にっけいしんぶん新聞 -6ページ目

長期金利が急低下 -ほんとの理由-

事業仕分けなど 歳出削減に期待感 -13日-

12日の債券市場で、長期金利の指標である新発10年物国債利回りが前日比0.060%低い1.370%に急低下しました。1.4%を下回るのは1週間ぶりです。財政悪化懸念を背景に、このところ長期金利は上昇していましたが、2010年度予算の概算要求の無駄を洗い出す「事業仕分け」など政府の歳出削減への取り組みに期待し、国債にお金が向かったようです。

たしかに債券利回りは急低下しています。
ここんとこ株のフロアは日中しーんとしてますが、債券や金利のフロアはものすげー大騒ぎです。

「おおおっ!」
「うわっ!すっげー!!」
「300!!」
「また200!!」


てな感じで債券先物に大口の買いが入るたびにどよめきがおこってました。
うらやましい・・・。
株はちっとも盛り上がらねえ・・・。

ええ、かくいう記者も株の画面を債券先物の画面に切り替えて見てました。
だってそっちのほうが面白いもん。

債券先物は10月2日の高値139円70銭から1ヶ月以上ズルズルと下がり、今月9日には一時137円29銭まで売り込まれていましたが、10日から反発して13日まで続伸、たった4日で一時139円台を回復しました。

え?
債券先物が2円近く動いたといってもピンときませんか?
じゃあ日経平均が2000円近く動いたといったらピンとくるでしょうか?
やや誇張はありますが、まあそんなノリだとご理解ください。

ではなぜここへきて急反発(金利は急低下)したのか??
天下の日本経済新聞には「事業仕分けで歳出削減期待が高まったから」とありますが、これはほんとなのか?

いやー、なんか嘘っぽい。
あんだけ「財政不安」で債券を売っといて、「事業仕分け」で買いまくるなんて、どうにも信じられん。

だって事業仕分け、ざっくざっく大胆に仕分けてるように見えるけど、仕分け人の意見を聞いてると、中には薬価の議論のように素人目にもあまりに乱暴で非現実的だったりするのもあったりして、そりゃその感覚でやってりゃあ省庁や地方から不平不満も出るよなあと思えたりするわけで、実際当然のようにあちこちから「あれで本決まりじゃない」的な声が聞こえてきたりしてますから。
どうせ最後はあちこちから横やりが入って、いうほど削減できないで終わるんじゃないの?とむしろ不安になりますよ。
いやもちろん、その事業によくも今まで予算をつけてたなあというのもあるからしっかりやって欲しいですけど。

ていうか事業仕分けがうまくいくかどうかはともかく、仕分けすること自体は急に始まったわけじゃなくて前から決まってたわけだし、それで債券相場が動くのかぁ?と。

なんて門外漢の株担当者が勝手に語るのもなんなので、念のため債券関係者にきいてみました。

「えーと、きょうの日経に金利低下の理由は事業仕分けで歳出削減期待ってあるけど・・・?」
「ぶははっ!期待してません!そんな理由で債券買ってるヤツいません!」

やっぱりねえ・・・。
ほかの何人かに聞いてみましたが、やはり同様に、んなわけねーだろ的なお答えをちょうだいしました。

とはいうものの、じゃあなぜ?ときいてみると、なかなか明確な答えがないのも事実。
まあ藤井大臣の発言もありましたが、あとは結局、潜在的に買いニーズはあるけれど、金利上昇(債券価格下落)を予想して10年利回りは1.5%まではいくだろうと思って買い控えていたところ、そこまでいかずに切り返してきたので慌てて買い出動したり、そこへ値動きに追随するファンドが買い戻したりしているのでは?といった需給的な話くらいしか聞かれませんでした。

んー、まあそんなもんか。
相場なんて、特に日本の債券相場なんて所詮は需給だもんな・・・などと思いながら債券先物のチャートを眺めてどこまで戻るやろなーと考えていたら、ふと思い出しました。
以前こちらでも紹介したことのある、日本の債券市場参加者でその人を知らない人はモグリじゃないかというほど有名なアノマリーの大家が発見した、とあるアノマリー(明確な根拠のない経験則)を。

「10月12日~11月25日の期間は、
債券先物上場以来23年間1度も下がっていない」


おおお。
10月12日は休みなので、前日の9日が139円13銭、13日が139円09銭。
このアノマリーを守るため、今月25日にこの水準を上回るために、債券先物はここへきて爆騰してるんじゃないだろうか!
いや、もしかしたら逆に、このアノマリーを信じている債券投資家が「2週間で2円近く稼げるなんて大チャンス!」と買い出動し、途中からはそれまで「今年は24年目にしてアノマリーは崩れたか・・・」と思ってた投資家も「やっぱり今年もか!?恐るべし!!」とばかりこぞって買いまくったんじゃないだろうか!!

すげー。
なんか25日まで強そうな気がしてきたよ。
今月8円台で売るのはリスキーだなこりゃ。

・・・しかしなんで9日まで安くて10日から急反発?と考えたら、思い当たる節がありました。
10日の新聞をガサゴソをあさって見てみると・・・

$にっけいしんぶん新聞-20091114100326.jpg
長期金利、一段と上昇
「膨張型予算に不安」


日経がこんな記事を大きく書いたからじゃないの?
わはは!
見事な逆指標!

「日経が相場がマーケット面以外で上がってるとか下がってるとかでっかく記事にすると相場は反転する」

・・・これもひとつのアノマリーかもしれません。。。

韃靼の馬 -好きだったんだ・・・-

新しい連載小説 -1面-

朝刊連載小説、髙樹のぶ子氏の「甘苦上海」は10月31日で終わり、11月1日から辻原登氏の「韃靼の馬」を掲載します。

いやあ、なんだかんだいって記者はけっこう好きだったんですよね、「甘苦上海」。
記者は女性でも50代でも会社経営者でもないですし、上海には旅行ですら行ったことないので、立場的にカブるところは何ひとつありませんが、それでもなんかこう、紅子には共感・・・とは違うと思いますが、なんというか、なるほどねー、と思うこともけっこうあったんですよね。

「あのオッサン」とは違って。

同じ50代が十いくつも年下に恋をするのだけれど、落ちぶれて地位も金もプライドもない男が恥も外聞も考えも年甲斐もなしにただやりまくるのではなく、地位もお金もある女性が、地位やお金があるゆえにそして齢を重ねているがゆえにさまざまに葛藤しながらも、前に進んでいく姿はよかったと思います。

地位を作り上げてきた自信、美しさを維持しているという自負、それでも衰えていることを自覚していることによる不安。
若い男とつきあっている負い目で微妙な心理がさらにややこしくなっていましたが、一方でそんな紅子を見透かししたような松本とのやりとりも見どころでしたね。
序盤、紅子の自慢タラタラ薀蓄ダラダラなくだりが続いた時にはどうしようかと思いましたが、きっとそれも彼女の仮面のひとつ、松本と出会い、自分の気持ちに本気で向き合うようになるうちに徐々にそういう感じの悪さは減りました。

この激動の一年の上海の様子をリアルタイムで伝えていたのもよかったですね。
「甘苦上海」のタイトルそのままに、好調だったお店が苦しくなり、ようやく少し落ち着いたりして。
記者も会社の会議で中国経済が議題になったときには、「上海あたりでも富裕層の消費は・・・だときいています」などとさも誰かに取材したかのように紅子の店の状況を語ったものです。
って、ええんか、それで!?

いや、まあ、記者が知ったかぶりして語った上海の商売事情はほんとかどうかわかりませんが、けどこの物語で知ったことでひとつだけほんとだといえることがあります。
それは・・・



飲みたくなったら楽天にジャンプ!

グレンモーレンジはうまい!


今まで飲んでた安ウィスキーとはまったく別物でしたね。
なるほど、紅子はこんなお酒に自分の価値観を投影していたのかと思いました。

いい年齢した人間なら、飲むお酒もプライドを持って選べ。

紅子に教えてもらったような気がします。



・・・肝心のグレンモーレンジは、年下から手みやげで頂いたんですけどね。。。

亀井人事 経済界と距離 -趣味?-

郵政社長に斎藤大蔵次官 -3面ほか-

日本郵政の西川社長の後任人事は21日、元大蔵次官の斎藤次郎・東京金融取引所長の起用が決まった

わはは!

ギャグかよ!
自民党政権時代に「元官僚だから」という理由だけで人事案をいくつも葬ってきたあれはなんだったんだっての。

なんか民主党政権、早くもタガが外れちゃった感じだなあ。
これにこだわらないなら、なんで八ツ場ダムにあんなにこだわってんだ?
鳩山さんも他人ごとみたいに感想述べてる場合じゃないって。
譲れない一線くらいはきちんと線引いて自分で守んなきゃ。

しかし亀井さんはどこまでも無茶するなあ。
政権の路線分かってます?
まあ分かってても気にしないんでしょうけど。

で、実際の黒幕はやっぱり小沢さんですか?
民主党をぶっ壊したいんですか?
こりゃさすがに支持率にも響くだろうし、党内でも鳩山さんへの求心力に影響出るだろうし、逆に何の反対もなきゃそりゃそれで問題だし…。


いやあ、小沢さんって、「選挙ヲタ」「政局ヲタ」なんだと思ってましたが、

究極の趣味は「政権作って壊すこと」

だったんだなあ…。



ガキのプラモデルかっての!!

景気低迷時にはクマが売れる? -んー、こうじゃな

消費の現場 -31面-

「景気低迷時にはクマの商品が売れる」--。キャラクター業界のそんな通説を知ってか知らずか、女子高生からOL、主婦層まで幅広い女性に「リラックマ」だけでなく「ケアベア」「スージーズー」などクマをあしらった商品が人気です。
クマキャラの商品を求める顧客でにぎわうキディイランド浦和パルコ店は、どれも温和な表情で人を包み込むような雰囲気を持ち「身近に置くだけで癒される点が好まれるのでは」とみています。
今回のクマキャラ人気と景気低迷との相関性はどうでしょうか。


ああ、もう!
執筆者さん!!
せっかく「景気低迷」と「クマ」キャラ人気の素材じゃないですか!

「クマ人気は景気にベア(=弱気)」みたいな感じでまとめちゃえばいいじゃないの・・・。

え?
安直すぎますか??



※なお、記者の家のみずやがリラックマであふれているのは、クマキャラ好きだからでも不景気だからでもなく、朝ごはんをローソンで買うからです…。

何のための逆戻りか -説明責任-

郵政見直し閣議決定 -1面-

西川日本郵政社長の辞任表明で、鳩山政権による郵政民営化の巻き戻しが加速する。見直し方針には地域のサービス向上や「格差是正」など聞こえのいい言葉が響くが、日本経済が力を保つための「官から民へ」の改革は大幅に後退しかねない。
郵貯と簡保で数百兆円の金融資産を家計から吸い上げ、それを不採算の事業に回す官製金融の仕組みにメスを入れ、民間部門主体に金融や資源が回る経済に変える。日本が成長力を維持するために改革は避けて通れなかった。
郵政改革のどこに問題があったのか、郵政を再び「官営化」に進めることになる鳩山首相は自ら語るべきだ。


本日の社説でも訴えていますが、日経は一貫してこの見直しに疑問を呈しています。
そして本紙も同じスタンスです。
だってほんとに疑問だらけなんですもん。

具体的に郵政民営化の何がどう問題なのか、郵政民営化と地域格差がどう関係しているのか、郵政を官営化して肥大化させたら地域格差はなくなるのか、それだけのコストに見合う成果が上がるのか、それは他の方法でできないのか、などなど。
もともと存在している構造的な問題を、何でも小泉改革、ましてや郵政民営化の問題に矮小化してすり替えても解決するわけはありません。

だいたいいま民主党が進めてる「見直し」って、ほんとに衆院選で国民が期待したものなんでしょうか?
記者の周りで民主党に投票した人に意見を聞いても、「そんな政策に投票したつもりはねえ」という人ばかりです。
もっとも、「つっても自民党はな…」と付け足すのも共通してるんですけどね。

自民党と比較してとかではなく、せっかく政権交代を実現した民主党にはほんとに頑張って欲しいと思うのですが、いかんせん政権交代して何をやるかではなく、実質的に「政権交代」それ自体がマニュフェストみたいなもんでしたから、いざ交代したあと何をしたいんだか、この国をどんな国にしたいんだか、分からなくなっている気がします。
「友愛社会」なんて、あまりに漠然として、まるで安倍さんが訴えた「美しい国」とかわりません。

よくいわれるところですが、具体的な政策を見たら、温暖化ガス排出で大きな目標を掲げる一方で自動車の利用促進ともとれる政策を進めたり、官のムダを見直すと言いながら郵政事業を巨大な官営非効率事業に戻そうとしたり、どっちにどう向かってんだか。

特に郵政問題については、とりわけ亀井さんが前面に出てきたおかげで非常に政治色が強くなっていますが、単なる郵便局の営業形態の問題でなく、記事にもあるとおり、実は「家計資産から集めたお金をマクロ的にどう配分するか」という経済の面で極めて大きな問題をはらんでいるのです。

「かんぽの宿」問題への難癖に始まり、政権交代を経ていよいよ西川社長が辞任する事態に至りましたが、「何のため」に郵政を民営化したのかを振り返った上で、今あらためて「何のため」に見直すのかをはっきりさせた上で、「見直し」とやらを進めていただきたいものです。


…ああ。
気がついたらオチもヒネリもない主張を広げてしまってました。
久しぶりに記事を書くといけませんね。
記者も「何のために」記事を書いているのか、見失っているのかもしれません…。

織田、逆転V -「芸」術-

フィギュアGPフランス杯 -18日32面-
にっけいしんぶん新聞-20091019175338.jpg



…ごめんなさい!
駆け出しの芸人にしか見えません!
ゲッツ!

鯨幕相場の後は波乱? -鯨見て海を見ず-

-12日16面「まちかど」-

○…8月14日~9月2日、14日連続で上げ下げを繰り返した日経平均株価。チャートに白色と黒色のローソク足が交互に表れ「鯨幕(くじらまく)相場」とも呼ばれたが、その後の展開で気になる経験則がある。10日以上の上げ下げから90日後の指数変動率は、過去4回とも10%を超えた。
○…直近の1996年10~11月には13.8%下落。「方向間が定まらない間に運用ニーズが蓄積し、後で相場が大きく振れる」(三菱UFJ証券の荒井誠治投資ストラテジスト)。最近、膠着感がある日経平均。「鯨」は跳ねるか、潜るか。


えーと、ここんとこ何度かこの「まちかど」で取り上げられた「鯨幕相場」または連日の上げ下げですが・・・

こないだ取り上げられたときには間違いに気づいたかにも見えたのですが、また混同しているようで・・・


「上げ下げを繰り返す」のと「鯨幕相場」は違うでしょっ!


鯨幕のローソクの白黒(陽線・陰線)は寄り値と引け値の高安の問題でしょうが!(注:寄り値より引け値が高いと白色の線(陽線)、逆は黒線(陰線))
前日比の上げ下げとは違うっちゅうの。
白黒シマシマの「鯨幕」は8月27日で終わってたんだから。

もう、連続上げ下げが終わって10日も過ぎて改めて蒸し返して似たようなことを言い出したかと思ったら、また用語をごっちゃにしちゃって・・・。


ていうかさあ・・・

ここんとこ膠着感がどうとか言ってるけどさあ・・・

そんで経験則では90日後の指数変動率は10%を超えるとか言ってるけどさ・・・


指数はここ半年で50%以上動いてんだぜ??


ちょうど半年前の3月10日の日経平均は瞬間7000円スレスレだったって、覚えてます??
10500÷7000=150%なのよ!!??

なにを今さら何回も取り上げたネタを焼き直してまで「90日で10%」なんて大騒ぎしてんだか。
まったく、たった半年の相場も見てないのかねえ・・・。

あー、やれやれ。

盛り付け過ぎが原因 -バリュー-

山形の芋煮不足 -35面ベタ-

山形市で6日開かれた「日本一の芋煮会フェスティバル」で芋煮不足になった問題で、主催者側は7日、1杯の盛り付け量が多すぎたのが原因と発表した。


・・・近年まれに見るどうでもいいニュースだ・・・。

株式長期投資 重要性を提言 -コソ-

QUICK -14面-

QUICKは24日、株式の長期投資こそが企業の長期的視野での経営と個人の資産形成にとって重要だとする提言を発表しました。2月に株式長期投資情報研究会(座長・川北英隆京都大学大学院教授)を設置し、議論を重ねてきました。投資教育の改善や長期投資に必要な情報提供を通じて、個人が市場に参加するハードルを下げるとともに、投資信託なども供給側の都合を優先した商品設計を排除し、手数料を適正化するように促しています。


長期投資こそ個人の資産形成にとって重要だ。


切った張ったの日計り短期売買を繰り返すなんてただの投機、投資としては邪道・・・とまで言い切っちゃってるかどうか知りませんが、しかし以前から日経の紙面でもよく見かけたことがあるような話を、あえておエライ学者先生を呼んできて半年もかけて議論してまでまとめた趣旨は、いまいちよくわかりません。
ここで懲りて株をやめちゃいけませんよという啓蒙なのか、はたまた政府の意を受けた株価対策なのか・・・。

けど、おっかしいよなあ。
長期投資が重要って言うけど、長期にわたって日経平均に毎月一定金額を投資(=ドルコスト平均法)してきていたとしら、その収支が一体どうなっているかっていう記事を書いてたの、たしかつい先月、7月13日の、ほかならぬ日経新聞だったよなあ。(注:QUICKは日経系列)

そう、

投資期間が37年未満の投資家はみんな損してる、

っていう記事。

22年も「けっこう長期」の投資をしてきた人なんか、37%も損ぶっこいてたっけなあ。。。
投資期間32年の「かなり長期」の人でも、2割近く損してたっけなあ。。。
たしかに42年もの「相当の長期」にわたって投資してれば50%くらい儲かってたけど、金利水準は今と違って6%とか8%とかの時代が長かったわけだし、結局期間何年だろうが、ふつうに貯金してたほうがよっぽどよかったんじゃね?みたいな結果だったりしてたよなあ。。。


そんな現実を踏まえて、「長期投資こそが重要」って、なにいってんの?


この結果、知らないわけじゃないでしょうに。
あ、まさか、「けどほら、1952年、日経平均が175円の時に投資をはじめてれば、投資収益は418%になってるでしょ?投資は最低55年くらいの長期で考えなきゃだめですよ」とか言うんじゃないでしょうね?
そりゃあいくらなんでも長すぎですよ。

それともなんですか?
そこまで長くなくても、「何年か持ってガマンしてればいつか相場は上がりますから」、とでも言うんですか?

世間ではそれを「塩漬け」と呼ぶのですよ?

それにいつか相場が上がっても、「長期投資」と称してじっと持ってちゃ意味ないですからね、下がる前に売らなきゃ。
ていうか上がるのを待つってんなら、長期じゃなくて短期で上がるほうがよっぽどいいと思うんですけどね。

「長期投資こそが重要」。

一見、正しいようでいて、株価がトレンドとして右肩上がりでない現実の前では恐ろしいほど無力なことが、自ら(QUICKじゃなくて日経だけど)の記事で証明されてしまっていた、この命題。
なんでいまさら研究会までつくって手間ひまかけてこんな提言を出してきたのか、ほんとに不思議な気が・・・

・・・ああ、そっか!

これは日経平均が10,000円を回復してもまだまだ評価損たっぷりの個人投資家に対する励まし、若しくは慰め、すなわち・・・

読者サービスだったのか!!

・・・うんうん。
ならば納得。

掲示板

トップのメッシージボードでオフ会??の呼びかけもしましたし、サイドバーにはついったーなんかも設置しましたし、本紙にしては珍しく企画づいてますのでたまには掲示板なんて設置してみます。
記事に直接関係ないご意見ご要望や、「僕も、私も、走ります!」(センチュリーライド)という方がいらっしゃいましたら、遠慮なくこちらにどうぞ~。