日建学院丹南校の有言実行ブログ

日建学院丹南校の有言実行ブログ

丹南校校長の半分趣味ブログです。
主に資格取得(本気)に関わる事と、
筋トレ(趣味)について書き綴っています。
資格と筋肉は裏切らない・・・
という訳で皆様も一緒に筋トレはいかがですか(あ、資格取得も)

こんばんは!

 

 

 

日建学院公認・認定校丹南校事務局です。

 

 

 

いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

いいねやフォローは心から励みになります(^^)/

 

このブログでは資格取得支援をメインコンテンツとして発信しておりますが、筋トレダイエット健康のためのセルフケアに関して、お役に立てるようなこともたまに発信しております。

 

少しでも参考になったり、誰かの背中を押すことが出来れば幸いです(^^)

 

 

 

今日の記事はコロナ感染に対するただの啓発のための記事となります。

もう必要な対策は全て行っている方には全く意味のない記事となり申し訳ございませんが、誰か一人でも行動が変わるきっかけになればそれだけで幸いです。

 

 

 

その前にまず丹南校としての現状を報告致します。

 

 

 

今現在日建学院としましては、受講生の皆様に対し、WEB上で受講できる体制をすでにスタートさせております。

本来WEB受講はどうしても合格率が下がる傾向がみられますために、あまりオススメするものではないのですが、状況が状況だけに不安な方はご自宅での受講をされると良いと思います。

 

 

運営側がこのようなことを申し上げるのもどうかと思います・・・が正直に言わせて頂きますと、私個人が今受講していたとしたら、間違いなく自宅で受講します。

これは個人の本音です。

 

 

矛盾するようですが、その上で丹南校では今も御来校される皆様には万全の注意を払って頂きつつ、受講をして頂いています。

 

 

玄関にはコロナ感染要望のための注意文を張出させて頂き、アルボナースでの除菌、マスク着用、まだこの時期寒くて申し訳ないですが、窓と玄関を開けた状態で受講をして頂いております。

 

 

なお、マスクについては現在残り1箱しかありませんので、いつまでもつか分からない状況ではありますが、必要な受講生の方にはお配りをさせて頂きます。

 

 

今後の動向としては、基本的に直営校である福井校に合わせていきますが、受講しに来て下さる方がいらっしゃる以上は、

私自身も徹底した自己管理と注意を払いつつ、行動経路の記録や他人との接触を限りなく控えた状態で当面の間運営にのぞませて頂きます。

 

 

皆様の頑張ろうと思っている気持ちを最大限後押しさせて頂きたい気持ちと、ここにくること自体が皆様にとって少しでもリスクになってしまう可能性を考えてしまう事が相まって、正直複雑ではあるのが本音ですが、それでも今出来る事を全力で行って参りますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

さて、前置きが非常に長くなりすぎましたが、表題について思う事を書いていこうと思います。

 

 

世間の状況は深刻さを増すばかりです。

福井県でも感染者数は増え続け、ついには死者が出るなどもはや他人事ではありません。

 

 

 

ただ私が言いたいのは不安をあおる事ではないです。

 

 

 

このような状況下の中、それぞれの最優先事項は何か?

またそれに付随する必要事項は何か?

 

 

 

それを洗い出し、不必要な事は今はする必要がない、ということを申し上げたいのです。

 

 

 

私で言えば、家族の安全と家族を養うための経済活動が最優先事項で、それ以外のことは今は不必要です。

 

 

 

もちろん地域に関する活動も大事な事ではありますが、あくまで不安のない形で出来る事への協力はさせて頂く、という範囲に留めます。

 

 

 

ただ、改めてこのような状況になって思うのは、意外とやれることってたくさんあるな、ということです。

 

 

 

最優先事項に挙げた、家族や経済活動ですが、

例えば子供たちと一緒に勉強をしてみる、ゲームをしてみる、など今まで軽くしか出来なかったことに時間を割けるのはそれはそれで楽しい事です。

 

 

 

また経済活動に関してもですが、今まで考えていたものの行動に移せなかったことをやってみるいい機会であるとか、挑戦していく時間はじゅうぶん取れそうです。

 

 

 

まさに今資金繰りが圧迫しているという方々にとってはそれどころではないのも重々承知の上で、誤解を恐れずお伝えさせて頂きますが、

 

 

 

このような特殊な状況下の中、

 

 

 

しっかり仕事を見つめ直し、家庭を見つめ直し、その時間を心から楽しみつつ、死ぬ気でそれぞれがコロナ終息後に向けて準備をしろ

 

 

 

 

これを私は自分にも言い聞かせつつ、皆様にもお伝えさせて頂きたく記事にさせて頂きました。

 

 

 

若輩者が恐縮ではございますが、そのためにも健康は何よりの財産です。

自分はもちろんまわりへの配慮も全力で行いましょう。

不必要な事はやらない。

不必要な場にも行かない。

 

 

 

これを読んで下さる皆様、

 

 

 

絶対に負けないよう、気張っていきましょう!

 

 

 

 

長文にて失礼致しました。

今回の記事は以上です。

こんばんは!

 

 

 

日建学院公認・認定校丹南校です。

 

 

 

いつも当ブログを読んで頂きありがとうございます。

いいねやフォローは心から励みになります(^^)/

 

このブログでは資格取得支援をメインコンテンツとして発信しておりますが、筋トレダイエット健康のためのセルフケアに関して、お役に立てるようなこともたまに発信しております。

 

少しでも参考になったり、誰かの背中を押すことが出来れば幸いです(^^)

 

 

 

 

さて、今日の記事はタイトルにあります通り、

「発する言葉に責任を持とう」

ということです。

 

 

 

そのまんまの意味ですが、発する言葉通りの行動を積み重ねていくと、必ず誰かからの信用、信頼をつかんでいく事が出来ます。

 

 

 

逆に発する言葉とは違う行動を繰り返していると、誰かの信用、信頼は無くなっていきます。

 

 

 

ここまでは当たり前に分かっている事だと思いますが、

分かっててもついつい大きいことを言い過ぎたりしてしまうことってありませんか?

 

 

 

言ってはみたものの、後でしまったな・・・

と思う事ってけっこう日常であるのではないかと思います。

 

 

 

この場合結果としては2パターンに分かれます。

 

 

 

 

1.死に物狂いで実現する。

 

 

 

2.なかったことにする。

 

 

 

 

1.に関しては相手からすると、ちゃんといった事を守ったから信用できるやつだな、と思われるでしょう。

 

2.に関してはやっぱりあいつは口だけだ、となることでしょう。

 

 

 

ここに関しては上記の話と同じですが、

大事なのは有言実行と有言不実行とで、恐ろしいほど自分自身の成長スピードが変わるという事です。

 

 

 

なぜかと言うと、大口をたたく時点で、今の現状と照らし合わせてみると無謀なことだったりします。

無謀な事を有言実行するためにはそれ相応の努力をしないと実現できません。

そうすると、まず緊張感が生まれます。

次に有言実行させるための行動計画を考えます。

そして、時間管理を行い、地道に計画を遂行していきます。

有言実行できた時には喜びと自信と周りからの信用、信頼がついてきます。

 

 

 

自分が無謀だなーと思うようなことは、周りも無謀だと思っていたりするものです

そこを有言実行していくのですから、信用度の上がり方も+αがついてきますね。

 

 

 

ちなみに私は資格試験が有言実行をして、信用、信頼を得るためのツールとしても非常に有効だと思っています。

 

 

 

キャリア形成に繋がり、自分への自信にもなっていく事は言うまでもないですが、

更に周りからの信用、信頼も、あえて公言して、発する言葉に責任を持って有言実行という形を上手く活用していけば一緒に築いていけますので是非やってみてください(^^)/

 

 

 

 

最後に・・・

私も資格試験に挑戦することを公言してやっています。

挑戦する資格によっては有言不実行となる場合もあります。

・・・が、しかし!

受かるまでやり続ければ一応有言実行にはなります(笑)

そんな感じでプレッシャーを楽しめるくらいの気構えでやってみてくださいね(^^)/

2つほど上記のやり方で資格試験をクリアするだけでも、周りの見る目はガラッと良い方向に変わりますから(*^-^*)

こんばんは!


日建学院公認・認定校丹南校です。



前回の記事では、すぐに出来る簡単セルフケアについてお伝えをさせて頂きました。


今回の記事では精神的な面での心構えに関して書いてみます。
結論を先にお伝えすると、むやみに不安を抱えていると、身近なところに不安な感情は伝染します。




これがどういうことか、深掘りします。


例えば職場や学校で楽しく雑談をしていたところに、ピリピリとした人が現れると、つられてピリピリしてきたというような体験はありませんか?


その逆に楽しそうな人が急に現れたことで、つられて楽しくなってきたりということもあるかと思います。



この感覚は直感力や第6感と言われるような感覚に優れている方、シンプルに言うとよく気づく方ほど影響を受けやすいようです。

しかも都合の悪いことに、ネガティブな感情のほうが影響を受けやすいようです。



さて、感情が伝染することについて感覚としてある程度掴んで頂いたところで、不安というのはポジティブ、ネガティブどちらだと思いますか?



むやみに不安になるのは間違いなくネガティブな感情だと思います。
あなたがむやみに不安になることは、確実に周りの方へも不安を伝染させるでしょう。



私は丹南校の運営をしておりますが、受講期間中に聞こえてくる声として多いのは、自分じゃ合格は無理だ、という声です。
その場合、試験までの期間がどれくらいあるかにもよりますが、かなり具体的に試験当日までの勉強内容を紙に書いてお渡しします。
以前は同調することもあったのですが、私も無理だ、という感情に流されそうになってしまうので、今は笑って大丈夫、絶対いけるとお伝えしています。
ちなみに試験当日までの勉強内容を紙でお渡しするのは、期限までの行動を明確にし、あとはやるだけの状態にすれば不安になることがなくなるからです。
不思議なもので、勉強に集中して取り組んでいる時間はポジティブになるんですよね。



これを他のことにも置き換えると、具体的に積み上げること、気をつけなければいけない事、それぞれ明確に分かっていたとしたなら、それをやるだけであり、不安になることなんてないと思いますよ。



少し抽象的な記事になってしまい申し訳ありませんが、社会的に不安な感情が多くなっている現状において、むやみに不安を感じ取るのではなく、
やれること、やったほうが良いことを取捨選択しながら明確にパターン化し、そこをどんどん積み上げていけば現状への感じ方が変わるのではないでしょうか?


思いや、感じ方がポジティブかネガティブどちらにせよ、良くも悪くも体への影響は侮れないと思っています。



この記事を読んで下さっている皆様には、不必要に不安を抱えてほしくないので、丹南校での経験をもとにこんな記事を書いてみました。









次の記事では、ずっと放置していたダイエットの続きを書きます。
こちらは結論だけ先出ししますが、当初の計画より早く目標体重に到達しましたので先にご報告(^_^)v