大学で工学を専攻した友人が、

 

「そらみさん、東大の五月祭に一緒に行かない?


私、行ってみたい催し物があるのよ。」

 

と誘ってくれたので、


この週末は、東京大学に行って来ました

 

 

さすがに五月祭は想像以上の混みようで、
 

すっかり気後れしてしまったのですが。。。あせる

 

私達は「本郷の名建築と歴史ツァー」という企画に参加しました。

 

現役の東大生が、

 

構内の建物を歩きながら説明してくださるのです。

 

その時、「安田講堂」にまつわる話を聞きましたので、
 

御紹介したいと思います。

 

 

東大のシンボルとも言える「安田講堂」は、
 

安田善治郎さん(1838年~1921年)の寄付により建設されました。

 

安田善治郎は、安田生命(今は明治安田生命)の創始者で、
 

東京市に慈善事業費として300万円を寄附したり、
 

東京帝国大学に講堂建築費として100万円を寄附した篤志家でもありました。

 

しかし安田善治郎は

 

【名声を得るために寄付をするのではなく、陰徳でなくてはならない】

 

として匿名で寄付を行っていた為、


これらの寄付が行われたことは、世間に知られていなかったのです。

 

この陰徳思想は、善治郎の父親から譲り受けたもので、
 

人知れず黙々と善行を積めば、自然と人格が磨かれる~と云う教えでした。

 

 

そんな篤志家の善治郎が、大磯の別荘に滞在している時、


国粋主義者の朝日吾平が訪れます。

 

朝日吾平は、貧富の格差に矛盾を感じ、資産家に強い反感を持っていました。

 

そして、当時82歳だった善治郎に襲いかかり、殺してしまいます。

 

善治郎が「陰徳」として匿名で寄付を続けていたことが、


仇(あだ)となってしまったのです。

 

 

善治郎の寄付により、既に大講堂を建設していた東京大学は、


その後、善次郎を偲び、大講堂を【安田講堂】と呼ぶようになったそうです。

 

1925年(大正15年)に建てられた【安田講堂】は、


およそ100年経った今でも、東京大学のシンボルとして健在です学校

 

(安田講堂での音楽会の話に続きます~赤薔薇

 

 

励みになりますビックリマーク

応援、ポチッとよろしくね~ニコニコラブラブ

       下矢印

にほんブログ村 子育てブログ 第2次反抗期(思春期)へ
にほんブログ村