二胡ねっとブログ -5ページ目
2010年02月01日(月)

万里の長城

テーマ:ブログ

2月になって、ケンちゃんの梅が咲いたと思ったら、雪の結晶が降りました。雪


今頃の『万里の長城』は、さぞかし寒かろうよぶるぶるぶるぶる


長城は、山の稜線に沿って延々と続きます。

私たちは八達嶺から登りました。

中国各地から大勢の人が観光に来ていました。

二胡ねっとブログ-万里の長城

ありがたいカメラサイトを見つけました。パソコン男の子

万里の長城、紫禁城、頤和園など北京の主な観光地を

簡潔に・詳しく紹介してくれています。
http://www.joyphoto.com/japanese/abroad/2002beijing/banri.html


二胡ねっとブログ-鋭い傾斜

長城には急な階段がいっぱいありました。鹿タンチョウタンチョウして滑りやすいのです。

すなわち、サンダル×で、スポーツ


これよりもっともっと!狭くて急な階段もありました。

上り下りごちゃ混ぜになって押し寄せる人の波波
高いよ~怖いよ~危ないよ~ショック!あせる


にいはお・しぇしぇしか言えない私は叫んだ!咄嗟の英会話。

Keep the right, please! 泣く


私の叫びもどこ吹く風、寄せては返す大波小波。台風

そんな中、欧米人だよ!のおじさんがにっこり笑ってウィンクしてくれた。グッド!

それで、私もにっこり。気持ちが楽になりにけり。ニコニコ


天檀公園にも行きました。広かったすね~

中国は、ほんと、大きいものばかりだけれど、広かった~走る人

次回に続きます。


【びわじゃむ】



2010年01月27日(水)

ぱんだ・だ・ぱ・やっ!

テーマ:ブログ

北京動物園にはパンダがたくさんいました。パンダ パンダ パンダ パンダ音譜

たいていは何かの物体ぐぅぐぅだって、暇なんだもん。パンダの餌もらえるし。


子ども部屋は・・・・こんなことに!

二胡ねっとブログ-大熊猫

この子たちは、今頃は、上海にいるのかな?


違うよ。パンダ

万博の応援に行ったのは四川省臥竜パンダ保護・研究センターの子パンダ10頭です。

パンダパンダパンダパンダパンダパンダパンダパンダパンダパンダあせる

上海万博 http://jp.expo2010.cn/  2010.5.1~10.31

北京動物園のパンダたちは、今日も、パンダ ハート なことでしょう。


こちらは、動物園に来ていた子どもたち。

二胡ねっとブログ-子どもたち



動物園の入口ではサンザシの実を売っていました。

「さらば、わが愛 覇王別姫」の中で、京劇院の子ども一人と小豆子が

サンザシ売りの声を追いかけて院を出ていった場面がありました。

あのサンザシと、同じかな?

違うよ。パンダ

・・・同じかもしれないけれど、違うんだ。

二胡ねっとブログ-山査子



東京芸術劇場で見る京劇。芸術劇場という舞台で演じられる、京劇。

映画の中の京劇と・・・

同じかもしれないけれど、違うんだ。パンダ

そこには無いあの時代の哀切。青衣の目の涙。


演じる方も、見る方も、人を取り巻く時代も変わっていく。


・・・あれもこれも、変わっていく。

そのなかで、パンダ

京胡キラキラ音は変わらず、高く響き渡り、舞台が始まる



・・・・・え?次?万里の長城に行きますかね。


【びわじゃむ】







2010年01月23日(土)

頤和園

テーマ:ブログ

北京の中心部から車で20分程の所にある「頤和園」です。

清朝末期、西大后が再建して別荘にしていました。


入口から中の方へどんどん入っていくと、ひろーい湖が目の前に!

頤和園全体の4分の3を占める「昆明湖」です。        

湖の遥か向こうに「排雲殿」が見えています。


排雲殿までは昆明湖沿いに歩いて行きます。

750mもあるという長廊には装飾画がぎっしり。


二胡ねっとブログ-頤


歩いて歩いて…ぶーぶー

二胡ねっとブログ-和


歩いて歩いて…ぶーぶー
二胡ねっとブログ-園


「西大后」と言えば、NHKBSハイビジョン(土)22:00~テレビ

日中合作ドラマ『蒼穹の昴』が始まりました。4回/25回

主人公の一人が京劇の役者になっていきます。

詳細はHPでご覧ください。

http://www.nhk.or.jp/subaru/

京劇と言えば、京胡。京胡キラキラ

京胡は京劇の伴奏の要となっています。二胡より高い音が出ます。

(さらに加えて、京二胡という楽器を使うこともあります)

京胡は「竹」でできており、五歩蛇の皮を張るそうです。竹

咬まれると五歩も行かぬうちに死ぬという「五歩蛇」の薄い皮だそうです。


京劇を見に行ってあの音を聞いてしまうと、たいていの人は虜になってしまいます。

たいていの人ってどんな人?女の子男の子はてなマーク


・・・さて、次回は北京動物園へパンダに会いに行きます!


【びわじゃむ】




2010年01月19日(火)

ピンクの二胡ケース

テーマ:二胡ねっと

二胡ねっとで販売しているピンクの二胡ケース、

お陰様で品切れ状態が続いておりますぺこり


二胡ねっとのケースは職人さんが一つ一つ手作りの為、数多く量産できないもので、

入荷しても、数が少なく、お待たせしてしまい申し訳ありません。


ピンクの二胡ケースを作り始めたきっかけは、

周りの二胡愛好者の方達は皆さん黒いケースばかりで、

時々間違って他の方のケースを持ってしまうという事があったからですwaterdrip.*

また、ケースに不具合があったりとそろそろ取り替えたいという方もいました。


上質な質感、カラフルなカラーバリエーション、丈夫で高品質、大切な二胡を守りつつ、

二胡を持って出かけるとき、気分がウキウキするようなケース、それが現在二胡ねっとで販売している

オリジナル二胡ケース「」です。



二胡ねっとブログ

両肩にもかけられるので、雨の日、手荷物が多いときでも安心ですねニコニコ

近日中にピンクの二胡ケースが再入荷する予定ですので、

もう少しお待ち下さいませキラキラ


http://www.nikonet.biz/shopping.html#sp06  ←他のカラーも是非ご覧ください。


【ひまわり】



2010年01月16日(土)

龍を求めて象に会う

テーマ:ブログ

前回に続いて紫禁城で撮った写真です。


ディズニーランドでミッキーマウスサーチすように、

紫禁城の中では龍を探しました。



龍の排水口。龍の口
二胡ねっとブログ-排水口


宮殿横の通路の壁には龍のレリーフがありました。

黄色は皇帝の色です。玉座も黄色でした。

二胡ねっとブログ-壁



どんどん奥に入っていくと、象がしょんぼりと座っていました。しょぼん
子どもエンペラーと遊んだ日のことを思い出しているのかなぁ…

玉座に向かってひざまずいているようにも見えます。
二胡ねっとブログ-象




北京郊外、西大后の避暑地だった「頤*和園」に移動。

ここではお座りドラゴンを見ました。こうなると、少し滑稽な感じもします。

*頤(おとがい)で漢字変換本①したあご②やしなう
二胡ねっとブログ-龍

次回は頤和園です。カメラ音譜


【びわじゃむ】



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。