ある日突然、自宅が崩壊!? | nikkenwoodのブログ

nikkenwoodのブログ

ブログの説明を入力します。

 

 

つい最近、アメリカ・フロリダ州で12階建てマンションの一部が崩壊したというニュースがありました。被害を受けた方は、100名を超えると言われています。この建物は1980年に建設され、築40年以上だったということですが、鉄筋コンクリートの建造物が地震もないのに崩壊するとは普通考えられません。しかし、実はこの建物には大きな欠陥があったようです。


というのも、この建物が建てられていた土地は「埋立地」でした。そして崩壊の一年前から調査に入っていた専門家によると、すでに1990年代から周辺の地盤の沈降が続いており、マンションは極めて不安定な状態だったと言われています。


このニュースと前後して飛び込んできたのが、大阪府西成区での建物崩落事故でした。こちらは崖に面した一戸建て住宅が、地盤を支えていた擁壁の崩壊と共に崩落したと見られています。


これらの事故から分かることは、どんなに頑丈な建物を作っても、地盤に異常があればひとたまりもないということです。これから土地を探される方、中古住宅を探される方は、ぜひ土地の利便性や価格だけでなく、地盤にも注目してください。
 

$nikkenwoodのブログ