(続きです~赤薔薇

 

さて、「名建築と歴史ツァー」を終えた私達は、

 

ひとまず別行動をすることにしました。

 

工学部出身の賢い友人は、

 

目的である工学部の学術的催し会場へ。

 

そして私は、1人でブラブラと娯楽系の催し会場を歩きました。

 

工学系の催し会場に行っても、

 

私にはサッパリ分からないだろうな~と思ったからですてへぺろ

 

 

そして3時に、再び友人と合流しました。

 

沢山歩いて喉が渇いたのと、人混みに疲れたので、


構内のカフェで一休みしトロピカルカクテル

 

その後、いよいよ安田講堂へ入りました学校

 

普段は、一般の人々は入れないのですが、


五月祭の時だけは開放されるのだそうです。

 

そして、五月祭の2日間は、

 

音楽系サークルの演奏会が行われている~と伺いました。

 

私達が入った時は、東大フィルハーモニーの演奏でした。

 

演目は、ベートーベンの交響曲第3番「英雄」です。

 

 

安田講堂は、2015年に改修が終わったのですが、

 

内装は、建設された大正時代のデザインを復元したのだそうです。

 

そのクラシックな内装と、

 

普通のコンサートホールよりも暗めの照明が、

 

ベートーベンの曲風と相まって、とても素晴らしい演奏でした。

 

午前中に、安田講堂が出来た経緯を、伺ったばかりだったので、

 

より一層、心に染みたように思います。

 

 

今回は、急に友人に誘われて、五月祭に行くことになったのですが、

 

誘って頂いて良かったな~と思いました。

 

工学部の学術的催し物に参加した その友人も、

 

「素晴らしかった~ビックリマーク」と、何度も言っていました。

 

それから、東大の学生さんは、みなさん親切で、

 

笑顔の素敵なイケメン君が多く、

 

「おおっビックリマーク東大の学生さんは、笑顔の偏差値も高いんだな~ルンルン

 

と、それもまた感動しましたニコニコラブラブ

 

 

以上、オバサン2人でも充分楽しめた

 

「東大五月祭」のレポートでした~ウインク

 

 

カエル音譜 読んだら、ポチッと応援してね~音譜

       下矢印

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村