日経新春杯の予想 2019。出走予定馬、有力馬情報。

日経新春杯の予想 2019。出走予定馬、有力馬情報。

第66回 日経新春杯2019(GII)の登録馬、出馬表、オッズ公開。レース展開、傾向などを予想します。


テーマ:

1/13(日)京都11R・芝2400m(ハンデ)にて
《日経新春杯》が開催されます。

 

 




関西圏で年明け最初に行われる
芝・中長距離のハンデキャップ重賞。

例年出走メンバーのレベルも高く
その年の中長距離路線を占う上でも
非常に重要となる一戦だ。


果たして2019年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。

 

 

===========
日経新春杯の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 マサハヤドリーム 55.0 北村友一
1 2 グローリーヴェイズ 55.0 M.デムーロ
2 3 エーティーサンダー 51.0 酒井学
2 4 アフリカンゴールド 52.0 F.ミナリク
3 5 シュペルミエール 55.0 北村宏司
3 6 サラス 49.0 松若風馬
4 7 ガンコ 57.0 藤岡佑介
4 8 ウインテンダネス 56.0 内田博幸
5 9 ケントオー 55.0 和田竜二
5 10 ルックトゥワイス 55.0 岩田康誠
6 11 ノーブルマーズ 56.0 高倉稜
6 12 メイショウテッコン 56.0 武豊
7 13 ダッシングブレイズ 56.0 福永祐一
7 14 アイトーン 54.0 国分恭介
8 15 ロードヴァンドール 56.0 横山典弘
8 16 ムイトオブリガード 56.0 川田将雅


以上、出走馬16頭になります。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


グローリーヴェイズ
    
菊花賞では12番人気と伏兵扱いだったが
後方から追い込んで5着とまずまずの内容。

じっくり待機してここに挑む。

善戦すれども勝てない競馬が続いているが
この馬とのコンビで3戦2勝と相性の良い
デムーロ騎手が騎乗することもあり
人気の一角になりそうだが軽視はできない。


メイショウテッコン

グローリーヴェイズ同様、
昨年の菊花賞以来の競馬となる。

松山騎手がクラシック戦線では主戦だったが
今回はメイショウのオーナーとの縁も深い
武豊騎手が久々に騎乗する。

梅花賞では逃げてエタリオウを
完封した実績もあり
楽に先行できるようなら侮れない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


ムイトオブリガード

阪神大賞典は8着と敗れはしたものの
ここ4戦で3勝2着1回とメキメキと力を
つけているルーラーシップ産駒。

現在は脚元の不安がなくなり
馬体も充実している。

ヤネを選ばない融通が利く馬で
大幅な馬体重の増減でもない限り
十分に能力を発揮できるだろう。


アフリカンゴールド

ゴドルフィン所有のステイゴールド産駒で
今回は主戦の松若騎手から短期免許で
来日中のミナリク騎手に乗り替わりとなる。

前走の菊花賞は12着と大敗しているが
距離短縮で2400mとなる今回は
これまでの戦績を考えると馬の適性に
合っているとも思えるため
人気がないようなら穴で狙いたいところ。


ルックトゥワイス

勝ち味に遅い面はあるものの
父ステイゴールドも本格化前は
そうだったこともあり、
前走で久々の勝利を飾ったことで馬が
成長している可能性もある。

昨年のAR共和国杯では格下ながら
2番人気に支持されており
京都コース初となる今回も侮れない。

今回は主戦の戸崎騎手から
岩田騎手に乗り替わりとなる。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【3-4-1-2】
2番人気【4-1-0-5】
3番人気【0-3-0-7】
4番人気【0-1-5-4】
5番人気【0-0-0-10】
6番人気【1-0-0-9】
7~9番人気【0-0-3-27】
10番人気以下【2-1-1-47】


大穴の激走があるレースだが、
人気サイドも堅実に結果を残している。

また、単勝50倍以上の連対がなく
ハンデ戦でも極端には荒れていない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【3-1-0-10】
2枠【1-1-2-10】
3枠【1-2-1-11】
4枠【1-2-2-11】
5枠【1-0-1-18】
6枠【2-2-0-16】
7枠【0-1-4-16】
8枠【1-1-0-19】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【2-1-0-7】
先行【3-2-4-27】
差し【4-6-5-37】
追込【1-1-1-39】
マクリ【0-0-0-1】


基本的には内寄りが有利。

速い上がり勝負となることが多く
切れる脚のある馬が活躍。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

日経新春杯は京都芝2400mで行われる。


過去10年のローテの傾向を見ていくと
前走G1だった馬が5勝をあげ優秀な成績。

特に菊花賞2勝、ダービー1勝と
明け4歳牡馬の活躍が目立つ。

4歳牡馬全体の成績を見ても
6勝、11連対、13頭が馬券に絡んでおり
好成績となっている。


反対に7歳以上の高齢馬は一度も
馬券になっておらず、割引が必要だ。


前走条件戦だった馬も8頭が
馬券に絡んでおり、そのうち7頭が
前走1~2番人気だった。

条件戦を人気に応えて勝ちあがった
馬は期待できそうだ。


また、低人気で馬券に絡んだ馬をみると
軽ハンデ馬、牝馬が4頭絡んでいる。


よって、ダービーや菊花賞を戦ってきた
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4歳牡馬を中心に、条件戦を勝った馬や
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
軽ハンデ馬、牝馬を抑える形で予想をしたい。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【グローリーヴェイズ
=============

前走は菊花賞を5着だったが
メンバー最速の上りを見せた。

好相性のデムーロ騎手が
騎乗するのも追い風だ。


対抗は【ルックトゥワイス
============

前走の1600万下クラスを
1番人気に応えて勝利。

内容も良かったので期待したい。


以上を加味した馬券戦略は

◎:グローリーヴェイズ
〇:ルックトゥワイス
▲:メイショウテッコンド
△:サラス
△:アフリカンゴールド



紐荒れが多いレースなので
抑えは広く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

P.S.

競馬の最新ニュースは下記の各種SNSにて

リアルタイム更新しております。

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(__)m


テーマ:

1/14(日)京都11R・芝2400m(ハンデ)にて
《日経新春杯》が開催されます。

 

 




関西圏で年明け最初に行われる
芝・中長距離のハンデキャップ重賞。


例年出走メンバーのレベルも高く、
その年の芝・中長距離路線を占う上で
非常に重要となる一戦だ。


果たして2018年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


まずは出走馬を見ていきましょう。


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ミッキーロケット

昨年の同レースの勝ち馬。

その後の5戦は馬券内を外していたが、
前走の中日新聞杯で57.5kgのハンデながら
2着と好走し復調気配が漂う。

これまでやってきた相手関係を考えても
ここでは負けられない。

今回は実績のある京都が舞台ということで
1年ぶりの勝利で連覇達成も十分可能。

ここで連覇を成し遂げて、
今年こそもう一段上のステージへ進みたい。


モンドインテロ

昨年の同レースで3着。

前走のチャレンジCは4着ながら
勝ち馬とは0秒1差。

メンバー最速の上がり34秒4をマークし
能力の高さを改めて示した。

京都・芝2400mは1000万、1600万と
2連勝している得意コース。

初タイトル獲得はここしかない。

半弟のセダブリランテスは
先週の中山金杯を見事に勝利。

兄も負けてはいられない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


パフォーマプロミス

遅咲きのステイゴールド産駒が
6歳を迎えて待望の重賞初挑戦。

前走のグレイトフルSは、
好位4番手から抜け出す正攻法で勝利。

課題の右回りを克服し、
見事にオープン入りを果たした。

陣営が焦らず、大事に育てたかいあって
ようやく素質が開花してきた。

充実一途の今なら重賞でも楽しみだ。

鞍上は初コンビとなるM.デムーロ。


ソールインパクト

前走のAR共和国杯は2着と好走。

レースでは長くいい脚を使うが、
決め手不足でなかなか勝ち切れない。

鞍上には福永騎手を確保。

2歳の未勝利の頃から乗っており
この馬の長所短所を熟知している。

今回も善戦は狙えそうだが問われるのは
それより一つ上の勝利。

9度目の重賞で待望のタイトルを目指す。


ロードヴァンドール

今回と同舞台だった今春の金鯱賞で
0秒2差で2着の惜敗。

前走の中日新聞杯でも逃げて粘り込んでの
3着と2000m戦線で結果を残してきた。

ハンデも前走と同じ56kgなら心配はない。

今回は2400mへの延長がカギになるが
自分の競馬に徹して活路を拓きたい。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【2-4-1-3】
2番人気【4-2-0-4】
3番人気【1-3-0-6】
4番人気【0-0-5-5】
5番人気【0-0-0-10】
6番人気【1-0-0-9】
7~9番人気【0-0-2-28】
10番人気以下【2-1-2-50】


大穴の激走があるレースだが、
人気サイドも堅実に結果を残している。

単勝50倍以上の連対は無い。

ハンデ戦でも極端には荒れない。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【4-1-0-10】
2枠【1-0-2-12】
3枠【1-2-1-12】
4枠【1-2-2-12】
5枠【1-0-1-18】
6枠【1-3-0-16】
7枠【0-1-3-17】
8枠【1-1-1-18】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【2-0-1-8】
先行【2-2-3-28】
差し【5-6-5-36】
追込【1-2-1-42】
マクリ【0-0-0-1】


基本的には内寄りが有利。

速い上がり勝負となることが多く、
切れる脚のある馬が活躍。


⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!


===========
予想情報局の総括
===========

 

 

日経新春杯は京都芝2400mで行われる。


毎年、このレースになるとテンポイントを
思い出すオールドファンも少なくないだろう。


今の時代は当時のような非常識な
ハンデを背負うことはない。


ハンデ戦で軽ハンデ馬が活躍しにくくなったのは
上位馬のハンデが重くないからという
意見が当たっているかどうかは分からないが
馬券を当てないわけにはいかない。


荒れるレースという点では、
まさにハンデ戦の日経新春杯。


とはいえ、そこはG2戦。


やはり、上で戦っている馬のほうが
好結果を残している。


過去10年のデータを見ても
馬券に絡んだ30頭中19頭が前走重賞組


この寒い時期にわざわざ出走してくる
格上馬を軽視すると痛い目を見そう。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

本命は【ミッキーロケット
============

G1ではなかなか結果を出せないが
G2以下では安定した成績。

昨年の勝ち馬で、京都との相性も良い。


対抗は【ソールインパクト
============

長距離に強く、前走もAR共和国杯で2着に好走。

ここはチャンスだ。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ミッキーロケット
〇:ソールインパクト
▲:ロードヴァンドール
△:モンドインテロ
△:パフォーマプロミス



◎から手厚く勝負したい。

 

 

⇒本当に狙うべき◎はこの馬だ!

 

 

 

P.S.

最新の競馬ニュースをお届けする
Line@が遂にスタートしました!

ココだけの限定情報が盛り沢山。

下記リンクよりお友達追加して頂き
限定情報を完全無料でお受け取り下さい。

⇒ https://goo.gl/ugA81i

 

 

P.S.2

その他にも下記の無料アプリや各種SNSにて

最新の競馬ニュースをリアルタイム更新しております。

【無料アプリ】
https://goo.gl/kmm86A

【Facebook】
https://goo.gl/qFdToS

【Twitter】
https://goo.gl/V5XAhv

【LINE@】
https://goo.gl/ugA81i

 

こちらも併せてフォロー頂けますと幸いですm(_ _)m


テーマ:
雪の影響で延長になり1/17(火)京都11R・芝2400mにて
《日経新春杯》が開催されます。





関西圏で年明け最初に行われる
芝・中長距離のハンデキャップ重賞。


例年出走メンバーのレベルも高く、
その年の芝・中長距離路線を占う上で
非常に重要となる一戦。


果たして2017年の覇者に輝くのは
一体どの馬なのか!?



まずは出走馬を見ていきましょう。


===========
日経新春杯の出走馬
===========


枠 馬番 馬名 斤量 騎手
1 1 トルークマクト 53.0 武豊
2 2 ヤマカツライデン 55.0 池添謙一
3 3 シャケトラ 53.0 浜中俊
3 4 マドリードカフェ 54.0 川島信二
4 5 ミッキーロケット 55.0 和田竜二
4 6 アクションスター 53.0 松若風馬
5 7 カフジプリンス 54.0 福永祐一
5 8 モンドインテロ 56.5 シュミノー
6 9 レッドエルディスト 54.0 四位洋文
6 10 テイエムナナヒカリ 49.0 田中健
7 11 アドマイヤフライト 55.0 フォーリ
7 12 ダコール 58.0 小牧太
8 13 ウインインスパイア 53.0 三津谷隼
8 14 レーヴミストラル 58.0 M.デムーロ


以上、出走馬14頭になります。


==============
人気上位が予想される注目馬
==============


ミッキーロケット

昨秋の神戸新聞杯では、
メンバー最速となる上がり3F34.0秒の
末脚を繰り出しサトノダイヤモンドに
首差2着の大接戦を演じた。

今回は仕上がりも順調だし、
休養明けでどのくらい成長してるかが焦点。

大崩れはない馬なので、
あとは勝ち切れるかどうか。


クリプトグラム

出走取消。

目黒記念で重賞初制覇を果たした。

が、直後に左前脚の骨折が判明し
今回は7ヶ月半ぶりの実戦。

ここでもそこそこ走れるようなら
実力は紛れもなく本物。

能力はあるだけに期待したい。


シャケトラ

ここまで4戦3勝。

デビュー前から評価されていた馬で
連勝で一気に重賞挑戦となった。

今回は格上挑戦となるが
軽ハンデだし、底を見せてないだけに
非常に面白い存在。




レッドエルディスト

菊花賞9着後、ここを目標に調整。

G1の壁にはね返されはしたが、
G2では2・3着と堅実な走りを見せている。

叩き良化型ではあるが、
休み明けにしては状態は悪くない。

切れ味だけならメンバー随一の
ものを持っている。

待望の重賞初制覇を期待したい。


カフジプリンス

グレイトフルSを勝ってオープン入り。

ややズブい点が弱点。

今回は昨夏の阿寒湖特別で
圧勝に導いた福永が久々に手綱を取る。

伸びしろたっぷりの明け4歳馬が
連勝で一流馬への扉を開くか。


モンドインテロ

アルゼンチン共和国杯4着、
ステイヤーズSで3着と長距離重賞で
好走を続けている。

京都は2戦2勝の相性抜群の舞台だし
2400mの距離もベスト。

新コンビとなるシュミノーを背に
待望の初タイトルを狙う。




============
過去10年のデータ考察
============


まずは過去10年の各種データを見ていきましょう。


~~~~~~~~~
人気データ考察
~~~~~~~~~

1番人気【1-4-1-4】
2番人気【4-1-0-5】
3番人気【1-3-0-6】
4番人気【0-1-4-5】
5番人気【1-0-0-9】
6番人気【1-0-0-9】
7~9番人気【0-0-3-27】
10番人気以下【2-1-2-48】


大穴の激走があるレースだが、
人気サイドも堅実に結果を残している。

単勝50倍以上の連対は無い。

ハンデ戦でも極端には荒れないレース。




~~~~~~~~
枠データ考察
~~~~~~~~

1枠【4-1-0-10】
2枠【1-0-2-12】
3枠【2-1-1-11】
4枠【0-2-2-12】
5枠【1-0-1-18】
6枠【1-4-0-15】
7枠【0-1-3-17】
8枠【1-1-1-18】


~~~~~~~~~
脚質データ考察
~~~~~~~~~

逃げ【2-0-1-8】
先行【1-3-3-29】
差し【6-5-5-32】
追込【1-2-1-43】
マクリ【0-0-0-1】


基本的には内枠寄りが有利。

速い上がり勝負となることが多く、
切れる脚のある馬が活躍。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


==========
予想情報局の総括
==========


日経新春杯は京都芝2400mで行われる。


京都競馬場でのレースらしく
差し馬の好走が多い。


また、京都で好走実績がある馬には注意が必要だ。


前走重賞だった馬も好成績をあげているが、
OP特別よりも条件戦だった馬の方が好走馬が目立つ。


そして、中心となるのは4,5歳馬で
それに比べると6歳以上は苦戦傾向。


また、前走から斤量増だった馬は、
人気サイドの馬ならば問題はないが
基本は斤量減の馬の好走が多い。


過去10年、前走1600m以下および
3600mは3着以内なし。


よって、前走での条件、および京都での
~~~~~~~~~~~~~~~~~~
実績を重視して予想したい。
~~~~~~~~~~~~~


⇒本当に狙うべき◎はコレ!


本命は【ミッキーロケット


前走・菊花賞を5着。

京都での実績も十分。

斤量も前走より2㎏減と好条件。

ここは仕切り直しの年明け初戦といきたい。


対抗は【ヤマカツライデン


芝に再転向し、距離も2200m以上の
レースで好成績をあげている。

前走の京都大賞典は強豪相手に苦戦したが
京都の相性自体は悪くない。


以上を加味した馬券戦略は

◎:ミッキーロケット
◯:ヤマカツライデン
▲:シャケトラ
△:レッドエルディスト


ハンデ戦で波乱傾向のレース。

◎から広く勝負したい。


⇒本当に狙うべき◎はコレ!



その他の競馬の最新ニュースはコチラから

【無料アプリ】
http://keiba-headline.com/mobile-app/

【Facebook】
http://keiba.simple-url.net/ads/facebook

【Twitter】
http://keiba.simple-url.net/ads/twitter


また新たな情報を入手しましたら、ブログ更新させて頂きます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス