地震が起きた時の「揺れやすさ」がチェックできる!? | nikkenwoodのブログ

nikkenwoodのブログ

ブログの説明を入力します。

 

家を建てるときには常識とも言える「地盤調査」。しかし、実はこの「地盤調査」では地震が起きた時の「揺れやすさ」はチェックできません。というのも、従来の地盤調査で測定できるのは「建物の重さに地盤が耐えられるかどうか」。つまり、建物を建てたときに、不同沈下などが起きないかどうかを調べるものなのです。


そこで最近、注目を集めているのが「微動探査」という手法。この手法は「地盤表層で揺れがどれほど増幅されるか」を機械で測定し、地震発生時にどれくらいその土地が揺れるかがわかるという測定手法です。
 

また、従来の「地盤調査」には大がかりな設備と騒音、地面に穴をあけなければならないなどの課題がありました。一方、この微動探査は旅行用のトランクケースひとつに収まるほどコンパクトな機器を使い、わずか数十分で騒音も工事も必要なく地盤調査が完了するのです。
 

国立防災科学技術研究所が開発したこの技術は、一般でも利用が可能です。気になる方はぜひ、「一般社団法人 地域微動探査協会」に連絡してみてくださいね。
 

 

$nikkenwoodのブログ