土地購入では「周辺施設」にご用心! | nikkenwoodのブログ

nikkenwoodのブログ

ブログの説明を入力します。

 

 

最近、高速道路や鉄道など公共工事による地盤への影響が問題視されています。地下を掘り進められるトンネルなどが地盤沈下を引き起こし、地表の建物が不具合を起こすという現象です。


このような問題は公共工事だけでなく、民間事業者による工事でも起きる恐れがあります。先日、山の斜面に建設予定の太陽光発電施設について、地盤を崩落させる恐れがあるとして反対運動が起きているとの報道がありました。問題の地盤は海底にたまった砂が隆起したことによってできており、非常に軟弱だと言われています。すでに一部では崩落している部分もあるという調査結果もあり、もし太陽光発電施設が建設されれば、相当な危険が予想されるとのことでした。


山の斜面に廃棄物処理場を作ったことで、ゲリラ豪雨による大規模な崩落事故が起きた事例もあります。土地を購入する場合には、周辺でこのような工事が行われていないか、また危険な施設が建設されていないか注意が必要でしょう。まずは現地にくわしい工務店や不動産会社など、専門家に相談するのがおすすめです。
 

$nikkenwoodのブログ