局所麻酔か全身麻酔か | 福井の入試応援ブログ!(二重まる学習塾)

福井の入試応援ブログ!(二重まる学習塾)

福井県の高志中学受験、学力診断テストや高校受験、さらにはAO入試情報など、受験に関する情報をお届けします!

昨日退院しました。

 

火曜日に全身麻酔をしたうえで親不知を抜きましたが、

全くと言っていいほど抜歯の恐怖はありません。

しかし、全身麻酔による体への負担はかなりのものです。

火曜日は麻酔から覚めた後、頭痛や体の痛み、気だるさなどで、

3時間はベッドから起き上がることが出来ませんでした。

 

水曜日になってようやく普通に歩けるようにはなり、昨日の午前中に退院しましたが、

長距離の歩行は確実に無理ですね。

 

全身麻酔は抜歯の痛みや恐怖からは逃れられますが、こうした体への負担が大きいことが問題です。

もし、次また抜歯の必要があった場合には局所麻酔を選択するでしょうね。

 

今日から仕事に復帰します。

しかし、まだ口を大きく開けることが出来ません。

退院祝いにお寿司を食べに行きましたが、口を大きく開けることが出来ないために、

お寿司は半分に切って口の中の放り込むしかない状態です。

軍艦など海苔がついているものは無理です。

基本、麺しか食べない生活はまだ続きそうです。