私の仕事(1304)南相馬ダイアログIN東京 | 『二重被爆~語り部 山口彊の遺言』公式ブログ
2013-03-24 18:39:04

私の仕事(1304)南相馬ダイアログIN東京

テーマ:ブログ

今日午後から両国の会議室で、「南相馬ダイアログIN東京」が開かれた。

私が「フクシマ2011」から取材させて戴いている「つながろう南相馬」の

メンバーやヨシユキさんらが東京で「南相馬ダイアログ」(月1回のミー

ティング)を行い、首都圏の人々に参加してもらおうという趣向で、

会議室には130人ほどが集まっていた。

個人的に南相馬に出掛けている旧知の新聞記者の方もいて、なんとなく

同窓会の雰囲気もある。


まず6名のメンバーがそれぞれテーマを持って現状報告を行う。

次に南相馬ダイアログの再現・・周りを囲んだ参加者がその様子を見る。

3部はメンバーが1~2名ずつ分かれて、参加者と語りあう、という流れだ。

ここ2年間のあいだに培った「ダイアログ」の手法を貫いている。


除染のことに触れているが、東京電力の原発事故への怒りは胸にたたんで

いるのが分かる。怒りをぶちまける段階を越えて、いかにして安心な街を

作り、仲間を呼び寄せることができるのか?を考えようとしている。

その苦悩と苦衷の数々を傍で見てきた私は、何かしら「痛み」を覚える。


みな「前向きに」南相馬で生き続ける人々だ。

だからこそ、こうして自分の意見を披歴できる。

これからも「南相馬ダイアログ」が続くことを願う。誰が伝えられるのか?

彼らの力によるのだと痛切に感じる。


3月24日   稲塚秀孝

nijyuu-hibakuさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス