雨のBROMPTON LOVERS MEETING Vol.1 しまなみ海道 (その1) | カメラと自転車が好き(#^ー゚)v

カメラと自転車が好き(#^ー゚)v

ニコンD40&D90とV1、リコーGR DIGITALⅡ&CX4を相棒に折り畳み自転車・Brompton(ブロンプトン)M3Rで色んなところを散策しています。 時々ホンダの小型スクーター、リード110でもお出掛けしたりします。


テーマ:
雨のBROMPTON LOVERS MEETING Vol.1 しまなみ海道



行って来ましたよ!
なおさん、六甲太郎さんと一緒に3月20日の春分の日に開催されたブロンプトンだけの走行イベント、BROMPTON LOVERS MEETING(以下、BLM)へ。

日本のサイクリストの「聖地」として人気があるしまなみ海道をBromptonオーナー達が集まって走ろうではないかというこの企画、随分前から調整して望んだのですが、なんと天気予報は雨・・・。一体この先どうなる事やら・・・。今回は悪天候が予想されるのでカメラはリコーのCX4を持っていきました。



  ー+ー+ー+ー+ー+ー+ーー+ー+ー+ー+ー+ー+ーー+ー+ー+ー


3月20日の午前8:30に四国の今治にあるサンライズ糸山に集合なので前日入りしなくてはなりません。
もちろん19日は仕事ですので、それならば・・・ってことで仕事が終わってから急いで大阪の南港から午後10時に出るオレンジフェリーに乗り込んでしまえばあとは船内で寝ている間に東予港に朝の6時に着岸しますから余裕で現地入り出来ますね。おまけに安いですし。

ということで、ほぼ定時に仕事を終わらせすぐに着替えて、Bromptonを輪行し南港のフェリーターミナル駅にいそいそと向かう事にします。
するとなんとフェリーターミナルには主催者のブロンプトン・ジャンクション・神戸のオカモト氏だけが居る状態で参加者はまだ規定内との事。意外と皆さんゆっくりなようで。
大阪南港フェリーターミナル待合室


オカモト氏と待っていると続々参加者がやって来ました。ローロ大阪のアキヤ店長もここで合流。
同じルートで参加するのは約20数名。
ですので団体割引を適応してもらってお得に乗船出来ました。

四国まで今夜お世話になる「オレンジ8」。
全長156メーター、9975トン、旅客定員(通常)750名で結構大きいですね。
オレンジフェリーに乗船!



これはオレンジフェリーの船内。普通に綺麗です。船内の大浴場はサウナも付いておりゆったりできて快適でした(晩と翌日の朝も入りました)。
オレンジ8 船内ロビー



参加する皆さんはいいお部屋を選んだようで、わたしたち三人は2等客室(いわゆる雑魚寝部屋)。
ですがこれが意外な事に3人だけで貸し切り状態!25人程入れるスペースなのにこれは贅沢ですね。
船の売店で買ってきたお酒やおつまみを3人で囲み夜は更けてゆくのであります・・・。
2等客室


  ー+ー+ー+ー+ー+ー+ーー+ー+ー+ー+ー+ー+ーー+ー+ー+ー



そして朝、定刻通り東予港に到着。さっそくBromptonを出し展開します。
上陸記念に一枚。幸い、まだ雨は降っておりません。
東予港にて



港から隊列を組んでJR壬生川駅まで自走します。

・・・が、途中で道を間違え、玉之江駅に到着。
そのため乗る予定だった電車に間に合わず小一時間駅で待機しました。
ホームで付近にいらっしゃった方のBromptonのカラーリングが「抹茶小豆」カラーでした。
個人的にはそれぞれスゴく好きな色だったのですがまさか存在するとは!
玉之江駅にて列車待ち(JR四国予讃(よさん)線)


時間が有るので なおさんと六甲太郎さんはコンビニまでひとっ走り、ご当地オニギリを買って来ていましたね。
わたしは持参したゼリー飲料でお茶を濁しました。
なおさんの朝ご飯。ちょっと変わったコンビニのおむすび。



今治駅ではブロンプトン・ジャンクション・神戸のナカ店長率いる神戸組の面々と合流。
JR四国の予讃線は今治駅からはほぼ貸し切りです (; ^ω^)


波止浜駅で下車、Bromptonを展開です。見渡すとものすごい数のBromptonです。
わたしのBromptonと同じような色のイベントとは全く関係のないママチャリが偶然横にあるのが可笑しい。
波止浜駅でBromptonを展開です。
  


次に向かったのはサンライズ糸山です。
ここでローロ福岡のオオイ氏が率いる九州組が先に到着し待っている状態でした。これで参加者全員が一同に集まった訳で、その数は60名を優に超えておりました。各自、名札を自転車に取り付けたり、サイクリングチケットを購入したり、自転車談義に花を咲かせたり、トイレに行ったり。
ここから見える来島海峡大橋に期待が否応にも膨らみます。
サンライズ糸山にて来島海峡大橋を眺める



しまなみ海道サイクリングロード案内図



わたしは東京から参加しているパレスサイクリングで活躍中のかぶきあげ女史とここでご対面。
そして、気になる雨はまだ降っていません。きっとダイジョウブ。
集合場所、サンライズ糸山



サンライズ糸山から全員で次の目的地伯方S・Cパーク(道の駅マリンオアシス はかた)まで走ります。
振り返るとずらーっとBromptonが続いていますね。
ああ、天気さえ良ければなあと誰もが思ったことでしょう。
いよいよスタートです



こんな素晴らしい景色を楽しみながら走れるのが「しまなみ海道」の醍醐味なのですから。
来島海峡大橋から



瀬戸内海の美しい風景。
瀬戸内海



雨がいつ落ちて来ても大丈夫なように対策はやっていますが・・・。
雨が・・・



大島に上陸



インフラは整っており、道路にあおいラインがずーっとひかれております。
これに沿って進んでいけば迷わない仕組みになっています。道案内はしっかりしております。



しかし、写真を撮るために上り坂の途中で何度も停車したり18日の深夜残業、19日の慣れぬフェリー泊で殆ど寝ていない身体には普段はなんて事が無いちょっと上り坂がじわじわボディーブローの様に効いて来ます。
おまけに年末から発症した右腕のテニス肘の状態が宜しくなくなおさん、六甲太郎さんに置いていかれる事となります。
しまなみ海道走行中



でも独りになっても心配無用、道案内もしっかりしているんですよ。
標識もしっかりしている



海も綺麗ですね。しつこいですが、天気さえ・・・。
水もきれいです



向こうに見えるは伯方・大島大橋。次はあれを渡ります。
記念撮影



だいたい橋の高さは50メートルくらい有るのでしょうか?
そこまでスロープに沿ってえっちらと登っていきます。
伯方・大島大橋



登りきった所で 待っていてくれたなおさんと六甲さんと合流。
一気に橋を渡る事にします。
伯方・大島大橋




橋を渡って行くと左手の先に集合場所の伯方S・C(伯方ビーチ)が見えます。
伯方ビーチが見えます



めざせ伯方S・Cパークなのであります。
めざせ伯方SCパーク


その2へ続く。


宜しければ。⇒ 『カメラと自転車が好き(#^ー゚)v 』人気ブログランキングへ

にほんブログ村 自転車ブログ ミニベロ・折りたたみ自転車へにほんブログ村ペタしてね




かずっちさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス