公共工事と地盤沈下は深い関係? | nikkenwoodのブログ

nikkenwoodのブログ

ブログの説明を入力します。

 

 

公共工事は多くの人の利便性のために行われるものですが、それによって引き起こされる地盤沈下は無視できません。今年は東京外環道のトンネル工事によって起きた地盤沈下が話題となりましたが、そこから2027年に開業予定のリニアモーターカーの工事にも不安の目が向けられています。


リニアモーターカーは最終的に東京と大阪を結ぶ大工事ですから、もし地盤沈下が発生すれば非常に深刻な問題になるでしょう。因果関係が立証されれば国や自治体から補償が行われるとはいえ、住み慣れた家に不具合が生じたり、引越しを余儀なくされるのは本当に大変です。


実はこのような公共工事と地盤沈下の関係は、古くから全国的に存在していました。最近も島根県出雲市で河川に作られた堤防の重みによって地層がたわみ、周辺住宅の地盤が沈下するという状態が20年以上も続いており、今年ようやく対策工事が行われることになった……というニュースがありました。これから土地を探す場合は、くれぐれもハザードマップだけでなく、将来の公共工事計画も調べておいた方が良さそうです。
 

$nikkenwoodのブログ