「モデルハウス」より「構造見学会」に行こう! | nikkenwoodのブログ

nikkenwoodのブログ

ブログの説明を入力します。

 

家づくりの見学会には、最新設備を備えたモデルハウスを訪れる「モデルハウス見学会」、建設途中の家の構造部分を見学する「構造見学会」、完成後に人が住んでいる家を訪問する「居住住宅見学会」などがあります。


これら見学会の中で、特にオススメなのは「構造見学会」です。この見学会では、床板などを貼る前の「家の土台となる部分」を見ることができます。つまり、「地盤の状態」や「その地盤に合わせた基礎工事」を直接、目で確認できるのです。


そんな「構造見学会」では、工務店の担当者がていねいに説明してくれる上、さまざまな質問をすることもできます。ですから、「地盤の種類」や「地盤改良工法」など、これから家を建てようという人には欠かせない知識を、しっかりと身につけることができるでしょう。


完成してしまえば、なかなか見ることができない土台や地盤こそ、その家を支える最も重要な部分です。だから「モデルハウス見学」よりも「構造見学会」の方が、より重要度は高いと言えるのではないでしょうか? ぜひ、家を建てる前に一度は参加してみてくださいね。
 

 

$nikkenwoodのブログ