コロナの不安が心を蝕む!?
自粛警察なんて言葉もありますが、不安が不安を呼び、さらに攻撃になると言う悪循環。子どもたちが外で遊んでると、おじいさんの怒鳴られるなんて話もよく聞きますが、そんなあなたもなぜ出歩いている!?とか思いつつ(苦笑)

夜のお仕事がすごくターゲットになってるけど、例えば道路工事の人みんなPCRやってたくさん出たら、工事しなくなるのか!?局所的検査だとあまり意味がないし、我慢してるんだから皆我慢しろと言っても、何をもって我慢なのか?またその苦痛度もみんな違う中、一概にはいえないし、不要不急の定義も曖昧ですし、家庭や個々人によって違いますからね。

原発事故の時もそうだってけど、記録に残さない、検査しない、記録がなければ存在や影響はないと言うのはなんだかな〜と思いつつ、、、かと言って無闇に検査すれば良いものでもないし、軽症者ばかり対応してトリアージを間違えれば、資源を食いつぶし助かる人が助からないし。。。

正しく恐れて、本当に有効な対策を取らないと、ですが、何が正しいかはっきりするのはいつですかね〜。

現状日本小児科学会の報告だと、子ども同士のクラスターは発生していないか、あってもごく小規模。
もしろ子ども同士でなく、大人から子どもへの感染がメインで広がってる事から、大人がかからない、外から持ち込まないのがいちばんの対策であり、次はうがい手洗い等。


日々状況は変わるし情報も変わりますが、今年はお墓参りも田舎に帰るのも無理そうだし、山奥の温泉も中々いけないし、動いてないと嫌な人間にはなかなか辛い(苦笑)


最近動物の森を始めてたので、そんな遊び方をよく見て見ると、キャラにマスクを装備させてて、「なんで?」と聞いたら、みんな話すときつすごい近いからコロナを移さないためと。(確かにらキャラの会話近い(笑))

こんなところにもそんな気遣いが!?

そういえば、学校休業中と、コロナの事をすごく気にしてたし、温泉行こうか?と聞いても行きたくないと言ってたから、見えないところで気にしてるんだな〜と改めて思いつつ。


そんな普段見えない部分に不安やストレスを感じてる子どもたちのケアも重要になってきますね。
コロナ禍の中、保護者のうつレベル増加の記事もありましたが、子どもたちのストレスも相当なものになってます。先日会ったスクールカウンセラーさんの話だと、不登校が50人くらいいるとか。

学童でも、休みが減り授業時間や宿題が増え子どもたちのイライラも中々。それは家庭にも連鎖するし、我が家もついに不登校が始まる!?
きっかけは風邪ひいて休んだことだけど、コロナで給食が特殊なやつで減らしたりできず、みんな米が美味しくない!?と言っていると言う、何それアルファ米??とか思うも、半分食べなきゃいけなくて嫌だったと前ボソッと言ったので、そう言うのもあるのかなと。

学校の先生もかなりピリピリしてて、ストレスや緊張感が各地すごくで、怒鳴りまくってたりを聞くことも(苦笑)

せっかくの機会なので、学校とも色々お話しして(あ、うちの担任の先生は怒鳴ったりピリピリでは無いです)
二週間休んで、ちょっと通って、また休んでですが、焦らずマイペースにですね。

まあ、両親共に不登校やってるから!?w
その程度は想定内ですが、やっぱり学童の不登校対応機能とフリースクール的役割も強化しないとかなと思う今日この頃。

人生の道はいくらでもあるし、義務教育は教育を受けさせる義務はあるけど、子どもが学校に行く義務は無いですから、犠牲を払っても努力せよとのおみくじの通り!?大赤字でももう少し頑張ろうと改めて思います。
^
入学後、学校の授業についていけなかったり、宿題が1人でできなかったりかする子も多いので、一人ひとりに寄り添いながら、基礎学力や学習習慣のサポート、様々な体験、学校の仲間とは違う仲間がいる安心できる居場所として。

送迎は小岩近辺のみですが、京成線小岩駅徒歩1分なので、1人で電車やバスで来れるなら利用可能です。
(市川学園、日の出学園等私立小学校のお子さんも利用されてます)

すくすくスクールよりも厳しい基準の、東京都の放課後児童クラブの基準を満たし、東京都と江戸川区に登録されている、2箇所しかない都型児童クラブの、学童保育、携帯放課後にっこりハウスを、周りに困っている人いましたら教えてあげてくださいね。

放課後等デイサービスでは無いですが、発達障害やグレーゾーンのお子さん等も、可能な範囲で受け入れています。

自己肯定感を育て、生きる力を育て、基礎学力や学習習慣のサポート、これからの生活に備え、インターネット学習に対応できるよう環境を整えてみてますが、一番は、子どもたちが学校から帰ってきてイライラしていても、ここで安心してほっとできる、タダイマーと帰ってこれる、学校は言いたく無いけど、にっこりハウスには行きたいと言ってもらえる、第二のお家として、学童は不登校を防ぐ最後の砦でもあります。

いまいち知名度が低いので!?こんなところがあるよと伝えていただけたらと思います。
ホームページは近々改装予定です。

http://gakudou.tokyo/

最近SNSをやってて良かったな〜、と改めて思ったのは、知ってる人は知ってますが、私は中学生の頃いっとき養護施設に入所してたことがあるのですが、そのときに一緒にいた子から連絡もらって、元気&幸せそうにしてるのを知れたことですね。


普段人の顔と名前は全然覚えないけど!?今回はすごいパーっと、名前と顔と一緒に遊んだ記憶が蘇りました。

ほんと、元気にしてるのを聞くとすごい嬉しいですね。


結婚したよとか、子どもが生まれたとか、嬉しいお知らせもあれば、時には若くして無くなったなんて悲しいお知らせも。


けどこの辺の体験が保育士になった原点かなとは思います。実は元々養護施設の職員志望でしたし。そこから24時間の保育園に行って、そこがあまりに酷くて自分で立ち上げてですが。


今はその養護施設自体が無くなってしまったので、最初は存続させる会なくなったあとは、つなぐ会というボランティア活動を細々やってるのですが、最近忙しく全然活動はしてませんが、それでもたまに連絡くれたり、近況を知れたりする事も。

コロナが落ち着いたらいい加減集まりでも企画しないと(苦笑)



境遇は違えど、同じ環境にいた仲間としては、やはり何となく繋がり意識が強いと思ったのは、たまたま連絡があって、近況の中で結婚したよと言ったら、『一般の方?』と返されたとき。

意外と内部の子同士くっつくことも多いですが、、、外だと一般の人になるのね、なんか芸能人ぽい!?wとか思ったり。



良いことばかりでなく、寂しさや制限やら、大変なことや、いじめもあったり、苦しいこともたくさんですからね。

養護施設って施設によってほんとピンキリです。

同じ場所でももう2度と思い出したくないという人もいれば、世間の目もあるからそこにいたことをひたすら隠すことも。


先日も3歳児が亡くなった悲しい事件もありましたが、このお母さんも養護施設出身との事。

子どもの状況を聞けば聞くほど悲しくなりますが、何でそうなってしまうのと、一言で言うと想像力の欠如と言えるかもしれませんが、感じられないのか、蓋をしてしまったのか、だんだん大丈夫と麻痺してしまったのか、、、


けど、そうなっていくのは、頼る場所がなかったり、相談できる相手がいなかったり、心に余裕が無かったり。。。


今回のコロナでも、相談が色々あり、何度区役所や児相に連絡した事かと言うのは、、、

コロナだから緊急で働かない人以外一切受け入れないと杓子定規に断る園の多いこと、子育てや様々なことで精神的に滅入っていたり、仕事してる間だけ預かる託児所に成り下がってないの?と感じることも。



虐待の件は、昨年3月に保育園を辞めてしまったと読んだけど、最近の保育園はただ預かるだけの施設が増えていて、保護者のさまざまな背景を汲み取ったり、子育て支援とは何なのかが分かってない施設が多い気がします。


普段から信頼関係ができていれば、いろんなことを話してくれたかもしれない、そこから、見えてくるものや、何を必要としているのか、また、福祉サービスにつながっていることの必要性が見えていれば、やめた経緯はわかりませんが、保育園を辞めるというときに何か言えなかったのか。


お金がないからやめたというなら、シングルマザーで収入がなければ、優先的に認可保育園等に入ることができなかったか?

生活保護等を受けられなかったか?

その他の支援は繋がらなかったのか?


そもそも、日本て自分で調べて、書類を揃えて申請しないと、まともな福祉サービスが受けられなかったり、知識がないと水際阻止で門前払いを喰らうこともざらですからね。


若いんだから働いたらとか、甘えだとか、親戚とかに頼りなさいとか、たらいまわしに遭ううちに、もう良いやとなったり。


私も相談がたくさんしますし、いろんな手続きやら、対応をしますが、保育園の園長で、園長会の会長をしていて、それなりに知識や立場や人脈があったとしても、たらい回しにあったり、苦労することが多々ありますから、若いお母さんがシングルマザーでそれらをちゃんとやってと言うのは酷な話です。

ワンストップできちんと対応してもらえるに越したことはないですが。


養護施設を出て、親元に帰る子もいれば、親に搾取されたり大変な目に遭うこといますし、誰も頼れないから、住み込みの仕事とか見つけたり、いきなり一人暮らしを始めて、電気代ってどう払えば良いの?という電話を施設にかけてくる子も多い状態の中、、、


そう言えば、昔コンタクト代がないから貸してくれと、何万か渡したら行方不明になったやつ元気にしてるかな〜とかたまに思い出しますがw


銀行の口座を作ったら通帳を3万円で買ってもらえたなんて話を聞いたり(もちろん良くないことや後で困ったことになるからやめときなとは伝えましたが)、夜のお仕事に入ったり、優しい顔して近づいてくるのが色々いたり、月2万ちょっとの風呂なしアパートに住んで頑張ってたり、ほんとみんな色々です。


養護施設を出た後急に社会のフォローがなくなるという問題もありますが、これは、養護施設関係だけでなく、どんな人にも言える事なのかなと。


保育園って大事だなと思うのは、最初のうちにフォローできる施設でもあるからですが、待機児童の問題も大切ですが、待機児童が解消されると、入所児童の分しかお金がもらえず、けど定員分の配置をしないといけない保育園は、保育園はどんどん運営できなくなって潰れるので(苦笑)


余力を使って、様々な子育て支援に役立てられる仕組みを作って行かないとまずいとは思いますね。



そして、目先のメリットを並べた方が人が集まる(苦笑)

療育をやっていても、発達検査の点数を上げるための訓練なんてありますが、受験ではないので、結果だけ見て一喜一憂するのでは意味がなく、本来は借りない数値が取れなくなり、せっかくの検査の意味がなくなってしまう事です。


本当の生きる力、持っている力を育てて、結果的に数値が上がることはあっても、目標がすり変わってしまうと、長期的に見た時にその子にとって大きなマイナスになる事も。



今できる事は、目につきやすいし分かりやすいけど、そのために犠牲になるものは何なのか?

子どもも大人も教育って大切だと思うし、目の前の子どもたちを救うのはもちろん大切ですが、それができる人を増やしていく事ももっと大切だなと思う今日この頃です。