AO入試とその対策について | 福井の入試応援ブログ!(二重まる学習塾)

福井の入試応援ブログ!(二重まる学習塾)

福井県の高志中学受験、学力診断テストや高校受験、さらにはAO入試情報など、受験に関する情報をお届けします!


テーマ:

昨年の冬と今年の3月、高校2年生(新高校3年生)を対象としたAO入試の講習会を開いてみた。

参加したのは見事、塾生だけだった。

 

そして3月に関学のオープンキャンパスへ行った際、

一般入試の説明会とAO入試の説明会の両方に参加した。

参加者数を比べると、圧倒的な違いが見て取れた。

もちろん多かったのは一般入試の説明会だ。

 

これで分かったことは、春の時点でAO入試を意識しているのはごくわずかで、

多くの受験生は夏頃から意識し始めるということだ。

だとしたら、対策を早く(といっても2~3か月だが)すればするほど合格の可能性は高まるということだ。

 

 

 

といっても、AO入試の誤解は相変わらず多くある。

志願理由書だけで合格するだとか、

AO入試で入学しても大学の授業についていけないだとか、

帰国子女が多く受験するとか。

これら3つだけをとっても、いかに矛盾した印象に惑わされているかがわかるだろう。

 

AO入試は大学によって、もっと言えば同じ大学でも学部によってマチマチだ。

受検者層も違えば、対策も異なる。合否の基準だって異なってくる。

 

AO専門塾は志願理由書の指導に力を入れているけど、

本当に合格を掴むには、試験で課される小論文や英語の試験などの学科試験も重要となる。

 

 

GWに行う説明会では、立命館と関学を例に挙げ、それらのことをお話します。

説明会と体験授業だけなら無料ですので、少しでも興味があれば参加することを強くお勧めします。

 

 

二重まるさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ