さてさて、 先日お話しした 新商品 マリングロース。
弊店が半年かけて 創り出した オリジナル 乾燥餌である。

といっても ただの乾燥餌ではない。 稚魚用で400円税別・・・ だから ただ(無料)の乾燥餌ではない。
じゃなくて・・・・

いうならば ただものの乾燥餌ではない。

乾燥餌でありながら 冷凍餌同様の餌食いを 確立。 そのわけは  //// 言うまでも無い。
美味しいからだ。 さかなにとって。

我々もそうだ、 つい おいしいと 食べ過ぎてしまう。

そのおいしさを 醸(かも)し出しているのが 焼肉のたれ・・・ とでも 言うべきtか・・・最終味付けの隠し味に 

ワムシ と ビタミンフコイダン・そして 不飽和脂肪酸(EPA/DHA)を  含ませてある。
これには、 美食家の お魚たちも 大慌てに 食べつくしてしまう 勢いである。

しかも その 隠し味は すべて 栄養価の高いものであったり、健康にいいものばかり。 だから 良く食べて よく太る。

本日は その 餌食いを 動画でみていただこう。











どうだった? 餌食いがいいでしょ。
ひょっとして、 あなた自身も食べたくなった?
 どうぞ ご自由に。  

そもそも このエサを作るきっかけとなったのが、 クマノミの稚魚に与える 初めての乾燥餌を 作りたかったのである。



生まれたばかりのクマノミの稚魚は 通常 生後1ケ月以上たたないと  乾燥餌を食べるようにはならない。
しかし   生後 早く食べてくれるような乾燥餌があれば  それだけ、 生ワムシや 冷凍餌を与える期間が短く済む ということに繋がる。

しかし 市販品では それに がっちする餌はない。

くまぱぱが 考える 
クマノミの稚魚の初期飼料になりうる条件は下記だ。 

1 餌が 稚魚の口に入るサイズである事 (大きいと 口に入らない 理想は0.5mm以下)
2 栄養価の高い餌である事 (低いと 成長不良になり 痩せてしまう)
3 稚魚が食べてくれる事 (そもそも 嗜好性が悪く 食べてくれない餌では 意味がない)

この三つの条件を クリアーしてつくられたのが マリングロース稚魚用である。

ところが このエサを 採集サイズの豆チョウチョウウオに与えたところ・・・・ 2~3cmの 豆チョウチョウウオが食べたのである。

そこで、・・・・・・ くまぱぱは 考えた。
何も 稚魚用だけに 販売しなくても良いじゃないか


どうせ作るのなら・・・・中型用 大型用の餌も つくっちゃぇ と・・・・・いうわけで、
色んなサイズの餌が 出来たので ありました。 今日のお話は・・・・・

おしまい。
 
 
 商品ページはこちら