生き方、利春譚(タン:物語)no3 両親のしつけを語る(挨拶と礼儀や新聞読み) | なんでも屋のブログ

なんでも屋のブログ

ブログの説明を入力します。

利春の両親についての話です。

お袋さんは、96歳で永眠されました。

 

素敵な方でしたね。

 

以下、利春が話した内容です。

 

利春のお袋についての一番の印象は、

挨拶と礼儀にきびしいことだ。

 

とくにお辞儀は、仕込まれたな。

 

よくみんなに言われるんだよ、

金山さんは挨拶の時には、

 

本当にかしこまった言葉を使うねって。

 

金山さん、

こういう言葉どこで覚えたんですかって。

 

子供の頃から親に仕込まれたんだ。

 

そういう几帳面な、本にあるような言葉を

つかうのはお袋にしつけられたわけだ。

 

だから、上棟式の挨拶とか、

お葬式の親戚代表の挨拶など、

 

そういった代表の挨拶の言葉は子供の

ころから本を読むうちに覚えたんだ。

 

お袋から頼まれて用たしに行くと、

こうして話すんだよって話し方を教えてくれた。

 

親父には、小学校の時、新聞の大きな見出し

を読むように仕込まれた。

 

見出しは漢字で、随分新聞で学ばされた。

 

親父から、新聞の見出しを、

これはなんて言うんだ、

 

これはなんて言うんだって何度も

聞かれたのを覚えている。

 

そういうことが今でもためになったんだね。

 

私の父、利春は、今年93歳になります。

8年前に、大手企業を退社し、子供のため、妻のため、両親のために、

地域に何ができるかとか?考えました。

ひとつ、父の人生をつづってみようと考え、

この利春譚(たん:物語)を作ろうと思いました。

どうにか出来たので、生きているうちに何か残したいと思いましたので。

連載となります。

内容は、インタビューでの記述となってること、ご了承ください。

 

仮想通貨ブログ

 

(良かったら、下記のブログ村、クリックに協力下さい)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

なんでも屋「ニコニコ産業」

にほんブログ村 その他生活ブログ 便利屋へ
にほんブログ村

なんでも屋「ニコニコ産業」ユーチューブのチャンネル!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

気になる話チャンネル、youtubeのチャンネル!
 

業務内容例;
ハウスクリーニング、
浄化槽保守点検業、
家内外困りごと相談対応、
栃木県縁結び事業(無料結婚相談)
NPO結婚を考える会「ありがとう」(婚活支援ボランティア)
ヒューマンライフコンサルタント

日光市出前講座・楽しい生き方(無料講話)


気になるサイト
遊びが仕事になる唯一の方法
最先端の権利収入AEアフィリエイトなら
EXPA次世代アフィリエイト始動中