『ピアノ経営塾』のこと4:自分を恥じない・隠さない・偽らないことの説得力を経験する | バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

浅草・入谷・台東区のピアノ教室《高島ピアノ塾》。
歴史と文化の地で本格的なレッスンを楽しみませんか。
主宰者・高島登美枝は、早稲田大学法学部出身の異色のピアニスト。
バレエと声楽の伴奏者として活躍するかたわら、
東京藝大大学院に社会人学生として通学中です。


テーマ:

浅草 台東区のピアノ教室

《高島ピアノ塾》主宰、
バレエピアニスト・歌曲伴奏者の

高島登美枝です。
本日もご来訪ありがとうございます。

 

急に寒くなりましたが、

みなさま体調は大丈夫でしょうかはてなマーク

天気予報で予告されているとはいえ、

身体は理性の通りには動きませんものね。

どうかご自愛ください。

 

さて、ピアノ経営塾の話の続きです。

只今、研究がテンパっているので、

さっさと本題ですダッシュ

 

「ピアノ経営塾」って何さはてなマーク

...という方は、前記事か、

こちら↓をご参照ください。

https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

経営塾の教えの通りではないにせよあせる

何やらブログネタの鉱脈を発見した私は、

修論150枚書いた筆の勢いも手伝って、

せっせとブログ執筆に励み始めましたイェイ

 

しかし、書いているうちに、

ピアノ教室ブログが

だんだん辛くなってきたのです。

 

まだオープンしてもいないピアノ教室。

「未来の生徒の向けて書け」

と保科先生はおっしゃるけど、

いもしない生徒を想像しながら、

小さい子を持つ保護者向けの記事を

書き続けることに

違和感を覚えるようになりました。

 

だって、欺瞞じゃん!

 

そもそも

教室ブログと個人ブログ、

1日2投稿もしんどいしフラフラ・・・

 

それで、開設からひと月程度で

教室ブログを凍結、

更新は個人ブログ1本に

絞ることにしたのです。

 

これなら

特に子どもと保護者を想定しなくても

好きなようにピアノの記事をかけますし、

バレエ伴奏や声楽伴奏を

ネタにしても良いですからねピース

ぐっと気持ちが楽になりましたアップ

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

さて、経営塾には

前半の最大課題ともいうべき

大きな宿題があります。

それは「プロフィール作成」。

 

生い立ちから、音楽との出会い、

小学校から高校時代のレッスンや学生生活、

音大受験と大学時代、

卒業後ピアノ指導者になるまでの道…

全て書け、と言われます。

 

…と言っても、誰しも

なかなか筆が回らないであろうことは、

保科先生も予測済み。

 

それで最初か2回目あたりの個人コンサルで

冒頭部分をインタビューしながら、

聞き書きしてくださいます。

 

これ、一般的な受講生さんには、

きっとありがたい話なのだと思いますが…

 

私の教室HP掲載の

「非公式プロフィール」をお読みの方は

ご存じだと思いますが、

私の生い立ちって

誕生の瞬間から強烈なんです叫び

 

保科先生は当然そんなことはご存じない。

だからふつーに

「高島先生、御兄弟は?」

「音楽は何歳から?」

「どんなこどもだった?」

と、ごくごく普通の質問を投げかけられ…

 

こちらもまさかそれが

プロフィールの下書きになるとも

思っていないので

ふつーに返事をし…。

 

高校時代ぐらいまで話が進んだところで

「はい、今のインタビューをもとに

作った原稿を送りますから、

残りは自分で作ってねニコハート

と言われ、

やっと意味が分かって呆然まじ?

 

更に追い打ちをかけるように

「書けたら

第6期のFBグループページに貼って、

みんなに見てもらって、

それからアメブロの

プロフィールページにも貼ってねチョキ

 

「アメブロのプロフィールページって、

Google検索にもかかるからね。

ありきたりではなく、

人柄が分かるような

しっかりしたプロフィールの方が

絶対いいから」

 

…とのたまう先生。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

送られてきた原稿を見て

思わず「は~!?」って言っちゃいました。

 

そもそも平凡な家庭と

ふつーの音大生を想定しているので、

前提となるインタビューの質問自体が

ずれまくっているドクロ

 

使えないパンチ!

一読して即、削除爆弾

 

これにつくづくうんざりした私は

経営塾で推奨するような

人柄のわかるプロフィールは書かず、

いわゆる「公式プロフィール」、

つまり演奏会プログラム的なものを

載せることにしました。

 

ここでもめっちゃ反抗期メラメラ

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

そうこうするうち、

他の先生方は

プロフィール書き上げて

FBのグループページに

貼り付けはじめました。

 

他の方の様子も知りたいので、

結構まじめに読みました。

 

意外だったのは、

順風満帆な音楽人生の方ばかりでは

なかったということ。

 

私は音大を出ていないことが

ず~っとコンプレックスだったのですが、

立派な音大を出ている方でも、

いろいろあるんだな~と目

 

中でもある一人の先生のプロフィールは

涙なくしては読めない

深く胸を打つものでした泣き1
 

私なら耐えられないような逆境の中でも

音楽への愛を終始保ち続けられた生き方。

気負うことなく率直に書かれた文章は、

経営塾に対して斜に構えていた

私の心の扉を開く鍵となりました。

 

 

これを読んだことで、

私自身の音楽人生への思いも変化したし、

自分の思いを正直に語ることの

説得力というものも

身をもって体験しましたキラキラ

 

それで、私も気を取り直し、

プロフィールを書くことで

自分の音楽人生を振り返ってみようと

考えるようになりました。

 

しかし、自分をごまかさずに直視し、

自分と対話するのは

なかなかしんどい作業でした。

 

私は自分の音楽人生に

コンプレックスがあったので、

それを直視するのに七転八倒。

 

正月休みに書けるかな、と思いましたが、

全然無理あかん

 

そうこうするうち、年が明けると、

修論の口頭試問と、

博士課程の入試が迫ってきました。

 

そこで、またまた

経営塾のタスクは一時停止。

 

かろうじてブログだけは

毎日書いていましたが、

これは「今年の目標」に

ブログ毎日執筆を掲げたため。

自分との約束を破りたくなくて、

意地でがんばっただけ。

 

こうして作業が次々滞りはじめ、

他の塾生からは

どんどん遅れていった私でしたショック


・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

八分音符『ピアノ経営塾』第8期八分音符

説明会&グループコンサルティング

 https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

■LINE@ 始めました

星。音楽家のための演奏・指導お役立ち情報

●舞台芸術(主にピアノ・声楽・バレエ)好きの方向け
●プロ・アマ不問ですよ~ハート

LINE検索は @jyj1848t
下記URLをクリックしていただいても登録可能です。

https://line.me/R/ti/p/%40jyj1848t

 

星。浅草 入谷 台東区 《高島ピアノ塾》

●ピアノ教室にご関心がおありの方向けですが…

●浅草&下町情報も掲載中でっせチョキ

LINE検索は @ivl3272k

下記URLをクリックしていただいても登録可能です。
https://line.me/R/ti/p/%40ivl3272k

 

 

《高島ピアノ塾》 
高島登美枝
東京メトロ日比谷線 入谷駅 徒歩4分

レッスンのお問合せ  
伴奏・講演・原稿のご依頼は

ラブレター pianoasakusa@gmail.com 
までお気軽にどうぞ  
HPはこちら↓  
  http://studio-cannone.com/piano/

 


バレエピアニスト・歌曲伴奏者・音楽学研究者 高島登美枝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント