りに火星が来て、同時に土星が絡むと、不愉快な事が大体起こります。 ノードが1-7ハウスにあるから人間関係に特に出やすいし、しかも私は1ハウスに重要な天体を三つも持っていて、7ハウスに激しい天体が入ると緊張関係を生じる配置となります。このノードの配置が異なると、どういう形で物事が起こるのか興味があります。ただノードが重要な感受点と接触してなければ出方は、かなり抑えられると思います。この縁や、グループ、集団を意味するノードがトランジットや、プログレスでどう出できているのか、研究会で、長く検証して行きたいテーマの一つです。今年、年内は、今月11月18日土曜日と、12月16日土曜日に、東区千早で占星術研究会を開催します。まだ残席3あります。星の動きの仕組みの奥深さを、広く知って頂きたいです。 参加希望の方は、下記までご連絡下さい。chiharu602290625@@gmail.com@を一つ削除して下さい お名前生年月日出生地、出生時間ご連絡先をお知らせ下さい。ご参加おまちしています。

      7
      テーマ:
  • 05Nov
    • 牡牛座の満月の日に

      昨日連休2日目の11月4日は満月でしたね。満月の数日前から夜空に輝く月が光を増して、連休前のワクワク感を一層後押ししてくれるようなパワーを感じたお月様でした。正確に満月を形成するのは、14時過ぎでしたが、昨日の福岡は、一種独特の雰囲気を醸し出した一体感を感じました。そう、昨日は福岡の球団 ソフトバンクの優勝がかかった試合が、お膝元の福岡ドームで繰り広げられていました。どこでも、大抵この試合の放映が写し出されていて、満月ならではの高揚感が立ち込めているのをムンムンと実感 ^ - ^しかしこの満月の日に優勝を決めた、ソフトバンクスは、さすがです、というかジャストタイミング、筋書き通り、星の導きでしょうか満月は、満ちるタイミングの時.結果や、決着、重要な節目がやってくると言われています。生きるものの感情が、高揚しやすいタイミングでもあります。昨日は、生物全般のあらゆる積み重ねにおける臨界点だった訳ですね。牡牛座と蠍座での満月、双方固定宮ということで、それなりの時間の積み重ねの中で生じるギフトをイメージできます。具体的で、極めて現実的なギフトを意味する綱引き状態の満月と、魚座12ハウスに位置する海王星はピタリと繋がっています。受け取り、差し出し、分かち合い、双方での個々の臨界点を経験した後に、真に大事なかけがえのない何かを見出す流れを、星は示唆しているのかもしれません。12ハウス、魚座海王星。日常から切り離された世界に暫し浸る、大切な何かを見出し、現実に繋がりを得ることで、人の心も満ちるのかもしれません。ちなみに我が家の愛猫凛。昨日は、日中眠る時間にも眠らず、感情が高ぶっているように見えました。狭い家の中で、エネルギーを使い切れずにジレンマを抱える様をみると、考えさせられる事が多々有ります。

      4
      テーマ:
  • 26Oct
    • スタート・始まりの時間

      出生図は、個人の始まり、スタートの図です。常に動き移動している天体達の、その一瞬を切り取った天体模様。自分だけの印・紋様のイメージ。占星術の好きなところはそこですね。すべてのものは同じパーツをそろえていて、究極的には同じだけど、考えや価値観、目的は様々、個性はみんな違ってそれがいい。共存共栄。理想主義かもしれないけれど、占星術を学ぶ意義はそこにある。細かな運勢の上下や、個人の欲を満たす事メインの占星術ではなくて、自他を客観的に眺めて、自他を肯定し、すべてのものの尊厳を肯定することを占星術は示していると思う。私は占い師には向いてないなと思うのは、そういう考え方に原因があって、占星術を学ぶ会を主宰することを志向するのは、他者との継続的な繋がりによって、自分だけでは得られない実践的な確かな知識を、共有し、広げていきたいという目的意識によります。先日、久々に東京への占星術講座に参加したのですが、たった1日だけというのもあり、周りの人との接触が非常に一見さん的で、ものたりない感がありました。出生図も、一見さん的な繋がりでは理解するのは難しい、ということを今まで多く感じてきました。明日は、月1回の飯塚の西日本文化サークルの占星術講座の日です。この講座は、すでにスタートから2年半経っています・少し遠方にあり、こんなに継続するとは当初は想像していなかったのですが、皆さんが難しいながらも、楽しんで星に興味を持って頂いているので、私としてもやっていて楽しい会になっています。今は、二十代、三十代、四十代、五十代と各世代がそろっていて、それでいてざっくばらんで緊張感がない、熱気あふれるクラスのメンバーです。このクラスが始まった時の瞬間の、ホロスコープを見るとMCは獅子座、太陽は7ハウスおうし座にあり、月は9ハウス蟹座で、6ハウスと、3ハウスの天王星、冥王星とTスクェアを形成。9ハウス月が、サークルメンバーを表して、向学心の高さを示している。MCも太陽も不動宮で、継続していこうとする。mc獅子座は、火のサインで精神性を重視し、自他肯定の世界観を持つ。物事のスタートした瞬間の星の配置図を私は、よく見るのですが、なかなか興味深いと思うことが多いので、お勧めです。

      2
      テーマ:
  • 21Oct
    • 天秤座の新月と、台風と、選挙

      最初にお知らせです。前回お知らせしたように占星術研究会を,来月から毎月第三土曜日の午後に開催致します。連絡先の新しいメルアドは、chiharu-229@@outiook.com(@を一つ削除して送信下さい)天秤座の新月が、20日に起こりましたね。今回の新月の特徴は、天秤座の二重、三重の強調です新月図では、アセンダントも天秤座、1ハウスには、天秤座のルーラーの金星もしっかり参戦しています。他者との関係性をなによりも重視し、パートナーシップを通して物事を見つめ、心地よい価値観を通して人生全般を創造して行く天秤座。後半度数で起きる新月ですので、その類い稀なる審美眼を最大限に生かして、さらなる飛躍を目指して活動をスタートさせる時期となります。新月に対し、天王星がタイトに絡んでいます。どちらもサインの後半度数で、待った無しでの集大成を促しています。道無き道を見据えて、前に進む勇気を持ち、新たな世界の扉を開ける為のアクションを起こしましょうと星は説いているようです。天秤座に感受点がある方だけではなく、上記の意味は、全ての生きるもの、存在する物に共通してエネルギーが行き渡ります。影響の分野、大小は異なりますが、占星術は共時性を大前提に考えるので必ず世相だけではなく、ミクロの世界にも行き渡ります。今回の新月辺りの現在、日本列島を選挙や台風が関連し、大旋風が吹き荒れているのも星の象意そのものの様に思えます。 ^^私事ですが、今回の新月と、天王星に対して10ハウスの射手座木星がタイトなアスペクト。占星術の勉強の為と、占星術を愛されている方達との出会い=天秤座、を求めて、久々に東京へと向かっています。明日一日しか参加出来ませんが、楽しみの為に行動しました。新里ひろきさんの、心理占星術講座です。どんな出会いが待っているか、明日が楽しみです。

      1
      テーマ:
    • 天秤座の新月と、台風と、選挙

      最初にお知らせです。前回お知らせしたように、占星術研究会を来月から、毎月第三土曜日の午後に開催致します。連絡先の新しいメルアドは、chiharu602290625@@gmail.com(@を一つ削除して送信下さい)天秤座の新月が、20日に起こりましたね。今回の新月の特徴は、天秤座の二重、三重の強調です新月図では、アセンダントも天秤座、1ハウスには、天秤座のルーラーの金星もしっかり参戦しています。他者との関係性をなによりも重視し、パートナーシップを通して物事を見つめ、心地よい価値観を通して人生全般を創造して行く天秤座。後半度数で起きる新月ですので、その類い稀なる審美眼を最大限に生かして、さらなる飛躍を目指して活動をスタートさせる時期となります。 新月に対し、天王星がタイトに絡んでいます。どちらもサインの後半度数で、待った無しでの集大成を促しています。道無き道を見据えて、前に進む勇気を持ち、新たな世界の扉を開ける為のアクションを起こしましょうと星は説いているようです。天秤座に感受点がある方だけではなく、上記の意味は、全ての生きるもの、存在する物に共通してエネルギーが行き渡ります。影響の分野、大小は異なりますが、占星術は共時性を大前提に考えるので必ず世相だけではなく、ミクロの世界にも行き渡ります。 今回の新月辺りの現在、日本列島を選挙や台風が関連し、大旋風が吹き荒れているのも星の象意そのものの様に思えます。 ^^私事ですが、今回の新月と、天王星に対して10ハウスの射手座木星がタイトなアスペクト。占星術の勉強の為と、占星術を愛されている方達との出会い=天秤座、を求めて、久々に東京へと向かっています。 明日一日しか参加出来ませんが、楽しみの為に行動しました。 新里ひろきさんの、心理占星術講座です。どんな出会いが待っているか、明日が楽しみです。

      1
      テーマ:
  • 20Oct
    • 研究会のお知らせ

      研究会への参加にかんして、ホットメールのアドレスに送信できないとのご連絡を頂いています。取り急ぎ研究会の日程だけお知らせ致します.毎月第3土曜日の午後12時半から17時。会費7千円場所は、東区千早です。詳細はお申込み頂いたあとにご連絡いたします。あらためて、連絡先を告知いたします。よろしくお願い致します。

      テーマ:
  • 13Oct
    • 福岡 占星術研究会

      ...............................................................かねてから、福岡市内で、占星術を愛好する場を作りたいと思って活動を始め、そろそろ8年目、来年には9年になります、月日が経つのは早い!占星術には、人の一生を考える時に年齢期という考え方がありますが、活動を始めたときは中年の星木星期の年齢だった私が、いまや思秋期を過ぎ老年期に向かう土星の年齢になりました。年を重ねるにつれ、その立場にならなければわからないこと、感情や思いがたくさんあるのだと日々実感しています。人生は思いのほか短い、だからこそ占星術を通じて、前向きな人生を歩む対話や交流を重ねていける場を提供できたらと思います。11月から、定期的に月に一回占星術研究会を開催していこうと思います。新月や満月、日食や月食など、日々移り変わる星たちと、世の中の動きや個人の性格や運命がどう共鳴しているのがなど、星の動きの仕組みを正しく、正確に広く知って頂けたら、ご自分や周りの人々への愛や信頼のレベルアップを図ることができると思います。占星術を愛好する方々との出会いの場を福岡に…今月木星が蠍座に入りましたし、まずは研究会仲間を募集いたします。第一回目はまだ未定ですが、11月の第一か、第二土曜日を予定。基本的に開催日は、土曜日で、時間は13時から17時まで。会費は、7000円です。場所は、福岡市東区のJR&西鉄千早駅近辺を予定。ご希望の方は、下記アドレスまで、ご連絡下さい。chiharu-229@@hotmail..co.jp (@を一つ消して送ってください。)急ですが、10月14日(土)時間10時~13時、会費6千円。今年後半から来年初めの星の動きと、縁と相性を占星術で考えるテーマで、研究会プレオープンを考えています。とても告知が急なのですが、💦、もしご希望の方がいらしたら、上記アドレスまで、ぜひご連絡ください。

      7
      テーマ:
  • 12Oct
    • 福岡 占星術研究会 with カフェ

      10日に木星が蠍座に入りました。天秤座から蠍座へ。風のサインから、水のサインへ。活動宮から、固定宮へ。客観性、関係性に肩入れしない天秤座から、激しい感情の世界への船出となるこれからの1年となります。あらゆるものごとを、限定し集中し、集約する流れですので、研究活動にも追い風が吹きます。土星が、いて座に入ったこの2年あまり、私事ではプライベートで大きな節目を迎え、広げていた活動範囲を絞りこみ、外から見れば歩みを止めたように見えたかもしれない日々。。しかし振り返ってみると、私的などん底をふたたび体験し、自分自身を見つめなおせた。その中で、歩を止めずに限定した活動を継続してきたこの2年が、占星術を研究するという分野での自分自身への信頼を持つことができました。あくまで他者からの評価ではなく、自分で道を確信できたという土星からのプレゼントです。で、そろそろ活動をひろげ始めようと思います。詳細は、後程。

      5
      テーマ:

このブログの読者

読者数: 101

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス