思春期ニキビができにくい肌になる肌本来の再生力を高める方法 | 思春期ニキビに悩む10代男子がクレアラシルを使ってみた感想

思春期ニキビに悩む10代男子がクレアラシルを使ってみた感想

さぁ!思春期ニキビで悩んでいる10代男子集合!早く治したい!これ以上増やしたくない!彼女がほしい!と本気で思いませんか?中高生でも買いやすくコスパの良い、ドラッグストアなどで扱っているクレアラシル商品でニキビ対策してみた体験談です!


テーマ:

突然ですが、まず思春期ニキビについて簡単におさらい。

 

思春期ニキビは、10歳~18歳頃におでこや鼻などの皮脂腺の多い場所にできるニキビ。ホルモンの影響で過剰に分泌した皮脂が毛穴から上手く排出できず、詰まってしまうことでアクネ菌が繁殖して炎症を起こします。

 

もう皆さんご存知ですよね?

 

 

と、いうことは・・・

 

◆皮脂の分泌を抑える

◆毛穴の詰まりを取り除く

◆アクネ菌を殺菌する

 

この3つさえやってしまえば、思春期ニキビは「できない」ってことになりますよね?最高!なんて簡単!

 

やったぁ!これで思春期ニキビとはサヨナラ~!

全てが上手く解決して、もうニキビに悩まされる事はありません。

 

 

 

 

の、はずですが・・・

 

 

 

 

思春期ニキビ対策として間違ってはいないはずなんですが・・・

 

 

 

 

残念ながら、なかなか消え去ってくれなかったり、またすぐにお会いしてしまうことがあります。すでにお気づきかとは思いますが思春期ニキビは意外としつこい。

 

実は、そう簡単にサヨナラできないわけがあるんです。

 

 

それは、肌本来の再生力の低下です。

ニキビができやすい肌は、肌そのものの再生力が低下しています。

 

肌本来のバリア機能や再生機能が低下していればしているほどニキビが悪化しやすく、ニキビの炎症が強くなることで痕にもなりやすいことがわかっています。

 

ニキビができにくい肌は、この肌の再生力が高いと言えます。

ニキビができにくいだけでなく、できたとしても悪化せず治りが早い。

 

 

 

肌本来の再生能力を高める4つのこと

 

◆正しい洗顔

ぬるま湯を使い、清潔な手でよく泡立てた洗顔料でマッサージするようにやさしく洗います。熱いお湯を使ったり、強くこするのはNG。丁寧にすすいだ後は、清潔なタオルで水気をやさしく押さえます。

 

洗顔回数は1日2回でOK。眠っている間に分泌される成長ホルモンが肌の修復を促すので、就寝前や入浴時がおすすめです。

 

 

◆適度な保湿

乾燥は肌の大敵!バリア機能が低下し、外部からの刺激を受けやすくなるだけでなく、肌のターンオーバーが乱れる原因に。

 

皮脂の分泌が盛んな思春期は、油分の多いクリームを使うとかえってニキビを悪化させるので、洗顔後はニキビケア用の化粧水やクリームで保湿してあげましょう。

 

 

◆栄養バランスの取れた食事

栄養バランスの良い食事は肌のターンオーバーを促進します。ビタミン類を多く含む野菜だけでなく、皮膚を作る良質なタンパク質が必要です。

 

豆腐や納豆などの大豆食品、脂分の少ない鶏むね肉や豚ヒレ肉、魚介類。ニキビの原因になる便秘対策には腸内環境を整える海藻類がおすすめ。

 

 

◆規則正しい質の良い睡眠

眠っている間に分泌される成長ホルモンは、肌の修復を促してくれます。良質な睡眠のためには、寝る前にスマホやパソコンを使用しないのがおすすめ。12時頃までには布団に入り、規則正しい睡眠を心がけましょう。

 

 

 

継続は力なり!

肌の再生力を高めて、思春期ニキビができにくい肌を手に入れろ!

 

nikibi-masterさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス