大昔から日本では「地盤改良工事」が行われていた? | nikkenwoodのブログ

nikkenwoodのブログ

ブログの説明を入力します。

 

 

日本各地には、さまざまな地盤があります。その中には過去、水田だった場所や海だったところなどもあり、地盤改良工事無しには安全に建物を作ることができない土地が多くありました。


そんな日本で行われてきた伝統的な地盤改良工事のひとつが、「自然砕石の利用」です。特にお城などに見られる「石垣」は戦略上の意味合いだけではなく、建物に不具合が発生しないようにする地盤改良工事の意味合いもあったと言われています。


他にも、地盤改良工事には「木製の杭」を地中に埋め込む方法もありました。この方法は鎌倉時代の橋にも使われていたそうです。現在では主に鋼製の杭やコンクリート製の杭が使われていますが、環境負荷を軽減するために、現在でも木製杭を使うハウスメーカーも存在します。


このように日本では古くから軟弱地盤との戦いが続けられており、現在もその重要性は変わっていません。やはり家を建てる時には、しっかりとした地盤調査と地盤改良工事ができる業者を選びたいものですね。
 

$nikkenwoodのブログ