地盤沈下で「首都移転」!? | nikkenwoodのブログ

nikkenwoodのブログ

ブログの説明を入力します。

 

インドネシアの首都ジャカルタは、人口1千万人を超える巨大都市。国民の平均年齢が29歳と非常に若いため、大変な活気に満ち溢れています。現在の人口は東京に次いで世界第2位となっていますが、2030年には「人口世界一」を達成するといわれています。


ところが、そんなジャカルタに大変な危機が迫っています。それは「地盤沈下」と「海面上昇」。現在、ジャカルタは1年に約20cmずつ地盤沈下しており、さらに世界的な海面上昇によって、2050年までに3分の1が水没すると言われています。
 

インドネシア政府は海沿いに巨大な堤防を作る計画を立てたり、地下水の利用を抑制する政策を打ち出してきましたが、到底間に合わないとして、ついに20年以上の歳月と数兆円の予算を使い、「首都移転」計画を進めることを発表しました。
 

これは、私たちの住宅でも起きうることです。地盤沈下などが発生し、もうその場所に住めないとなれば、大変な時間とお金をかけて引っ越すしかありません。そんなことにならないよう、住まいを決める前には専門家による地盤調査をしっかりと行なっておきたいものですね。
 

 

$nikkenwoodのブログ