『ピアノ経営塾』のこと9:関門一つクリア・HPリリース | バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

浅草・入谷・台東区のピアノ教室《高島ピアノ塾》。
歴史と文化の地で本格的なレッスンを楽しみませんか。
主宰者・高島登美枝は、早稲田大学法学部出身の異色のピアニスト。
バレエと声楽の伴奏者として活躍するかたわら、
東京藝大大学院に社会人学生として通学中です。


テーマ:

浅草 台東区のピアノ教室

《高島ピアノ塾》主宰、
バレエピアニスト・歌曲伴奏者の

高島登美枝です。
本日もご来訪ありがとうございます。

 

寒い…スカル汗

その上、曇り空。

関東の冬は寒いけど青空なのが

とりえじゃないのか!?

 

プレゼンが終わって、

昨夜は久々に6時間爆睡しましたzzz

 

ラストスパートの4日間は

連日、4時間睡眠でしたから、

それこそバタッと倒れるように

眠りに落ちましたzzZ

 

やはりちゃんと眠ると

頭がすっきり冴えますね王冠

 

筆の回りが良くなることを期待して、

経営塾シリーズの続きを

行ってみたいと思います。

 

経営塾の概要はこちら↓

https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

さて、ようやっと自宅教室開業に向けて

肝が据わってきた私。

 

院の公開研究発表会と卒業式を終え、

抱えていた演奏会音譜の仕事も終え、

物事が一段落した年度替わりの時期から、

やっとHP作成に着手しました。

 

 

よく、願望実現には、

ワクワクしながら夢を言語化したり

ヴィジュアライズしたり、

既に叶ったときを想像して

その時の気分を感じてみたり、

そのようにふるまってみるとよい、

…と言いますよね。

(35年くらい前からバシャールが

「見る・感じる・なりきる」と

言うとりましたわ)

 

まだ開業していない教室のHP作成って、

まさにこの夢を形にするプロセス

そのものでした。

 

 

↑この新書のシリーズは

最も伝説的な一連のセッションを収めたもの。

他にも、本田健さんと対談したり、

バシャール本はたくさん出ています。

興味のある方は手に取ってみてくださいね。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

…と、経営塾から話題が逸れてしまったあせる

 

夢実現の話になるとつい

語りたくなってしまうタチですが、

いかん、いかん、話を戻しますおじぎ

 

ちょうど私がHP作成に着手した時期は、

大学と、もう一か所、某所に

「研究計画書」を出さなきゃならない時期と

重なっておりました。

 

研究者をやっているとよく言われるのが、

(論文と違って)研究計画書やプレゼンは、

「専門外の人にもよくわかるようにせよ」

ということです。

 

かと言って、

相手はこちらの専門性に

期待している部分もあるわけですから、

そこもきちんと押さえなければいけない。

 

どの程度専門的にして、

どこをかみ砕くのか。

 

研究者の場合、その匙加減に

個性とセンスと頭の良さが

にじみ出るわけです

(こわ~えーっとあせ

 

 

ひるがえって、ピアノ教室のHPも

この専門性とわかりやすさの

バランスがキモだというのは、

全く同じだと思うのです。

 

いや、HPだけじゃなくて、

ピアノ教室という存在そのものも

ここの匙加減を

問われるのではないでしょうか?

 

これは、コース設定やお月謝にも

即、跳ね返ってきます。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

月謝設定に関しては、

最初の頃に保科先生と揉めたのが

(シリーズ2を参照)

ずっと心に引っかかっていました。

 

以来4か月、かなり悩みましたが、

いよいよきちんと決断しなければならず、

結局、保科先生のアドバイスは容れず、

自分が納得できる価格にすることを

選びました。
(本当なら個人コンサルで

相談すべきなんでしょうけれど)

 

その代わり、レッスンの方も

自分が納得できるレッスンをする、

と決めました。

 

うちは下町だし、

誰も来ないかもしれないな…

とも思いましたが。

 

でも、リリースするときには、

来なきゃ来ないでもいい、

という境地に至っていました

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

HPを作成しながら、

レッスンとは何かとあらためて考えた時、

それは

指導者側が音楽に対して抱いている

「信仰の告白」(Credo)であり、

音楽家としての生きざまを

間近で見せる時間なのではないか、

と思いました。

 

少なくとも自分は

今まで習った師匠とのレッスンを

そう思って受け留めてきました。

 

確かに、

音楽のすそ野を広げるというスタンスで

気軽に楽しさを味わえるよう、

月謝もレッスン内容も

門戸を広めに設定する方が

経営的には上策でしょうし、

教えるのも楽なんですけどね。

 

でも、私はそういうレッスンはできない性格。

…というか、最初の先生が

そのタイプだったことを

今もって根深く恨んでいるのでメラメラ

(記憶力がいいのも不幸ですあせる

そんなスタンスでやるくらいなら、

教室なんてやらずに寝ていた方がまし

 

…とまぁ、ここまで思い切れた時、

こういう「レッスン観」は、

保科先生や経営塾の同期の先生方に

話してもわからないだろうし、

別にわかってもらう必要もないな、

との割り切りができました。

生きてきた道のりが違うのだから、

しょうがないことです。

 

保科先生的には

手持ちの成功例の範疇をコピーさせて

『経営塾』の失敗事例になるのを

回避させたいのかもしれないけれど、

私はアメブロ執筆の契機を作ってもらったのが、

経営塾の成果だと思っていますから、

それで十分、文句は言いません。

 

そう腹を括って、

勝手に月謝設定とコース決めをしました。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

プロフィールに関しては、

演奏会風の「公式プロフィール」とは別に

「非公式プロフィール」のページを設けました。

ここには、私のちょっと変わった

公式プロフィールのすき間を埋める話、

つまり「何でそうなったのか」ということを

書くことにしました。

 

これは、シリーズ4で書いたように、

経営塾の他の先生方のものを見習って、

露悪趣味にならない範囲で、

必要なことは

包み隠さず述べることにしました。

 

この作業は、

今まで直視したくなかったものを

見なければならなかったので、

かなり辛かったです泣

時間もかかりましたフラフラ・・・

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

結局、春休みいっぱいかかって、

何とか作りあげ、

4月初めにリリースしたHP↓

浅草 入谷 台東区のピアノ教室《高島ピアノ塾》

https://studio-cannone.com/piano/

 

経営塾第6期は5月が最終月でしたから、
ほんと滑りこみセーフでした。

 

同期の先生方は

春のお問合せシーズンの波波に乗り、

既に、続々成果をあげておられました。

 

ちゃんと数えていたわけではなく

あくまでも私の印象ですが、

みなさん2-3人は

入会に結びつけておられたような目

 

第6期は、12月開始でした。

宣伝効果が出始めるのは3カ月目くらいから。

その時期がちょうど春のお問合せ増加期に

ばっちり当たったためでしょう。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

私がHPをリリースしたのは

4月になってからだったので、

シーズンのピークは過ぎた後。

 

うちなんて近所より月謝は高いし、

げーじゅつとか知・情・意・体とか

えらそーなことを書いているから、

お問合せなんてしばらくこないだろう、

と高をくくっていたら、

なんとリリース直後に

2件のお問い合わせが入りました目
(うち1件は兄弟だったので正確には3件)

 

かなりびっくりしましたすごい

正直、こんなにも早く反響があるとは、

想像もしていませんでしたまじで

 

保科先生がHPを作れ作れと

うるさかったわけが、

やっと腑に落ちました。

先生、ごめんなさいおじぎ汗

 

その後、今月までほぼ毎月1-2件、

お問合せを頂戴しております。

ありがたいお話ですplease

 

半年のプログラムも終わり間近になって、
(東京校最後のセミナーの10日前)

やっと私は、経営塾のすごさを

この身で思い知ったのでした。

 

 

 

八分音符『ピアノ経営塾』第8期八分音符

説明会&グループコンサルティング

 https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

■LINE@ 始めました

星。音楽家のための演奏・指導お役立ち情報

●舞台芸術(主にピアノ・声楽・バレエ)好きの方向け
●プロ・アマ不問ですよ~ハート

LINE検索は @jyj1848t
下記URLをクリックしていただいても登録可能です。

https://line.me/R/ti/p/%40jyj1848t

 

星。浅草 入谷 台東区 《高島ピアノ塾》

●ピアノ教室にご関心がおありの方向けですが…

●浅草&下町情報も掲載中でっせチョキ

LINE検索は @ivl3272k

下記URLをクリックしていただいても登録可能です。
https://line.me/R/ti/p/%40ivl3272k

 

 

 

《高島ピアノ塾》 
高島登美枝
東京メトロ日比谷線 入谷駅 徒歩4分

レッスンのお問合せ  
伴奏・講演・原稿のご依頼は

ラブレター pianoasakusa@gmail.com 
までお気軽にどうぞ  
HPはこちら↓  
  http://studio-cannone.com/piano/

 


 

バレエピアニスト・歌曲伴奏者・音楽学研究者 高島登美枝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント