『ピアノ経営塾』のこと11:動画100本ノック達成と持ち越し宿題 | バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

浅草・入谷・台東区のピアノ教室《高島ピアノ塾》。
歴史と文化の地で本格的なレッスンを楽しみませんか。
主宰者・高島登美枝は、早稲田大学法学部出身の異色のピアニスト。
バレエと声楽の伴奏者として活躍するかたわら、
東京藝大大学院に社会人学生として通学中です。


テーマ:

浅草 台東区のピアノ教室

《高島ピアノ塾》主宰、
バレエピアニスト・歌曲伴奏者の

高島登美枝です。
本日もご来訪ありがとうございます。

 

 

 

今日は最初に

明日の夕方にある演奏会の

告知をさせてくださいおじぎ

 

昭和音楽大学附属音楽・バレエ教室
講師研究発表

2018.12.14.(金) 入場無料
昭和音楽大学南校舎5Fゆりホール
(小田急線新百合ヶ丘徒歩5分)

Sop.三浦志保  Pf.  高島登美枝
★ヴォルフ=フェラーリ作曲
4つの小さな恋歌op.12

1. あの角に現れるあなたを見た時
2. ああ、あの気高い小鳥をご覧
3. 細やかで新鮮な美しい天使よ
4. この世を創られたお方に祝福あれ!
★バーンスタイン作曲
《キャンディード》より〈きらびやかで楽しく〉

 

(歌曲の方は、ヴォルフ=フェラーリの

《ソプラノのための4つのリスペット》op.12

というタイトル邦訳の方が

知られているかもしれません)

 

どなたでもご覧になれますので、

お近くの方はぜひお立ち寄りくださいねハート

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

さて、思わぬ長期連載になってしまった

経営塾シリーズ。

そろそろエンディングに向かって

話を終結させていこうかと思います。

 

経営塾の概要はこちら↓

https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

ほとんど第6期も終わりかけになって

来期も継続する気になった私。

どうせやるのなら単なる再受講ではなく、

マスターコースで腕。

(マスターにはもれなく

7期授業がついてきます)

…と決意したので、

動画を計100本以上、上げなければなりません。

 

過去のブログ投稿を見ると

経営塾終了の日の時点であと65本、

となっていますね。

そこからバイエルを弾きまくって

どうやら6月9日に100本越えをしたらしい。

 

バイエルの録画はすぐできますが、

編集に時間がかかるんですうーん

 

ちょうどこの時期、

学会発表を2本抱えていて、

きつかったんですけどねドクロ

 

経営塾マスターコースの受講資格は

「6月末までに100本」が条件でしたから、

結果的にはそうギリギリでもなく

クリアできたことになります。

 

やればできるコニコピース

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

右差し注意

マスタークラス受講の「必要条件」は

・経営塾1期受講+指定期日までの動画100本

または

・経営塾2期受講

です。

動画100本あげていても、

経営塾を1期も受講してない人は

マスタークラス受講できませんのでご注意を。

(だったら音楽関係者じゃなくても

ユーチューバーはみんな

受講できることになっちゃうでしょあせる

 

さらにこの必要条件を満たしている人でも、

保科先生による厳しい審査節分があります。

というのは、将来、先生の片腕として

塾生さんのコンサルの

お手伝いをするかもしれないので。

 

そこんとこよろしくビックリマーク

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

さて、実は、私、

経営塾第6期の課題のうち、

やり残したものが3つありました。

 

①チラシ作り

②教室紹介サイト登録

③LINE@

 

これらは第7期(&マスターコース)への

持ち越しとなりました。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

正直、チラシは近所に置くところもないし、

まぁ、作らなくてもいいかな…と。
(保科先生ごめんなさいあせる

 

まぁ、作成費用は低コストだから、

勉強のために

作ってもいいとは思っていますが、

作るのは面倒なので、

先生からツッコミがない限り

今後もばっくれてる気でおります笑

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

教室紹介サイトへの登録はというと、

経営塾生のうち、

既に教室開業なさっている先生方は

とっくにいくつも登録済だったんですよね。

 

だから、授業中もさらっとしか

扱いませんでした。

 

私は、一つも登録していなかったので、

まずは「ピアノ教室.COM」というところに

授業中にバタバタと登録しようとしました。

 

ところが、途中まで必要事項を書いたところで

他の作業をしなければならなくなり、

いったんサイトを閉じたら、

次に開けた時は

メアドは登録されているのに、

「教室ページがなく、やり直しもきかない」

という状況に陥っておりました。

 

サイトの仕組みが古いんですよ、ここ。

2000年代前半みたいな感じ怒り

 

これがうっとうしくて、

もう登録するのをやめようと、

放置していたのですが、

保科先生にお尻を叩かれたので

サイト運営者にメールして、

登録メアドをいったん削除してもらい、

9月から正式に掲載開始となりました。

 

こちらからも1件、

お問合せを頂戴しております。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

最後まで反抗し続けたのがLINE@。

 

もともとLINEが大嫌いだったんですよね、私。

 

そのうえ、経営塾ではLINE@を

割引クーポン配布に活用するように

指導されるのですが、

私は「割引」という概念自体が

ピアノレッスンにはふさわしくないと

感じていたので

絶対にやりたくなかったのです。

 

大手楽器店ならともかく、

個人レッスンの1対1の師弟関係の

一番最初の入口の段階に、

師の側から割引クーポンを用意するというのは

いかがなものかと思ったわけです。

 

でも、チラシと違って、

保科先生、LINE@に関しては

絶対に見逃してくださいませんでした。

 

個人コンサルのたびの

「はやくやれ~節分」攻撃が加わり、

はっきり言って非常にストレスフルでしたダウン

 

それで、こちらも頭を使ったわけです。

経営塾で教えている方法以外に

LINE@の他の活用法はないのかと

世間の(ピアノ教室ではない)色々な人の

LINE@に登録して、

活用法を観察してみたのです。

 

それで気が付いたのが、

メルマガ的に使うということひらめき電球

 

メルマガは一方通行ですが、

LINE@ならメルマガ同様の配信に加えて、

LINEの気軽さで

登録者のみなさんと1:1トークができます。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

それで、11月から、

星。音楽家のための演奏・指導お役立ち情報

星。浅草 入谷 台東区 《高島ピアノ塾》
…の二つのLINE@を運用開始しました。

今、ちょうどひと月経ちましたが、

「演奏・指導お役立ち情報」LINE@には

大勢の方にご登録いただきまして、

まことにありがとうございますおじぎラブラブ

 

おかげさまで私のLINE嫌いは

一瞬にして吹っ飛びました笑

現金なものです笑

 

こちらの配信記事ですが、今までのところ、

・舞台衣装の選びのコツ1~3

・ステージ用語の基礎知識

・緊急ビックリマーク 寒さ対策

…といった内容をお送りしております。

 

アメブロとは違う切り口で、

LINE@の字数制限(500字以内)を

逆手に取ったワンポイント情報を

取り上げようと思っています。

 

一方、《高島ピアノ塾》LINE@は、

第一義的には入会促進のためなのですが、

浅草・上野・入谷という当教室の

特別なロケーションや

地域の小さな文化拠点を目指すという

当教室の究極の目標のため、

「高島目線の下町情報」メインで

お送りしています。

 

いわゆるベタにピアノ教室らしい

「教室だより」的情報は、

FBの《高島ピアノ塾》ページや、

紹介サイト「ピアノ教室.COM」のブログで

発信することにしました。

 

どちらのLINE@も

まだまだ創意工夫の余地が

あると思いますので、

もっとも面白くしていきたいと考えています。

ご登録よろしくねニコハート

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

私自身も思いもよらず

短期集中連載になってしまった

この「ピアノ経営塾と私」シリーズ。

 

長らくのお付き合い、

ありがとうございましたおじぎ

 

6期・7期&マスターと受講してみて、

やはり自分ひとりでは

絶対に到達できない場所に

連れて行ってもらったな、

というのが正直な感想です。

 

特にこのアメブロは、

経営塾なくしては生まれなかったものです。

 

肝心の教室の状態ですが、

おかげさまで、経営塾入会時に

月謝制1名、不定期単発1名だった生徒数が

今日現在で

月謝制7名、不定期単発2名キラキラ

お問い合わせも月1-2本頂戴しております。

 

とはいえ、

私は典型的なピアノ指導者には

全然あてはまらない仕事の仕方をしているので、

経営塾のさまざまなお題を

そのまま素直にやっても

全くダメだったと思います。

 

もちまえの反骨精神爆から、

自分に合うように

工夫せざるをえなかったのが、

結果的に吉となった要因だと分析しています。

 

その意味では、

保科先生の「濃い」キャラが

良い刺激になったのかな、と感じています笑

 

でも、保科先生が

一般のビジネス界向けの

狭い音楽界や教室ビジネス業界だけでなく、

さまざまなセミナーに積極的に参加なさって

どんどん御自身を進化させていることには

無条件で尊敬の念を抱いています。

 

ベーシックな講義内容は

毎期、同じことの反復でも事足りるのに、

6期・7期と何かしら新しい創意工夫を

加えておられる姿勢には頭が下がります。

それこそが、

私がコンサルタントとしての彼女に

厚い信頼を寄せている理由です。

 

私としては、

彼女がコンサルタントとして

どこまで進化するのかに

興味もありますし

 

今後の自分の生き方を考えるためにも、

まだしばらくは彼女をウォッチすることに

なるのだろうな、と予感しています。

 

…というわけで、

私は8期(&マスター)も受講します。

 

拙ブログをお読みいただき、

「ピアノ経営塾」に興味を持たれた方、

よろしければ、ご一緒にドキドキ

東京校の会場で

リアルにお会いしましょうチョキ

 

 

 

八分音符『ピアノ経営塾』第8期八分音符

説明会&グループコンサルティング

 https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

■LINE@ 始めました

星。音楽家のための演奏・指導お役立ち情報

●舞台芸術(主にピアノ・声楽・バレエ)好きの方向け
●プロ・アマ不問ですよ~ハート

LINE検索は @jyj1848t
下記URLをクリックしていただいても登録可能です。

https://line.me/R/ti/p/%40jyj1848t

 

星。浅草 入谷 台東区 《高島ピアノ塾》

●ピアノ教室にご関心がおありの方向けですが…

●浅草&下町情報も掲載中でっせチョキ

LINE検索は @ivl3272k

下記URLをクリックしていただいても登録可能です。
https://line.me/R/ti/p/%40ivl3272k

 

 

 

《高島ピアノ塾》 
高島登美枝
東京メトロ日比谷線 入谷駅 徒歩4分

レッスンのお問合せ  
伴奏・講演・原稿のご依頼は

ラブレター pianoasakusa@gmail.com 
までお気軽にどうぞ  
HPはこちら↓  
  http://studio-cannone.com/piano/

 


 

バレエピアニスト・歌曲伴奏者・音楽学研究者 高島登美枝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント