6大銀、純利益2.7倍 -台所- | にっけいしんぶん新聞
2010年11月16日

6大銀、純利益2.7倍 -台所-

テーマ:金融
債券売買で「上げ底」 -5面-

大手銀行6グループの上期決算が出そろい、連結純利益の合計は1兆2839億円と、前年同期の2.7倍に膨らみました。リーマン・ショック前の水準を回復する好決算となりましたが、主因は金利の急低下に伴う国債などの売買益で、貸し出しは減少するなど本業は低迷しています。

貸し出しの減少する中で利鞘の削り合いをやっている銀行業界ですが、本業では儲かりっこなさそうですが、そんな環境下でのこの「上げ底」好決算を視覚的に分かりやすく解説するチャートがありましたのでご紹介しましょう。

$にっけいしんぶん新聞-20101116225938.jpg

8月下旬から9月上旬にかけての金利急上昇、すなわちこれぞ仮決算前(決算の着地を固める時期)の債券益出し売りの殺到!
いやあ、わかりやすい!
本業で利益が出ないから、予算を達成するために利の乗ってる債券を売って益出し!

そんな銀行の決算の都合による相場を、米国経済がどうしたとか、民主党の代表選がどうしたとか、必死に解説してた方々、ごくろうさまでした。
3月の決算期までにどんな金融環境になっているかはわかりませんが、2月3月に金利が急騰する場面があったら、どうかエコノミストのみなさん、メディアの記者のみなさんは、まずはメガバンクに懐事情、益出し事情を確認してくださいね。

ていうか債券相場(長期金利市場)を教科書みたいに景気動向だのをインフレ期待だので語るのは無理があるってことに、そろそろ気づいてくださいね・・・。

にっけいさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス