『ピアノ経営塾』のこと3:ブログネタの鉱脈を探せ!! | バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

バレエピアニスト高島登美枝と浅草のピアノ教室《高島ピアノ塾》 のブログ

浅草・入谷・台東区のピアノ教室《高島ピアノ塾》。
歴史と文化の地で本格的なレッスンを楽しみませんか。
主宰者・高島登美枝は、早稲田大学法学部出身の異色のピアニスト。
バレエと声楽の伴奏者として活躍するかたわら、
東京藝大大学院に社会人学生として通学中です。


テーマ:

浅草 台東区のピアノ教室

《高島ピアノ塾》主宰、
バレエピアニスト・歌曲伴奏者の

高島登美枝です。
本日もご来訪ありがとうございます。

 

短期集中連載『ピアノ経営塾のこと』、 

まさかこんなにウケると思いませんでした笑

 

来週月曜に研究の

大きなプレゼンを控えているというのに、

その準備もそっちのけで、

一体私は毎晩、何に励んでいるのか

(トーク、暗譜やねん。めっちゃあせる

 

とにかく親愛なる読者諸兄姉の期待は

裏切れませんので、

今宵も頑張って執筆いたします腕。

 

 なお、本連載のテーマである

「ピアノ経営塾」ってなんやねんはてなマーク

...という方は、前記事か、

こちら↓をご参照くださいね。

https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

さて、経営塾。

 

セミナーではだいたい、

8時間中、2時間ばかりが

PC作業のお時間となります。

 

第6期初日は、

教室のアメブロとFBページの作成がメイン。

記事投稿までやれればやる、

…という感じ。

 

アメブロもFBページも

作ったことがある方はおわかりだと思いますが、

最初、結構めんどくさいんですよね。

 

案の定、作業中、あちこちから

「先生〜ビックリマーク  デザインはどれがいいですかはてなマーク

「先生〜ビックリマーク  ヘッダー画像って何ですかはてなマーク

と叫びが上がります。

 

それに対して保科先生曰く

「あ、そういうのはあとから変えられるので、

今は深く考えなくて良いです」

「まずはどんどん作業を進めてくださいね」

 

…だってさ目

うーむ。

そういうノリ、

ますます好きになれないダウン

 

「要するに次回までに、

アメブロとFBページの

運用を開始すればいいわけだから」ひらめき電球

...そう見切って

私は自分の手順で作業を始めました。

 

cssスタイルシートを使って、

アメブロデザインのカスタマイズ。

フリー画像サイトに飛んで

使える画像探し。

 

めっちゃ内職歩く

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

それにブログの内容もあせる

 

私の場合、

教室と言っても

まだ開業していないのでうーん

 

名前も決まっていない。

生徒も(ほぼ)いない。

レッスン風景や発表会の写真もない。

教室理念も決まってなければ、

月謝や入会金も決まってない。

曜日も決まっていない。

 

ないない尽くし

ブログ記事以前の状態。

 

仕方がないので

「他のピアノ教室ブログってどうよはてなマーク

と検索してみて(これも内職)

更にへこむショック

 

「リトミック体験レッスンでしたチューリップオレンジ

「5歳さんご入会星

「校内合唱祭で伴奏ブルー音符

「コンクールで奨励賞王冠2

 

あかん…mf* ナッシングや。

何一つネタがない。

 

いや、ネタがあったとしても、

このテの話題で365日、

更新しろと…!?

 

 

どないせいっちゅうねん!

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

以前から、ブログを始めたとしたら、

書いてみたいな、ということは

いろいろあったんですよね。

 

演奏活動の告知はもちろんだけど、

練習のこと、本番のこと、

仕事の取り方、

オペラやバレエのこと

本や絵画や旅のことなど。

 

でも、そういう記事を

積極的にあげているピアノ教室って、

あまり見当たらなくて泣

 

保科先生からも、

「何のためのブログか、

忘れないでくださいねビックリマーク

「教室の宣伝のために書くんですからね。

リア充っぽい記事はほどほどに」

とのご注意が飛ぶ。

 

そうは言っても、

こっちにも

モチベーションってものがあるし、

だいたい書くネタがないんだから…ホンマ

 

しょーがないので、

急遽、その場で

アメブロアカウントをもう一つ作成。

教室ブログとは別に

個人ブログを持つことにしました。

 

伴奏を習いたい方や大人の生徒様には

「5歳さんご入会~ラブラブ

なんて記事を書いても響かないでしょ、

という思惑もありましたし、

何より自分のモチベーションのためチョキ

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

結局、初日は

アメブロ2つとFBページの設定に明け暮れ、

気が付いたときには夜6時前。

 

翌月に向けての「行動設定」を

慌ただしく書いて

提出して解散。

 

家に帰ってやっと素に戻ると、

今、自分が経営塾の宿題以上に

大きなタスクを抱えていたことが

蘇ってきました。

 

修論提出10日前叫び

(…ていうか、忘れるか、普通!?

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

仕方がないので、

『経営塾』業務は一時停止。

 

猛ラストスパートで

A4用紙150枚書きまくり、

12/14に無事提出してきました。

 

で、個人ブログの方に、

ほとんど修論の延長で

19世紀の照明についての

非常にヲタクな記事↓を書いたら

なんと「31いいね」を獲得しまして…目

「19世紀の劇場照明:

《悪魔ロベール》の〈修道院の場〉」

https://ameblo.jp/nikiyabayaderka/entry-12336949112.html

 

「おっひらめき電球  こういうのも、アリなわけねグッド!

と学習したわけです。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆


一方、教室ブログの方でも、

ちょっと爆弾記事爆弾かな~あせる

と思いながらも

他にネタもないので仕方なく書いた、

 

「頭のいい子はピアノで育つ」

https://ameblo.jp/asakusapiano/entry-12335058282.html

 

「中学受験と習い事:辞めてはいけない!」

https://ameblo.jp/asakusapiano/entry-12337726065.html

 

…がそれぞれ

「52いいね」と「44いいね」を

獲得いたしました。

 

それで、気をよくしてアップ

せっせとアメブロ投稿に励む日々が

始まったわけです。

 

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

 

結局、

「文は人なり」

なんだと思います。

 

真実の心の丈を熱く語る情熱がメラメラ

読む人の心を

ゆり動かすのではないでしょうか。

 

その意味では、

ネタの選定は二義的なんじゃないかなぁ。

 

不肖・高島もたまに、

ブログライティング・セミナーを

やってくれと頼まれることがありますが、

ちょっと躊躇している理由は

そこにあります。

 

タイトルの付け方とか、

記事の運びとか、

そもそも作文の仕方爆とか、

Tips的なことは

いくらでもネットに転がっているから、

自分でググればよいです。

 

そのレベルのことは、お金を取って

教えることじゃないと思いますし、

本質的でもない。

 

私に言わせれば、

ブログライティングの極意とは、

日頃から

・自分の内面と向き合って対話しているか

・外に向かって好奇心があるか

…に尽きると思います。

 

だから、私が

ブログセミナーなんかやった日にゃあ、

生き方のコンサルティングとか

人生相談になっちゃいそうなので笑

暑苦しいし笑

 

ともあれ『経営塾』のスタンダートとは

全く違う「ヲタク」「過激」な方向性に

鉱脈を見出した私は、

ますます異端児として

暴走することになるのでした馬

 

八分音符『ピアノ経営塾』第8期八分音符

説明会&グループコンサルティング

 https://eventlink.jp/st/ycs4tj8n

 

■LINE@ 始めました

星。音楽家のための演奏・指導お役立ち情報

●舞台芸術(主にピアノ・声楽・バレエ)好きの方向け
●プロ・アマ不問ですよ~ハート

LINE検索は @jyj1848t
下記URLをクリックしていただいても登録可能です。

https://line.me/R/ti/p/%40jyj1848t

 

星。浅草 入谷 台東区 《高島ピアノ塾》

●ピアノ教室にご関心がおありの方向けですが…

●浅草&下町情報も掲載中でっせチョキ

LINE検索は @ivl3272k

下記URLをクリックしていただいても登録可能です。
https://line.me/R/ti/p/%40ivl3272k

 

 

 

《高島ピアノ塾》 
高島登美枝
東京メトロ日比谷線 入谷駅 徒歩4分

レッスンのお問合せ  
伴奏・講演・原稿のご依頼は

ラブレター pianoasakusa@gmail.com 
までお気軽にどうぞ  
HPはこちら↓  
  http://studio-cannone.com/piano/

 


 

バレエピアニスト・歌曲伴奏者・音楽学研究者 高島登美枝さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント