ご無沙汰しております。

セミナー講師です。

 

前回の投稿からだいぶ時間が経過してしまいましたが仕事はしております。

なかなか新型コロナウイルス感染症の感染拡大が収まらない毎日ですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

今回は弁護士事務所から依頼を受ける車両損害調査(対物)について少々書いていこうと思います。

このブログを見てくださる方は、おそらく自動車の鈑金塗装業関連の方だと思います。

 

事故に遭われた自動車は鈑金塗装工場(ディーラー含む)に持ち込まれ、損害保険会社から派遣されるアジャスターにより

損害調査等が行われているかと思います。

しかしその調査は損害保険会社側の意向に沿ったもので、車両所有者の意向は反映されておりません。

なので、車両所有者や修理工場が望まぬ修理方法や金額を提示され争いが起こり弁護士介入事案となったとき

私の出番になります。

 

弁護士先生は車両所有者から依頼をされると、損害の程度や金額を把握するため当職に依頼をくださいます。

そして、被害車両の損害額について公平な観点から「公平で妥当性のある金額を調査せよ!」との命を受け調査を開始します。

 

事案が既に訴訟になっている場合などは、相手方車両の調査資料を拝見する機会を得ることができますが、

失礼を承知で申し上げると、何を意図して撮影されたのか理解に苦しむ画像が散見されます。

見積書についても、専門職を謳っているアジャスターの書く見積書に別事故が混在していたりと目を覆いたくなる

ようなものも多々あります。

 

損害調査とは他人様の財物の査定をすることだと私は認識しています。

そして二つと同じものが無い交通事故で被害を被った自動車を査定するという事は、可能な限りの情報収集をしたうえで

その情報をもとに交通事故状況を考え現車の前に立つ程度の準備はあって然るべきだと私は思います。

そして写真撮影時は、弁護士先生や裁判官の方々に分かりやすいよう見積書の流れに沿って撮影を行いかつ写真には

可能な限りすべてに何を示している写真なのかをコメントすることは自分以外の方々に口頭説明をせず理解していただく

ための最低限の礼儀ではないでしょうか?

 

私は常々、調査依頼=裁判資料の作成、と認識しています。

修理工場に勤務していたときは、見積書=裁判資料と認識しておりました。

私の作る資料の精度次第で見ず知らずの車両所有者に無用な損をさせることも、概ね満足できる修理を提供することも

あります。

そして、裁判官の方々も見る資料となると如何に公平性をもった資料であるかという事も重要になります。

それ故、弁護士先生から公平性と妥当性を有する調査の実行を仰せつかります。

 

弁護士先生は事故の解決を依頼されているため、どのような交渉を展開していくべきかを考えます。

相手方があまりに少額な修理費を提示してきた場合は概ね満足な修理ができる金額を得るべく交渉を行い、

当方の修理費が一般市場価格より高めな場合はある程度の減額も視野に入れ誰もが納得しうる金額を模索する

ツールとして損害調査報告書を活用します。

 

このことから損害調査報告書というものは、その事案の方向性に多大な影響を与える書類なので作成する側としては

私個人の主観を極力排除し、客観的事実を的確に把握し事案に関わる全ての人への忖度を排し、まるで機械のように

書類作成を進めていくことが重要となります。

本来、アジャスターもそこを求められているはずですが組織に属している以上、やむを得ない部分もありますね。

私は、今までもこれからも冷静に客観的事実を積み上げていくのみです。

 

今回は調査に対し私が心がけていることを少々書かせていただきました。

修理業界の皆様も事故車両がご入庫した際は、冷静にお客様の利益を考えていただければと思います。

 

ではまた。

 

 

 

どうも、セミナー講師です。

 

先日、親会社の株式会社日研工業所と合同で 「SURTECH2021 表面技術要素展」 に出展し

てまいりました。

前回同様、私は営業スキルを持ち合わせておりませんので裏方仕事の準備と撤収のみの参

加となりましたが、大阪での反省を踏まえ展示ブース設置の効率化(時短)と展示用備品の経

費削減を自身のテーマとし、無い知恵を絞り取り組みました。

 

展示会というものは、「展示」というだけあって魅せる事が重要であり、如何に来場者の興味を

引き商談に持ちこむかが勝負だと思います。

 

準備中、場内の他社様のブースを拝見して回りましたが今回もまた大変良い勉強をさせてい

ただきました。

何人ものプロの設置業者を雇い広大なブースを完璧に仕上げている会社もあればデフォルト

の状態のブースに最低限の資料や商材を置いているだけの会社、小規模ではあるが光源

(照明・ライト)の設置方法を駆使し来場者の目に留まりやすい演出をしている会社、製品を

前面に押し出し勝負している会社など、会社の個性が良く表れていました。

 

弊社は今回、新しくLEDパネルを導入し展示会に合わせて刷新した各商品のポスターを目立

つように展示してみました。

また、弊社が展示会で頻繁に使用する、パネルを吊るすチェーン、LEDライト当の細かなもの

にも手を入れ今後も使いまわし出来るよう製作しながら、現在会社で用意されている備品を

フル活用できるよう営業部長と相談し最小限の物資購入を行いました。

 

確かにプロにお願いして高額な支払いをすれば、すぐに良いものは作れます。

しかし、それは自身のスキルアップのチャンスを逃しているのだと私は個人的に思っています。

多少、見た目は???でも、自分たちで全てを作り上げることで次回に繋がる展示方法や

設置手順、必要資材の反省点を得ることもできますし、それが回を重ねていけばプロの業者

に少しでも近づくことができるかもしれません。

そうすれば、資金を注入せずともそれなりの展示は出来るはずです。

 

そうやって、外部に流出する資金を展示物や備品に充当すれば以前より良い展示方法が

実現できることでしょう。

 

資金は無限ではありません。

 

今のご時世、来月がどうなるかもわかりません。

小さな事かもしれませんが、その小さなお金の節約が強い会社を作ります。

収入以上の支出があればどんな大企業もなくなります。

 

プロの業者も最初からプロだったわけではありません。

経験を積んでプロになったのです。

私も皆さんも同じです。

ただ、どの分野の経験を積んだかだけです。

同じ人間がやることです。

トップアスリートの真似は出来ませんが、知識や技術は本人次第である程度の習得は

可能です。

要するに自分で考えて実行する姿勢があるかどうかだけの至ってシンプルなことです。

私はこれからも小さな事を見過ごすことなく、良く考え低予算で魅力的な展示の実現の

お手伝いをしたいと思っています。

 

次回はリサーチネタを書きます。

 

では、また。

 

 

どうも、セミナー講師です。

 

弊社は先週、インテックス大阪にて催された、高機能素材Week2020に出店しておりました。

 

商品のご紹介や説明等は営業部長に丸投げいたしますが、実は私も会社の業務と業界を

知るため出展前日の搬入作業に同行し少しの手伝い(邪魔?)と会場の雰囲気や他社の

様子を見学してきました。

 

会場では、様々な新技術や新素材が所狭しと展示され各社の「熱」が伝わってきたことと、

今回は感染症対策に関する展示が多く見られ業界は今、抗菌・抗ウイルスに関する商品の

開発競争が起きているようにも感じました。

 

また違う側面で感じたことは、どこの会社も率先して準備を行う者、ただ立って見ているだけの者、色々な方を見ることができました。

 

個人的な感想ですが、ただ立っているだけの者は日頃の業務でもこんな感じなのかな?

と見えてしまいます。

 

誰かに指示されないと動けない人は展示会の準備をする場にいるなら少し考えれば自分が今、何をすべきか分かりそうなものです。

 

自身で考え、率先して動ける社会人であり続けたいと考えさせられる展示会準備でした。

 

 

では、また。

どうも、セミナー講師です。

 

岡山県でのセミナーも無事、終了しました。

ご協力いただきました事務局および関係者の方々にはこの場を借りて改めて御礼申し上げます。

 

そして翌週、グループ会社の新年度初めの全体会議の場で講師を務めさせていただきましたが、

いつもの受講者とは異なり今回、自動車業者様は1人もおらず少々勝手が違うため上手く進行できるか

一抹の不安はありましたが、「何とかなったのかな?」 と、言う感じでした。

 

事前に 「テーマも内容も厳しい内容で」 とのオーダーにより作成しましたが、皆様の心に

何か一つでも残り、皆様の今後に役に立ててもらえたら幸いです。

 

仕事に取り組む姿勢は、業種を問わず社員でも契約社員でもアルバイトでも共通だと思います。

どんな仕事でも、「プロ意識」は欠かすことができませんし、欠いてしまうと良い結果は出せません。

私もより良い結果を出せるよう、「プロ意識」を忘れずに職責を果たしていきます。

 

では、また。

 

 

どうも、セミナー講師です。

 

 

 

明後日、10月3日(土)に岡山県でセミナーを開催します。

 

久しぶりのセミナー開催なのですが、事前に資料をいただき拝見すると、

 

非常にスキルの高い方々のように感じました。

 

ご参加いただく皆様に役に立つ知識を提供できるよう自身も準備をして臨みます。

 

やはり、地域ごとに少しずつ見積書の書き方や工賃単価が違うようですね。

 

全国の工賃単価のデータを集めて過去の表と比較してみようかな?

なんて思ってしまいます。

 

しかし、各地域ごとの工賃単価の一覧表って表向きではなくなったはずですよね?

 

気のせいですかね・・・

 

では、また。